ホーム » 就活ノウハウ » 高学歴の新卒がベンチャーに行くのはアリ?実態や就活対策を紹介!
a

高学歴の新卒がベンチャーに行くのはアリ?実態や就活対策を紹介!

就活ノウハウ

【7日で就活対策完成!就活スタートセット無料配布中!】

  • 就活を始めたいけど、どうしたらいいかわからない
  • 就活取り組んでいるけど、つまづいている
  • 就活をするにあたり、ヒントが欲しい
という方はぜひ公式LINEを友だち追加して、就活スタートサポートセットを受け取ってください!

【完全無料】LINEを追加して、就活対策を始める



就活スタートセット

あらゆる分野での技術進歩に伴い、新たな技術や知見を生かして存在感を増すベンチャー企業が増えてきました。

就活市場でも一定の人気を誇るベンチャー企業。

魅力は多いですが、はたして高学歴の就活生が新卒で入社するのは良いのでしょうか。

この記事では、ベンチャー企業の特徴を踏まえたうえで、ファーストキャリアとしてのベンチャー企業について考えていきます。

志望に悩んでいる人は、ぜひ最後までお読みください。

・高学歴のファーストキャリアにベンチャーは向いていない
・ファーストキャリアに向いているのは大手企業
・どうしてもベンチャーに行きたい人は就活に真剣に取組もう

ベンチャー企業にもさまざまな種類がある

一言で「ベンチャー企業」と言っても、実際はさまざまな規模の企業が入り乱れています。

ベンチャー企業という言葉には、明確な定義はありません。

比較的新しい分野で活動したり、革新的な技術を開発したりしている企業を総称してベンチャー企業と呼ぶことが多いです。

そのため、比較的規模が大きい企業でもベンチャーと言われることがあります。

例を挙げてみましょう。

以下の企業は、知名度も高く、企業規模も大きいベンチャー企業です。

  • Zホールディングス(Yahoo)
  • 楽天グループ
  • サイバーエージェント
  • DeNA

このように、規模の大きいベンチャー企業のことをメガベンチャーと言います。

反対に、設立から間もない小さなベンチャー企業をスタートアップ企業と呼ぶこともあります。

ベンチャー企業と言っても、その規模や知名度が大きく異なる可能性があることに注意しましょう。

Abuild就活 本紹介

ベンチャー企業の特徴

就職先としてのベンチャー企業には、どのような特徴があるのでしょうか。

大企業や既存企業を比較すると、以下のような特徴があります。

  1. 給料が大手に比べ安定しない
  2. 教育環境が整っていない
  3. 福利厚生が整っていない

一つずつ、詳しく説明します。

給料が大手に比べ安定しない

ベンチャー企業の給料は、大手に比べると安定しない傾向にあります。

業績が安定せず、経営状況に応じて人件費が上下する可能性があるためです。

とくに、スタートアップ企業の場合はこの傾向があります。

すでに業界で一定の存在感があり、経営の安定している大手では従業員の給料が大きく変動することはレアです。

ベンチャー企業の場合、新規契約が増えるなど業績が好調なうちは一定水準の給料が得られます。

しかし、業績が悪化している場合、経営安定化のため人件費などが削られる可能性があります。

もちろん、無給になるようなことはありませんが、必ず一定額の給料が得られるわけではないことには注意が必要でしょう。

教育環境が整っていない

ベンチャー企業では、教育環境が整っていない場合が多いことにも注意しましょう。

スタートアップのように起業から間もないベンチャーの場合、新人教育にさけるリソースが少ないためです。

収益を上げ、経営を安定化させるためには、販路の拡大や新規契約の獲得が何よりも重要です。

そのため、ベンチャーでは事業拡大に向けて人員や労力が使われます。

新人教育のための制度構築は二の次で、仕事をしながら学ぶ「OJT(オン・ザ・ジョブ・トレーニング)」が一般的です。

大手企業のような手厚い研修は期待しないようにしましょう。

福利厚生が整っていない

大手企業に比べ、福利厚生の制度が整っていないのもベンチャーの特徴です。

まだ経営が軌道に乗っていないベンチャーの場合、働きやすい環境作りよりも事業拡大に向けた仕事が多くあるためです。

近年、大手企業では従業員の働きやすい環境作りのため、福利厚生制度の充実が進められてきています。

育休や産休、自己実現のための休暇などが一般的になってきました。

しかし、このような対応ができるのは、大手企業は経営が安定しているためです。

