ホーム » 就活ノウハウ » 【就活】どうせ受からないと感じたときの対処法
a

【就活】どうせ受からないと感じたときの対処法

就活ノウハウ

【7日で就活対策完成!就活スタートセット無料配布中!】

  • 就活を始めたいけど、どうしたらいいかわからない
  • 就活取り組んでいるけど、つまづいている
  • 就活をするにあたり、ヒントが欲しい
という方はぜひ公式LINEを友だち追加して、就活スタートサポートセットを受け取ってください!

【完全無料】LINEを追加して、就活対策を始める



就活スタートセット

「ESや面接になかなか通らない」「エントリーした企業に全落ちした」など就活がうまくいかず、どうせ受からないと感じてしまう就活生は少なくありません。

しかし、割合的には受かるケースの方が少ないため、心配する必要はありません。

これまで受からなかった理由や、適切な対処法を理解すれば、内定を勝ち取ることは可能です。

そこで本記事では、「どうせ受からない」と感じている就活生に向けて対処法を解説します。

・今内定が出ていなくても、適切な対策をすれば内定を勝ち取れるので心配する必要はない
・就活で全落ちする人は、働く目的が明確になっていないか、事前準備不足の可能性がある
・どうせ受からないと感じている理由を把握して適切な対策をすれば、内定は勝ち取れる

【朗報】どうせ受からないと感じても心配する必要はありません


あなたは今、エントリーした企業に受からなかった経験から、「応募してもどうせ受からない」と感じているかもしれません。

しかし、心配する必要はありません。

その企業とは縁がなかったかもしれませんが、適切な準備をすれば必ず内定を勝ち取れるからです。

日本には企業の数が367万4000社あるといわれています。そのため1社受からなかったとしても落ち込む必要はないでしょう。

そこでまずは、就活に全落ちする理由から見ていきます。

 

Abuild就活 本紹介

就活に全落ちする理由


就活に全落ちする理由は以下の3つです。

働く目的が明確になっていない
企業研究・ES・面接など対策が十分でない
性格的にマッチしないと判断されている

それぞれ簡単に解説します。

働く目的が明確になっていない

働く目的が明確になっていないと、ESや面接で落とされやすくなってしまいます。

なぜなら、働くことに対して前向きになれていないため、周りの就活生と比べて熱量が低くなるからです。

反対に、目的が明確になっている人は志望動機にも説得力があり、熱い思いが人事担当者に伝わります。

この企業に入って企業のビジョンを一緒に実現したい
仕事を通して社会貢献がしたい

このように目的を持っている人は、前向きに就活に臨めるでしょう。

働く目的が明確になっていない人は、まずは働く目的から決めると良いでしょう。

企業研究・ES・面接など対策が十分でない

企業研究やES、面接など就活全般の対策が不十分だと、当然落ちやすくなります。

たとえば企業研究が不十分だと、ESや面接でも上部だけの言葉になってしまうでしょう。

志望動機に説得力がある就活生は、徹底して企業研究し、自分の働く姿を明確にイメージできています。

また、仮に企業研究を行っていても、ESの書き方が不十分だったり、面接の場で質問に対して言葉を詰まらせていては内定をもらえないでしょう。

したがって、就活に関する準備は徹底して行う必要があります。

性格的にマッチしないと判断されている

性格的にマッチしないと判断された場合も、内定をもらえません。

企業は長く働いてくれる人材を求めています。

したがって、仮に能力の高い就活生でも、その企業の理念やビジョンとマッチしなければ落とされてしまうのです。

そのため、性格が自分と合っているかどうかをしっかり見極める必要があります。

 

