ホーム » 就活ノウハウ » 英語ができなくても商社に入れる?内定を得るための対策を徹底解説
a

英語ができなくても商社に入れる?内定を得るための対策を徹底解説

就活ノウハウ

【7日で就活対策完成!就活スタートセット無料配布中!】

  • 就活を始めたいけど、どうしたらいいかわからない
  • 就活取り組んでいるけど、つまづいている
  • 就活をするにあたり、ヒントが欲しい
という方はぜひ公式LINEを友だち追加して、就活スタートサポートセットを受け取ってください!

【完全無料】LINEを追加して、就活対策を始める



就活スタートセット

昔から商社は就活生から高い人気があります。

とくに総合商社は、世界をまたにかけて働くイメージもあり、グローバル志向の学生や高学歴の学生が選考に参加しています。

実際にグローバルに事業展開する企業も多く、選考では語学力を求められるイメージがあるでしょう。

英語ができない人が商社を志望するのは、無謀なのでしょうか。

この記事では、選考の実態から、英語ができない人の商社対策について考えていきます。

・英語ができなくても商社に入れる
・配属された部署によってはほとんど英語力が必要ないこともある
・選考で見られる要素を把握して、事前に力を磨いておこう

【結論】現時点で英語ができなくても商社の内定は目指せる!

はじめに、結論からお伝えします。

就活生の皆さんは、就活時点で英語ができなくても十分に商社の内定を目指すことが可能です。

商社の実務で、ある程度の英語力が求められるのは事実です。

しかし、だからといって商社の選考では、英語ができる人だけが内定をもらうわけではありません。

ビジネスレベルの英語が扱えない就活生でも、その他のスキルや経験を評価され、内定をもらえるのです。

重要なのは、商社が新卒の就活生たちに、何を求めているのかを考えて就活対策を進めること。

英語力と同じか、それ以上に重要な能力を身につけることで、英語ができない状態での商社の内定を目指していきましょう!

Abuild就活 本紹介

商社で求められる英語力の水準は?