ベンチャーのように経営状態が良くも悪くも変化しやすい状況では、利益を出すための行動がもっとも重要視されます。

どうしても福利厚生は軽視されがちで、後回しになってしまいます。

ベンチャー企業への入社を検討している場合、大手企業ほどの福利厚生はのぞめないことを覚悟しておきましょう。

【結論】ファーストキャリアは「大企業」がオススメ

新卒から入社するファーストキャリアとして、ベンチャー企業は良い選択肢なのでしょうか。

答えはNoです。

ファーストキャリアとして考えるなら、多くの就活生にとっては大企業がオススメといえるでしょう。

そのように言えるのは、以下のような理由があるためです。

  • 若いうちは給料の上下で一喜一憂しない環境の方が、仕事に集中できるから
  • 教育環境が整っているほうが成長しやすいから
  • ベンチャー企業は実力をつけてからのほうが活躍しやすいから

一つずつ、詳しく解説していきます。

若いうちは給料の上下で一喜一憂しない環境のほうが、仕事に集中できるから

キャリアアップのために重要な20、30代の若いうちは、給料の上下で一喜一憂しない環境のほうが仕事に集中できるため、ベンチャーよりも大企業のほうがファーストキャリアに向いています。

企業の業績に合わせて給料が上下する環境は、業績が好調な場合は給料が上がり、仕事のモチベーションにつながるでしょう。

しかし、業績が悪い場合はどうなるでしょうか。

業績が良かったころと同じくらい、もしくはそれ以上に働いているのに、給料は上がらない。

それどころか、どんどん給料が減り、外食や趣味にかけるような余裕もなくなっていく…。

このような状況が続いてしまうと、働き続けるモチベーションに深刻な状況が出ます。

キャリアアップのためには、常に高いモチベーションで働き続け、学ぶことがもっとも重要です。

仕事に集中し、高いモチベーションを維持するためには、給料が大きく変動しない環境のほうが向いているのです。

教育環境が整っているほうが成長しやすいから

教育環境が整っているほうが成長しやすいのも、ベンチャーよりも大企業のほうがファーストキャリアに向いている理由の一つです。

新卒の就活生のほとんどは、第一線で働けるようなスキルも能力もないためです。

学生時代から、社会人として通用するようなビジネスの経験を積んでいる就活生はきわめてレアな存在でしょう。

ほとんどの就活生は、基本的なビジネススキルを身につけ、徐々に経験を重ねていくことで初めてビジネスパーソンとしての価値を高めていけるようになります。

このような働き方をするには、長期間の雇用を見据えて教育制度を整えた大企業の環境のほうが向いているといえるでしょう。

ベンチャー企業は実力をつけてからのほうが活躍しやすいから

ベンチャー企業は実力をつけてからのほうが活躍しやすいため、一度、大企業に入社し、自分のスキルや経験を積み上げることを意識してみましょう。

ベンチャー企業では、入社時点から第一線での活躍を求められるためです。

ビジネスの第一線で活躍するためには、コミュニケーション能力や課題解決力などの汎用的なスキルはもちろんのこと、ビジネスにおけるマナーやふるまい、業界の専門知識なども求められます。

業務のなかで徐々にスキルを磨いていくことも可能ですが、他の企業で実力を磨いてから入社したほうが、より早くから活躍できるのは間違いないでしょう。

ベンチャー企業に入社してビジネスの最前線で働きたいなら、一度大企業に入社することも考えてみましょう。

ベンチャーでゴリゴリ活躍していきたい人にオススメの対策

ファーストキャリアはベンチャー企業よりも大企業のほうが適していますが、それでも「ベンチャーでゴリゴリ活躍していきたい!」という人がいるでしょう。

その場合、就活の時点でしっかりとキャリアプランを立て、計画的に企業選びや就活準備を進めていく必要があります。

一人で進めるには、重すぎる負担量です。

そこでオススメしたいのが、就活塾の利用です。

ここからは、どうしてもベンチャーで活躍していきたい就活生に向けて、就活塾の基礎知識や選ぶポイントについてご紹介します。

就活塾とは

就活塾とは、就活に関する知識やノウハウを活用し、就活をサポートしていくサービスです。

就活市場の多様化・複雑化が進むのに伴って、徐々に人気を伸ばしてきています。

就活生のサポートをするサービスとしては他に就活エージェントがありますが、ビジネスの特性上就活塾のほうが、より就活生に寄り添ったサポートができるようになっています。

