ホーム » コンサル » 【解説】新卒がコンサルで働くのがしんどい3つの理由
a

【解説】新卒がコンサルで働くのがしんどい3つの理由

コンサル

【今なら、公式LINEを友だち追加すると、就活力診断テストを無料で受けられます!】

  • 自分の就活力がどのくらいか知りたい
  • 就活していく上での自分の課題を知りたい
  • 就活において、いま何をやるべきか知りたい
という方はぜひ公式LINEを友だち追加して、診断を受けてみてください!

【完全無料】LINEを追加して、就活力診断テストを受ける



常に就活の人気ランキングで上位に入っているコンサル業界。

高収入、高待遇といった良いイメージがある一方、激務や長時間労働といった悪いイメージもあります。

はたして、コンサル業界は新卒が働くのにはしんどい業界なのでしょうか。

この記事では、コンサル業界で働くしんどさや、その対策について解説していきます。

「コンサルを目指しているけど、仕事内容に不安がある…」

このような悩みをもつ就活生は、ぜひ最後までお読みください。

・個人差はあるが、コンサル業界は新卒にとって「しんどい」と感じやすい
・しんどいと感じないためには、就活時点で対策をすることが重要
・就職時から就職後を見据えて、さまざまなスキルを磨いたり経験を積んだりしよう

【結論】新卒がコンサルで働くのは基本的にしんどい

新卒がコンサルで働くのはしんどいはたして、新卒がコンサルで働くのはしんどいのでしょうか。

答えは、「基本的にはしんどい」です。

コンサル業界は、就活市場で人気の高い業界の一つです。

必然的に、高学歴の学生や実務能力の高い学生が集まってきます。

その中から、激しい選考を勝ち抜いた人々が働いているのがコンサル業界です。

入社後は、高い能力をもつ同期や先輩が仕事上でのライバルになります。

このようなシビアな環境で働き続けるのは、精神的にかなりの負担になります。

とくに、まだ社会人経験のない新卒にとって、その負担はしんどいものになるでしょう。

一方、しんどいと感じるかどうかはかなり個人差があります。

能力的に優れている人や働く目的意識をしっかりもつことができていれば、コンサル業界で働くことはしんどいどころか、やりがいに満ちた楽しいことに感じられるでしょう。

コンサルで働くことをしんどいと感じるかどうかは、学生生活や就活期間をどのように過ごしてきたかに左右されます。

この記事では、新卒がコンサルで働くのをしんどいと感じた理由を分析した上で、どのような対策をしておけばしんどさを感じなくなるかを紹介していきます。

新卒がコンサルで働くのをしんどいと感じる3つの理由

しんどい理由まず、新卒がコンサルで働くのをしんどいと感じる理由を見ていきましょう。
おもな理由は、以下の3つです。

1.周りとの実力差
2.仕事量と報酬のアンバランスさ
3.目的意識の欠如

一つずつ、詳しく見ていきましょう。

 

1.周りとの実力差

入社後に感じる周りとの実力差は、しんどさを感じる大きな理由の一つです。

コンサル業界は、新卒・既卒問わず人気の高い業界です。

多くの人が集まる選考をくぐり抜けてくるため、最終的に入社する人たちは能力が高い人だらけになります。

この上、コンサル業界は実力のある人が評価される実力主義の風潮が強い業界です。
非常に能力の高い人との競争にさらされつつ、ノルマや実績を意識して働くことは、心

ともに非常にストレスがかかります。

新卒の場合、ストレスを発散しようにも仕事に慣れておらず、仕事にかかる時間が長くなりがちです。

プライベートを充実させようと思っても、その時間さえとれない可能性があるのです。

このように、周りとの実力差からのプレッシャーやストレスが強いため、コンサル業界は新卒にとってしんどいと感じやすい環境になっています。

 

2.仕事量と報酬のアンバランスさ

仕事量と報酬のアンバランスさも、しんどさを感じる理由になりえます。

コンサル業界は、総合商社や金融と同列か、それ以上の高収入が見込める業界です。

実際、コンサルBIG4と呼ばれる大手4社の新卒1年目の年収でさえ、日本全体の平均年収を上回るほどです。

しかし、一方で非常に業務量の多い業界でもあります。

とくに新卒で入社した場合、仕事に慣れるまでは簡単な業務でも終わらせるのに時間がかかります。

仕事に慣れても、担当したプロジェクトの進捗状況や納期によって夜遅くまで残業せざるを得ないこともあるでしょう。

人によっては、これを仕事のやりがいと感じられるかもしれません。

しかし、多くの残業が求められる仕事量と給料が釣り合っていないと感じてしまう人もいます。

長時間労働が常態化してしまった場合、働いても働いても満足感を得られなくなります。

こうして、最終的に仕事をしんどいと感じるようになってしまうのです。

 

3.目的意識の欠如

コンサルで働く目的意識をもたずに入社してしまうと、仕事のしんどさに拍車がかかります。

コンサル業界は、収入や社会的ステータスの高い業界です。

転職や独立に必要なスキルを身につけたり、経験を積んだりできることから、多くの人がコンサル業界で働くことを希望しています。

しかし、一方で業務量の多さや周りの環境に耐えられずに辞めてしまう人が多いのも事実です。

業務量の多さや環境のストレスに耐えられるかどうかは、その人がなぜコンサルで働こうと思ったのかという目的意識の強さに左右されます。

目的意識は、「将来独立するための知識を身につけたい」「とにかくお金を稼ぎたい」など、なんでも構いません。

強い目的意識をもってさえいれば、多少仕事でつらいことがあっても、それを糧に乗り切ることができるでしょう。

しかし、「なんとなくコンサルという響きがカッコいい」「人気業界だから入りたい」といった、目的意識の薄い理由でコンサル業界に入ってしまったなら、目的意識を精神の拠り所にすることができません。