はたして、商社で求められる英語力の水準はどの程度なのでしょうか。

ネイティブレベルで話せる必要があるのか。

はたまた日本語べースの片言英語でも通用するのか。

商社の現状からご紹介していきます。

部署によって求められる水準は異なる

商社と言っても、入社後に配属される部署によって求められる英語力の水準が異なります。

営業や外商のように、他社や取引先とのやりとりが多い部署に配属された場合は、それなりに高い英語力が求められるでしょう。

商談やメールのやりとりで、ビジネスレベルの英語を扱う必要があるためです。

取引先が海外の場合、とくにこの傾向は強まります。

一方、総務や人事、財務といった社内向けの業務が多い部署の場合、高い英語力は必要ありません。

社内の文書やシステムを使った業務をする限りは、日本語さえできれば問題ないためです。

商社に内定をもらった場合でも、全員が営業に配属されるわけではありません。

適材適所で活躍できる部署があることも理解しておきましょう。

入社後の勉強でも十分身につけられる

商社で求められる英語力は、入社後の勉強でも十分に身につけられます。

ビジネスで英語に触れる機会も増え、英語ができないと仕事が進められないという状況も英語習得の後押しとなるためです。

ビジネスで英語を利用する場合、なにもすべての場面でネイティブレベルの英語力が求められるわけではありません。

もちろん、ネイティブレベルの英語力が武器になるのは間違いありませんが、製品の説明や紹介、スケジュールのやりとりなどは単語さえ知っていれば対応できます。

発音がカタコトでも、相手にこちらの意図を伝えられれば問題ないのです。

日常的に英語に触れるため、アウトプットも多く、英語が身につきやすい環境といえるでしょう。

【注意】学生のうちからTOEIC800点以上はあるほうがベター

商社に入社した時点で高い英語力が必須ということはありませんが、学生のうちからTOEIC受検などで英語力を高めておいたほうがベターです。

具体的な基準としては、TOIECで800点以上を目指しましょう。

800点以上は、日常生活の会話のリスニングや専門的な会話にもついていける水準とされています。

新卒採用の参加条件の点から考えても、800点以上とれていればほとんどの企業の条件をクリアできます。

基礎的な英語力が身についているかどうかで、入社後の学びの効率にも影響するため、時間のある学生のうちからしっかりと英語力を磨いておきましょう。

商社の選考で英語力以上に見られる3つの要素

商社の選考では英語力も一つの基準として見られますが、それ以上に重要視される要素があります。

以下の3つです。

  1. コミュニケーション能力
  2. チャレンジ精神
  3. 入社後のキャリア観

ESや面接、グループディスカッションのなかでこれらの要素をアピールできるように自己分析を進めましょう。

一つずつ、詳しく説明していきます。

コミュニケーション能力

コミュニケーション能力は、かなり重点的に見られる要素の一つです。

営業や外商など、商社の基幹的な業務は取引先との綿密なコミュニケーションが求められるためです。

製品を仕入れ、流通させ、売ることが商社の業務の基本。

そのため、仕入先、流通を担う事業者、販売先など、業務のあらゆる段階で社外との関係の深さが重要になります。

社外の人間関係を構築するためには、コミュニケーション能力が何よりも重要です。

自身がコミュニケーション能力を発揮したエピソードを用いて、しっかりと選考でアピールしていきましょう。

チャレンジ精神

チャレンジ精神も商社にとって非常に重要な要素の一つです。

さまざまな商材を扱う商社では、新たな製品や分野について学び、業界に飛び込んでいくことが求められるためです。

専門商社・総合商社を問わず、商社は非常に多くの商材を扱います。

部署異動や担当交代に伴って、これまで見たことも聞いたこともないような商材を扱うこともあるでしょう。

このようなとき、好奇心をもってチャレンジしていかなければ、商社での仕事はつまらないものになってしまいかねません。

チャレンジ精神をもっていることをしっかりアピールして、商社からの内定につなげていきましょう。

入社後のキャリア観

商社では、入社後にどのようなキャリアを築いていきたいのかも重要視されます。

幅広い分野・商材を扱い、多種多様な業種を抱える商社だからこそ、明確な目的をもって働かないとモチベーションが維持できなくなるためです。

  • 営業力を高めてどのような商材でも売れるようになりたいのか。
  • 一つの分野について知識を深め、専門性を高めていきたいのか。
  • 特定の国や地域におけるビジネスを突き詰めていきたいのか。

業務範囲の広い商社では、さまざまなキャリアを築いていけます。

自分がどのようになりたいのか明確な目標をもたずに働き続けても、魅力的な人材になることはできません。

企業としては、将来性のある就活生を採用したいのが本音です。

将来的に企業に貢献できる人材であることをアピールするため、就活段階から明確なキャリア観をもつようにしましょう。

英語力に頼らない商社の選考対策

英語力に頼らず商社の内定を勝ち取るには、選考対策がきわめて重要です。

就活生が必ず取り組まなければいけないのは、次の4つの対策です。

  1. 自己分析
  2. 業界研究
  3. ES添削
  4. 面接練習

一つずつ、詳しくみていきましょう。

自己分析

自己分析は、業界や職種を問わず、もっとも重要な対策の一つです。

過去の体験や経験を洗い出し、就活でPRできる自身の魅力やそれを裏付けるエピソードを探す作業です。

志望業界を絞ったり、就活の軸を定めたりするにも自己分析で得られた情報を活用するため、一番はじめに取り組みたい対策といえるでしょう。

自己分析については、以下の記事でも詳しく紹介しています。
ぜひ、合わせてお読みください。

自己分析を行う意味はない?自己分析の本当の目的や正しいやり方を徹底解説
「自己分析は意味がない」と言われますが、本当に意味がないのでしょうか? そこで本記事では、自己分析は本当に意味がないのかについて解説します。 また、自己分析の具体的な目的や正しい方法についても紹介します。 これを読めば、就...