就活エージェントと就活塾の違いについては、以下の記事に詳しくまとめました。

ぜひ一度、ご覧ください。

「就活エージェントはやめとけ」と言われる理由は?ビジネスモデルから解説!
「ネットでやめとけって言われているけれど本当なの?」 「頼るのがちょっと不安」 このように、就活エージェントに不安を抱えている人は多いのではないでしょうか。 この記事では、 就活エージェントがやめとけと言われる原因 ...

オススメの就活塾

オススメの就活塾は、個別指導で手厚いサポートを提供している就活塾です。

なかでも、Abuild就活はダントツでオススメできる就活塾です。

各業界の第一線で活躍しているビジネスパーソンが講師を務め、就活生にマンツーマンで指導していきます。

決まったカリキュラムはなく、就活生一人ひとりの状況や志望に合わせてプランを作っていきます。

Abuild就活では、入社後のキャリアも見据えたサポートを受けられるため、就活対策をしながらビジネスパーソンとしての基礎固めをしていけるでしょう。

どの就活塾を選ぶべきか悩んだときは、まずAbuild就活の無料相談に応募してみましょう。

お気軽にお問い合わせください!

Abuild就活の詳細を見る

なぜ就活塾が良いのか

就活塾の良いところは、内定後を見据えた対策もできるところです。

内定を得ることだけを目的としたサービスやサポートでは、入社後のことまで十分に考えられません。

しかし、就活塾の場合は自己分析やES添削、面接練習などを通じて将来的なキャリア観を身につけ、今やらなければいけないことを整理したうえで就活を進めていけるようになります。

就活塾を利用した場合、内定を得やすくなるのはもちろんのこと、社会人としてのスタートダッシュをより良いものにできる可能性が高まるのです。

自分の社会人生活を充実したものにしていきたい人は、ぜひ就活塾の利用を検討してみましょう。

【まとめ】キャリア観をもって、ベンチャーで実力を磨いていこう!

高学歴がベンチャー企業に入社することについて考えてきました。

大手企業とベンチャー企業を比較した場合、教育や福利厚生に関する制度ができていないベンチャー企業は、高学歴のファーストキャリアとしては向いていません。

しかし、どうしてもベンチャー企業で働きたい人は、就活でしっかりとキャリア観を身につけ、目的意識をもって働く必要があります。

そのためにもっともオススメな対策が、就活塾です。

今、就活で悩んでいる人はぜひ就活塾の利用を検討してみましょう。

お気軽にお問い合わせください!
Abuild就活の詳細を見る

トップ企業から内定をもらいたい君へ。

「自分が行きたい企業に本当に内定がもらえるか不安……」
「できればトップ企業からの内定が欲しい!」
「本当は商社に行きたいけど、どうしたらいけるかな?」

就活でよりハイクラス層の企業を志望するなら、どのように攻略するべきかをしっかり考える必要があります。

周りに就活で成功していて客観的なアドバイスをくれる人がいるなら、頼ってみてもいいかもしれません。

今の自分に合ったアドバイスが欲しい。就活を成功させる秘訣を知りたい、という人には、Abuild就活がおすすめです。

Abuild就活は、

【就活成功のフレームワーク】に基づいて、京大卒・外資系投資銀行出身のCEOが監修した独自カリキュラムです。

そんなAbuild就活だから、

  • 外資コンサル・5大商社・電博・メガバンクなどのトップ起業内定
  • 内定率98%
  • 通常の学歴では難しいとされる企業への逆転内定

を実現できてます。

今だけ、Abuild就活の全貌や就活成功のフレームワークを知っていただける「無料カウンセリング」を実施中です。

「無料カウンセリング」では、Abuild就活の説明はもちろんのこと、みなさんからの質問もお受けするので「本当に内定が取れるの?」みたいな際どい質問もどんどんしてください!!

「無料カウンセリング」は、数に限りがあります。

代表の新井が年収チャンネルに出演したこともあり、現在大変多くのお申し込みをいただいています。

そのため、少しでも「無料カウンセリング」にご興味のある方は、お早めのお申し込みをお待ちしております!

タイトルとURLをコピーしました