結果として、仕事がただつらく、しんどいものにしか感じられなくなってしまうのです。

しんどさを感じないようにする3つの方法

しんどさを感じないようにする3つの方法ここまで、新卒がコンサルの仕事をしんどいと感じる3つの理由を紹介しました。

しんどさを感じないようにするためには、その3つを乗り越えるための対策をすれば良いのです。

次は、しんどさを感じないようにするための3つの方法を紹介します。

1.学生時代からスキルを磨く
2.コンサル業界や企業を正しく理解する
3.コンサル就職に対する目的意識をもつ

それぞれ、詳しく見ていきましょう。

 

1.学生時代からスキルを磨く

学生時代からスキルを磨き、自分の能力を高める努力をしましょう。

新卒がコンサルとして働くことをしんどいと感じる理由の一つは、周りの人々との実力差です。

ならば、この実力差を感じないほど、自分の能力を高めましょう。

コンサルで働く際に、身につけていると便利なのは次のようなスキルです。

  • 語学力
  • ITに関する知識やノウハウ
  • 企画構成・プレゼンテーション能力

いずれも、学生でも身につけられるスキルです。

コンサルに入社した後、周りとの差がないようにするために、学生生活を楽しみつつ、自分のスキルを磨くことを習慣化しておきましょう。

 

2.コンサル業界や企業を正しく理解する

コンサル業界や企業について、正しく理解しておくことも欠かせません。

同じコンサル業界の中でも、手掛ける業務の分野や仕事量、それに対する報酬はさまざまです。

「コンサルは、企業の経営課題について解決策を提案し、実行していく仕事」。

この認識も間違ってはいません。

しかし、本当にコンサル業界で働くなら、

  • 業界内の企業がどのようなアプローチをとっているのか
  • 競合がどれほどいるのか
  • 従業員に対する福利厚生や報酬制度はどうなっているのか

など、より詳しい情報を知っておかなければ、入社後に現実と理想のギャップを感じてしまうでしょう。

現実と理想のギャップを埋めておくためにも、OB・OG訪問などを通じてコンサル業界や企業について、正確な情報を得て、理解を深めておくようにしましょう。

 

3.コンサル就職に対する目的意識をもつ

就活する際に、自分がなぜコンサルに就職したのか、明確な目的意識をもつようにしましょう。

なんとなくのイメージやコンサルのもつブランドだけで業界を選んでしまうと、入社後の激務やつらい時に頼る精神的な支えがなくなってしまいます。

目的意識をもつのに欠かせないのが、自己分析です。

働くことで、自分は何を得たいのか。

将来、自分はビジネスパーソンとしてどういうキャリアを歩みたいのか。

これらのことを就活の時からしっかりと考えて、それがコンサル業界でしか実現できないならば、あらためてコンサル業界を強く志望するべきです。

どうしても、学生の就活は企業の規模やブランドで志望先が左右されがちです。

そのままコンサル企業へ入社しても、決して幸せにはなれないでしょう。

就活の準備時点から、就職後の目的意識をしっかりともてるように自己分析に取り組むことを忘れないでください。

 

【まとめ】就活時から就職後を見据えた活動をしよう

コンサル業界は、新卒が「しんどい」と感じやすい業界です。

ただ、しんどいと感じるかどうかはかなり個人差があります。

しんどいと感じないためのポイントは、就活の時から、就職後を見据えた活動をしているかどうかです。

基本的には一度しかない学生生活を楽しんではいけないわけではありません。

ただ、学生生活を楽しみつつも、将来自分がコンサル業界で働いた際、少しでもプラスになることを積み重ねていく意識をもつようにしましょう。

どうしても一人では意思を強くもてないのなら、就活塾を利用するのもオススメです。

業界のOB・OGを抱える就活塾なら、業界に必要なスキルや経験を早いうちから学べるでしょう。

少しでも早い段階で準備をはじめ、自分の理想通りの社会人生活を送れるよう頑張りましょう。

トップ企業から内定をもらいたい君へ。

「自分が行きたい企業に本当に内定がもらえるか不安……」
「できればトップ企業からの内定が欲しい!」
「本当は商社に行きたいけど、どうしたらいけるかな?」

就活でよりハイクラス層の企業を志望するなら、どのように攻略するべきかをしっかり考える必要があります。

周りに就活で成功していて客観的なアドバイスをくれる人がいるなら、頼ってみてもいいかもしれません。

今の自分に合ったアドバイスが欲しい。就活を成功させる秘訣を知りたい、という人には、Abuild就活がおすすめです。

Abuild就活は、

【就活成功のフレームワーク】に基づいて、京大卒・外資系投資銀行出身のCEOが監修した独自カリキュラムです。

そんなAbuild就活だから、

  • 外資コンサル・5大商社・電博・メガバンクなどのトップ起業内定
  • 内定率98%
  • 通常の学歴では難しいとされる企業への逆転内定

を実現できてます。

今だけ、Abuild就活の全貌や就活成功のフレームワークを知っていただける「無料カウンセリング」を実施中です。

「無料カウンセリング」では、Abuild就活の説明はもちろんのこと、みなさんからの質問もお受けするので「本当に内定が取れるの?」みたいな際どい質問もどんどんしてください!!

「無料カウンセリング」は、数に限りがあります。

代表の新井が年収チャンネルに出演したこともあり、現在大変多くのお申し込みをいただいています。

そのため、少しでも「無料カウンセリング」にご興味のある方は、お早めのお申し込みをお待ちしております!

タイトルとURLをコピーしました