業界研究

業界研究も、積極的に取り組んでいきましょう。

業界研究とは、特定の業界についての動向やニュース、企業間のパワーバランスや製品の違いを調べていく作業のことです。

業界研究を積み重ねていけば、魅力的な企業を見つけたり、選考で重要視される志望動機を見つけたりするきっかけになります。

自己分析と並び、就活の基本的な対策であるため、時間があれば興味のある業界について調べる習慣を身につけましょう。

ES添削

自己分析や業界研究が進んできたら、エントリーシート(ES)の作成・添削をはじめましょう。

ESは、企業の選考に参加する際に提出を求められる履歴書のような書類です。

近年は共通のフォーマットのESを採用する企業も増えてきていますが、人気企業のほとんどは独自のESを採用しています。

ネットや大学のつながりを利用し、志望度の高い企業のESを書いてみましょう。

一度書いてみると、うまく言葉にできない項目があることに気がつくはずです。

その項目を何度も繰り返し書き直していくことで、内容を洗練させていきましょう。

自分で見直すだけではなく、他人に見てもらうことでより効率的に添削を進められるようになります。

面接練習

選考でもっとも重要視される面接も、繰り返し練習する必要があります。

面接は、これまでの就活対策が総合的に試される場面です。

自己PRや志望動機などを、臨機応変に、わかりやすく伝えられるかどうかが見られます。

面接で上手に話すためには、何よりも場数を踏むことが重要です。

繰り返し面接練習をし、フィードバックを受け、改善点を修整していきましょう。

一人で対策するのが難しいため、友人と協力したり、面接練習会に参加したりするのがオススメです。

英語ができなくても絶対商社に入社したい人にオススメの対策

商社の選考では、英語力があったほうが評価されやすいのは間違いありません。

しかし、「英語ができなくても、絶対に商社に入社したい!」と強い思いをもった人もいるでしょう。

そのような人にオススメな就活対策が、就活塾の利用です。

ここからは、就活塾とはどのようなサービスなのか、選び方やオススメの就活塾についてご紹介していきます。

就活塾とは

就活塾とは、就活に対するノウハウや知識をもとに、就活生の内定までの道をサポートするサービスです。

人気企業の選考の競争率が激化するのに伴って、近年人気を高めています。

就活をサポートするサービスとして就活塾とよく比較されるのは、就活エージェントです。

就活エージェントは求人を仲介した企業から料金をとるのに対し、就活塾は就活生から利用料をとって運営されます。

就活塾にとっては就活生が一番のお客様であるため、就活エージェント以上に就活生に寄り添ったサービスを展開しているといえるでしょう。

就活エージェントと就活塾の違いについては、以下の記事で詳しく說明しています。

ぜひ、あわせてお読みください。

「就活エージェントはやめとけ」と言われる理由は?ビジネスモデルから解説!
「ネットでやめとけって言われているけれど本当なの?」 「頼るのがちょっと不安」 このように、就活エージェントに不安を抱えている人は多いのではないでしょうか。 この記事では、 就活エージェントがやめとけと言われる原因 ...

就活塾の選び方

就活塾を選ぶうえでもっとも重要なポイントは、個別指導かどうかです。

個別指導で手厚いサポートを受けられるほど、効率的に就活対策を進められるためです。

就活対策には、教科書通りの正解がありません。

もっとも効果的に進めるには、一人ひとりの状況や能力に応じて対策を考えていく必要があります。

一人の講師が複数人の就活生をまとめて見るタイプの就活塾では、どうしても個人に合わせた対策ができません。

一方、個別指導の就活塾なら、きめ細かいサポートができます。

どの就活塾を利用すべきか悩んでいる人は、まず個別指導かどうかをチェックするようにしてみましょう。

就活対策でいかに個別指導が大事かは、以下の記事でも解説しています。

お時間があれば、ぜひお読みください。

就活対策はマンツーマン指導がオススメな理由とオススメサービスを紹介
就活への意識の高まりから、就活生同士の競争は年々激しくなってきています。 トップ企業や有名企業を志望している場合は、よりいっそうレベルの高い競争を勝ち抜かなければなりません。 そのような環境のなかで、近年はマンツーマンによる就活...

オススメの就活塾

数ある就活塾のなかでもっともオススメできる就活塾は、Abuild就活です。

外資系銀行や外資コンサル、日系総合商社など、就活市場のなかでも非常に競争率の高い企業への内定が豊富にあります。

なかでも注目したいのが、そのサポート体制の手厚さです。

Abuild就活では、さまざまな業界の第一線で活躍するビジネスパーソンが講師を務め、就活生一人ひとりをマンツーマンで指導します。

カリキュラムも決まったものがあるわけではなく、就活生の志望や準備の進捗にあわせて講師が調整していきます。

Abuild就活の公式サイトでは、講師陣の経歴やOB・OGの声を見ることも可能です。

利用する前に指導のイメージをつかみやすくなるため、一度公式サイトをのぞいてみてください。

お気軽にお問い合わせください!

Abuild就活の詳細を見る

【まとめ】英語力以上の武器をもって商社の内定を勝ち取ろう!

商社に求められる英語力について紹介してきました。

商社から内定を得るために、英語力は必ず必要なわけではありません。

むしろ、その他のスキルが欠けていれば、どれだけ英語ができても内定をもらえるかは怪しいものです。

重要なのは、英語力以上に武器になるスキルや経験を身につけることです。

コミュニケーション能力やチャレンジ精神をアピールし、商社の内定を勝ち取りましょう。

一人で就活を進めていくことに自信をもてなければ、就活塾の利用がオススメです。

理想の社会人生活を歩むため、自分への投資は惜しまないようにしましょう。

お気軽にお問い合わせください!
Abuild就活の詳細を見る

トップ企業から内定をもらいたい君へ。

「自分が行きたい企業に本当に内定がもらえるか不安……」
「できればトップ企業からの内定が欲しい!」
「本当は商社に行きたいけど、どうしたらいけるかな?」

就活でよりハイクラス層の企業を志望するなら、どのように攻略するべきかをしっかり考える必要があります。

周りに就活で成功していて客観的なアドバイスをくれる人がいるなら、頼ってみてもいいかもしれません。

今の自分に合ったアドバイスが欲しい。就活を成功させる秘訣を知りたい、という人には、Abuild就活がおすすめです。

Abuild就活は、

【就活成功のフレームワーク】に基づいて、京大卒・外資系投資銀行出身のCEOが監修した独自カリキュラムです。

そんなAbuild就活だから、

  • 外資コンサル・5大商社・電博・メガバンクなどのトップ起業内定
  • 内定率98%
  • 通常の学歴では難しいとされる企業への逆転内定

を実現できてます。

今だけ、Abuild就活の全貌や就活成功のフレームワークを知っていただける「無料カウンセリング」を実施中です。

「無料カウンセリング」では、Abuild就活の説明はもちろんのこと、みなさんからの質問もお受けするので「本当に内定が取れるの?」みたいな際どい質問もどんどんしてください!!

「無料カウンセリング」は、数に限りがあります。

代表の新井が年収チャンネルに出演したこともあり、現在大変多くのお申し込みをいただいています。

そのため、少しでも「無料カウンセリング」にご興味のある方は、お早めのお申し込みをお待ちしております!

タイトルとURLをコピーしました