ホーム » 就活ノウハウ » 就活に学歴は関係ない?企業の学歴フィルターを突破して内定を勝ち取る方法
a

就活に学歴は関係ない?企業の学歴フィルターを突破して内定を勝ち取る方法

就活ノウハウ

【7日で就活対策完成!就活スタートセット無料配布中!】

  • 就活を始めたいけど、どうしたらいいかわからない
  • 就活取り組んでいるけど、つまづいている
  • 就活をするにあたり、ヒントが欲しい
という方はぜひ公式LINEを友だち追加して、就活スタートサポートセットを受け取ってください!

【完全無料】LINEを追加して、就活対策を始める



就活スタートセット

就活において、これまでの日本では学歴が重視される傾向にありました。

価値観が多様化する現代において、果たして学歴は就活にどのような影響があるのでしょうか。

そこで本記事では、学歴フィルターの存在について解説します。

また、学歴フィルターを設けている企業の内定を勝ち取る方法も紹介するので、就活の参考にしてください。

・今でも、一部の企業には学歴フィルターが存在する
・企業が学歴フィルターを設ければ、採用コストの削減や優秀な人材の確保につながる
・学歴が低い就活生でも内定を勝ち取るには、徹底した就活準備が必要になる

【結論】学歴フィルターは存在します!

近年の就活においても、学歴フィルターは存在しています。

学歴が重視されなくなってきているとはいえ、一部の大企業や有名企業にとっては採用の指標の1つです。

また、高学歴の学生の方が、優秀な人材が多い傾向にあるでしょう。

優秀な人材を採用したい企業は多いため、学歴フィルターは存在します。

一般的な学歴フィルターの基準

一般的な学歴フィルターの基準は、MARCH(明治大学・青山学院大学・立教大学・中央大学・法政大学)や関関同立(関西学院大学・関西大学・同志社大学・立命館大学)以上です。

ただし、学歴フィルターは曖昧なものなので、企業によってもその基準は変わります。

 

Abuild就活 本紹介

企業が学歴フィルターを設ける理由

企業が学歴フィルターを設ける理由は、主に以下の3つです。

  • 採用コストの削減
  • 企業のブランドイメージ向上
  • 優秀な人材の確保

それぞれ詳しく解説します。

採用コストの削減

学歴フィルターを設けて採用を行うと、企業は採用コストが削減できます。

特に大手企業や人気企業など、応募者が多い企業は、書類選考だけでも膨大な時間を要します。

そのため、一定の学歴で足切りするようにしておけば、それだけ時間が削減できるのです。

したがって、学歴フィルターを企業が設ける理由の1つには採用コストの削減が挙げられます。

企業のブランドイメージ向上

学歴フィルターを設けて高学歴の学生を中心に採用すれば、企業ブランドのイメージが向上します。

なぜなら、優秀な人材が揃っているイメージを与えられるため、世間や顧客からの見え方が良くなるからです。

また、企業のブランドイメージが浸透すれば、応募者の質がアップする効果も期待できます。

学歴フィルターによって企業のイメージをよくすることは実はメリットが多いのです。

優秀な人材の確保

高学歴の学生は、傾向として優秀な人材が多いです。

そのため、学歴フィルターを設けて選考を行えば必然的に優秀な人材を多く確保できる仕組みになります。

また、学歴は努力や粘り強さの指標です。

企業は社員にできるだけ長く働いてほしいため、困難に直面しても投げ出さずに努力できる人材を求めています。

これに当てはまるのは、高学歴の学生の方が多いでしょう。

したがって、学歴フィルターは優秀な人材の確保につながります。

 