就活で全落ちする人の特徴


本項では、就活で全落ちする人の特徴を紹介します。

就活生は企業に選ばれる側だと思って萎縮している
志望動機が弱い
コミュニケーション力が低い
性格に問題がある

上記4つの特徴をそれぞれ見ていきましょう。

就活生は企業に選ばれる側だと思って萎縮している

企業に選ばれる側だと思って萎縮している就活生は、内定を得られない可能性があります。

これまでの学校教育では、先生や保護者の方など大人の言うことに従ってきたため、どうしても大人が立場的に偉いものだと考えてしまうかもしれません。

しかし、社会に出たら立場は対等です。企業は労働力を提供してもらい、その対価として給料を払います。

つまり、企業と就活生の立場は対等なのです。

これを理解して面接に臨まないと、いくら良い志望動機を準備しても、自信がなさげに見えてしまいます。

志望動機が弱い

就活で全落ちする人は、志望動機が弱い傾向にあります。

なぜなら、志望動機が弱い就活生は、人事担当者から見て自社で働くイメージが湧きにくいからです。

たとえば、理念に強い共感を示してくれる就活生や、入社後にやりたいことを具体的に語ってくれる就活生の方が人事担当者は採用しやすいでしょう。

したがって、志望動機は明確にしておく必要があります。

コミュニケーション力が低い

コミュニケーション力が低いと、面接で落とされてしまうでしょう。

なぜなら、コミュニケーション力は社会人としての基礎能力だからです。

お客さんとのコミュニケーションはもちろん、社内でも上司や先輩、チームメンバーと日々コミュニケーションを取る必要があります。

また、コミュニケーション力は一朝一夕では身につかないため、コミュニケーション力が低い就活生をわざわざ採用するメリットはないのです。

もしあなたがコミュニケーション力に自信がなくても、心配する必要はありません。

面接ではある程度質問がパターン化されているため、コミュニケーション力の高さは目線や表情、声色などで判断されます。

したがって、コミュニケーション力に自信がなくても、面接対策を十分に行えばある程度カバーできる部分でもあるのです。

性格に問題がある

性格に問題があると判断された場合、就活で全落ちする可能性が高いです。

たとえば、

感情的になりやすい
粘り強さがない
ネガティブ思考

など、仕事をするうえで支障をきたす性格傾向を持っている方は、面接で落とされやすいでしょう。

言葉の節々や姿勢、態度などから人事担当者は感じ取ります。

しかしこれも、徹底して準備すればカバーできる範囲でしょう。

 

就活でどうせ受からないと感じたときの対処法


就活でどうせ受からないと感じたときは、以下の対処法を実践してください。

自己分析を深める
OB・OG訪問を繰り返す
就活塾を利用する

それぞれ見ていきましょう。

自己分析を深める

どうせ受からないと感じたときは、自己分析を深めてください。

なぜなら、ネガティブな思考になっているときは、自分の強みが明確になっていないことが多いからです。

自己分析を行えば自分の強みが明確になり、企業に貢献できるイメージが湧くでしょう。

結果として、志望動機の説得力も増します。

どのように自己分析を行うべきかわからない人は、以下の記事を参考にしてください。

自己分析を行う意味はない?自己分析の本当の目的や正しいやり方を徹底解説
「自己分析は意味がない」と言われますが、本当に意味がないのでしょうか? そこで本記事では、自己分析は本当に意味がないのかについて解説します。 また、自己分析の具体的な目的や正しい方法についても紹介します。 これを読めば、就...

OB・OG訪問を繰り返す

どうせ就活に受からないと感じているときは、OB・OG訪問を繰り返すのも有効です。

OB・OGの人たちに企業の実態を聞くことができれば、自分がその会社で働くイメージが湧くため、受かるイメージも湧いてきます。

また、OBやOGの方も数年前まで就活を経験しているため、同じような悩みを抱えていた経験があるかもしれません。

今抱えている悩みを相談すれば、具体的なアドバイスがもらえるかもしれません。

さらに、OB・OG訪問の先輩方にESの添削や面接練習をお願いすることもできます。

したがって、OB・OG訪問は企業分析やES・面接対策、悩み相談などさまざまな活用方法があるのです。

就活塾を利用する

就活にどうせ受からないと感じているなら、就活塾の利用も検討してみてください。

就活塾を利用すれば、就活に必要な準備を網羅的に対策できます。

自己分析・ES対策・面接対策など就活に必要な準備をプロの講師陣がサポートしてくれるでしょう。

そのため、「どうせ受からない」というネガティブな気持ちがなくなり、自信になること間違いなしです。

また、就活塾によっては一人一人に専属のコーチが付き、メンタル面のサポートもしてくれるため、不安もなくなります。

就活に終わりが見えない方はもちろん、自己PRに自信がない方や就活準備の方法に自信がない方はぜひ就活塾の利用を検討してはいかがでしょうか。

 

【まとめ】正しい対策を行い、内定を勝ち取ろう


本記事では、「どうせ受からない」と感じている就活生に向けて、正しい対策をお伝えしました。

まずは、受からないと感じている理由を明確にして、しっかりと対策を行ってください。

そうすれば、いずれ内定を勝ち取れます。

本記事を就活の参考にしてください。

お気軽にお問い合わせください!
Abuild就活の詳細を見る

トップ企業から内定をもらいたい君へ。

「自分が行きたい企業に本当に内定がもらえるか不安……」
「できればトップ企業からの内定が欲しい!」
「本当は商社に行きたいけど、どうしたらいけるかな?」

就活でよりハイクラス層の企業を志望するなら、どのように攻略するべきかをしっかり考える必要があります。

周りに就活で成功していて客観的なアドバイスをくれる人がいるなら、頼ってみてもいいかもしれません。

今の自分に合ったアドバイスが欲しい。就活を成功させる秘訣を知りたい、という人には、Abuild就活がおすすめです。

Abuild就活は、

【就活成功のフレームワーク】に基づいて、京大卒・外資系投資銀行出身のCEOが監修した独自カリキュラムです。

そんなAbuild就活だから、

  • 外資コンサル・5大商社・電博・メガバンクなどのトップ起業内定
  • 内定率98%
  • 通常の学歴では難しいとされる企業への逆転内定

を実現できてます。

今だけ、Abuild就活の全貌や就活成功のフレームワークを知っていただける「無料カウンセリング」を実施中です。

「無料カウンセリング」では、Abuild就活の説明はもちろんのこと、みなさんからの質問もお受けするので「本当に内定が取れるの?」みたいな際どい質問もどんどんしてください!!

「無料カウンセリング」は、数に限りがあります。

代表の新井が年収チャンネルに出演したこともあり、現在大変多くのお申し込みをいただいています。

そのため、少しでも「無料カウンセリング」にご興味のある方は、お早めのお申し込みをお待ちしております!

タイトルとURLをコピーしました