学歴フィルターが存在する企業の特徴

学歴フィルターが存在する企業には以下の特徴があります。

  • 大手企業・有名企業
  • 10年以上存続している企業
  • 高いスキルが必要になる企業

本項では、3つの特徴をそれぞれ解説します。

大手企業・有名企業

大企業や有名企業は学歴フィルターを設けています。

これまで説明したとおり、 大企業や有名企業は応募者の数が非常に多いです。

そのため学歴を1つの基準にして足切りすることで、採用コストを削減できる実情があります。

したがって、大企業や有名企業は学歴フィルターを設けていることが多いと理解しておきましょう。

10年以上存続している企業

長く存続している企業にも、学歴フィルターが存在します。

なぜなら、価値観が多様化し、学歴よりも実力が重視され始めているのは比較的最近だからです。

長く続く企業は、学歴を採用基準にしていました。

そのため、一昔前の採用基準を今も踏襲したままである可能性が高いです。

したがって10年以上にわたって長く存続している企業は、学歴フィルターを設けていることが多いでしょう。

高いスキルが必要になる企業

高いスキルが必要になる企業にも、学歴フィルターが存在します。

なぜなら、高いスキルが必要になる業界や職種は選考ステップが多く、慎重に学生を採用しているからです。

たとえば、コンサル業界などが代表例でしょう。

コンサルには、論理的思考力やコミュニケーション力、あきらめない粘り強さなどさまざまなスキルが必要です。

仮に学歴フィルターを設けていなくとも、必然的に能力の高い学生が採用されることでしょう。

 

学歴が低い就活生でも内定を勝ち取る方法

本項では、学歴が低い就活生でも内定を勝ち取る方法を解説していきます。
具体的な方法は以下の6つです。

  • 自己分析で強みを明確にする
  • エントリー企業を増やす
  • SPIで出題頻度の多い公式を暗記する
  • 質の高い履歴書を作る
  • OB・OG訪問を活用する
  • 模擬面接に参加する面接対策を行う

順番に見ていきましょう。

自己分析で強みを明確にする

自己分析を行うことは、すべての就活生の必須条件です。

自己分析を行っていないと、採用担当者も自社との適性が分からず内定を出すことができません。

また「自己分析すらできていない就活生」という見え方になってしまい、周りの就活生に遅れをとることになります。

自分の強みを理解し、それをどのように活かして企業に貢献できるのか、しっかりアピールできるようにしておきましょう。

エントリー企業を増やす

当然ですが、エントリー企業を増やすほど内定をもらえる可能性が高まります。

1社しか受けないより、10社受けた方が内定をもらえる確率が高いのは明白です。

エントリー企業を増やす際に注意したいのは、自己分析と業界研究・企業研究を行ったうえでエントリー企業を絞ることです。

なんとなく企業を選んでエントリーしても、自分の強みが活かせなかったり、価値観にマッチしない企業だったりしては意味がありません。

したがって、自己分析や業界研究を行い、ある程度方向性を絞ってからエントリー企業を増やすことをおすすめします。

SPIで出題頻度の多い公式を暗記する

ほとんどの企業では、選考ステップとしてSPIが用意されています。

SPIで安定して高得点を取るには、​​出題頻度の高い問題にあらかじめ慣れておくのが一番です。

非言語問題の中でよく出題される公式には以下のようなものがあります。

  • 割合
  • 代金の精算
  • 場合の数
  • 確率
  • 速さ
  • 濃度算
  • 損益算
  • 鶴亀算

ここでは詳しい計算方法は割愛しますが、対策テキストや就活塾を活用して、上記の公式をしっかりと復習しておくと良いでしょう。

質の高い履歴書を作る

就活で内定を勝ち取るためには、質の高い履歴書も欠かせません。

企業の人事にとって履歴書は、面接の前に就活生を判断できる貴重な資料です。

周りの就活生と差をつける質の高い履歴書を提出できれば、人事担当者の興味を引くことができます。

質の高い履歴書とは、志望動機が具体的かつ背景のエピソードとマッチしていて、熱意が伝わる履歴書です。

志望動機の具体性は、企業研究にかけた時間と比例します。

そのため人事担当者にも「しっかり会社のことを調べているな」「本気で働きたい意思があるんだな」と熱意が伝わります。

また、自分の強みを活かして入社後にどのように活躍したいかまで書ければ更に良いです。

質の高い履歴書を書き、周りの就活生と差別化しましょう。

OB・OG訪問を活用する

学歴が低い就活生でも内定を勝ち取るためには、OB・OG訪問を活用しましょう。

OBやOGの方と話すと、現役社会人の方とコミュニケーションが取れます。

OB・OG訪問では、面接とは違ってこちらの能力や適正を判断される場ではないため、気軽にコミュニケーションを取ることができるでしょう。

今の自分について客観的に分析してもらえるため、強みや性格を理解する場としても活用できます。

また、実際に企業の魅力や課題について社員の方からの話を聞けば、より志望動機を強固なものにできるでしょう。

OB・OG訪問は活用するメリットが非常に大きいため、ぜひ行ってください。

模擬面接に参加する

通常の面接対策だけでなく、模擬面接を行っておくと内定を勝ち取りやすくなるでしょう。

なぜなら、模擬面接は実際の面接と同じ緊張感で自分をアピールできる機会だからです。

模擬面接に参加せず、自分一人で面接対策を行った場合、話す練習はできてもコミュニケーションが取れません。

つまり、本番で想定していない質問が飛んできたとき、焦って冷静な受け答えができなくなります。

焦りは面接官に必ず伝わってしまうため、評価に影響するでしょう。

模擬面接で質疑応答形式のコミュニケーションに慣れておくことは、面接の通過率を格段に上げてくれます。

大学のキャリアセンターや就活塾を利用し、模擬面接に参加してみてください。

 

【まとめ】内定を勝ち取りたいなら就活準備を徹底しよう

本記事では、学歴フィルターの存在や、低い学生でも内定を勝ち取る方法を解説しました。

学歴が高い方が就活では有利に働き、選択肢も増えます。

これは紛れもない事実です。

しかし、学歴が低い学生でも、徹底的に就活準備をすれば、高学歴学生にも負けないくらいの結果を残すことは可能です。

自己分析や模擬面接など、一人での就活準備に限界を感じたら、ぜひ就活塾を利用してください。

本記事を参考に、内定を勝ち取りましょう。

お気軽にお問い合わせください!
Abuild就活の詳細を見る

トップ企業から内定をもらいたい君へ。

「自分が行きたい企業に本当に内定がもらえるか不安……」
「できればトップ企業からの内定が欲しい!」
「本当は商社に行きたいけど、どうしたらいけるかな?」

就活でよりハイクラス層の企業を志望するなら、どのように攻略するべきかをしっかり考える必要があります。

周りに就活で成功していて客観的なアドバイスをくれる人がいるなら、頼ってみてもいいかもしれません。

今の自分に合ったアドバイスが欲しい。就活を成功させる秘訣を知りたい、という人には、Abuild就活がおすすめです。

Abuild就活は、

【就活成功のフレームワーク】に基づいて、京大卒・外資系投資銀行出身のCEOが監修した独自カリキュラムです。

そんなAbuild就活だから、

  • 外資コンサル・5大商社・電博・メガバンクなどのトップ起業内定
  • 内定率98%
  • 通常の学歴では難しいとされる企業への逆転内定

を実現できてます。

今だけ、Abuild就活の全貌や就活成功のフレームワークを知っていただける「無料カウンセリング」を実施中です。

「無料カウンセリング」では、Abuild就活の説明はもちろんのこと、みなさんからの質問もお受けするので「本当に内定が取れるの?」みたいな際どい質問もどんどんしてください!!

「無料カウンセリング」は、数に限りがあります。

代表の新井が年収チャンネルに出演したこともあり、現在大変多くのお申し込みをいただいています。

そのため、少しでも「無料カウンセリング」にご興味のある方は、お早めのお申し込みをお待ちしております!

タイトルとURLをコピーしました