ホーム » 就活ノウハウ » 就活から逃げたい!もう就活をやりたくないと感じたときに取るべき対処法
a

就活から逃げたい!もう就活をやりたくないと感じたときに取るべき対処法

就活ノウハウ

【7日で就活対策完成!就活スタートセット無料配布中!】

  • 就活を始めたいけど、どうしたらいいかわからない
  • 就活取り組んでいるけど、つまづいている
  • 就活をするにあたり、ヒントが欲しい
という方はぜひ公式LINEを友だち追加して、就活スタートサポートセットを受け取ってください!

【完全無料】LINEを追加して、就活対策を始める



就活スタートセット

「就活から逃げたい」と感じていませんか?

就活では、業界・企業分析やES対策、面接対策など内定までの準備が多く、嫌になる人も少なくありません。

しかし、ネガティブになればなるほど就活が長引き、納得した形で就活を終えることが難しくなります。

そこで本記事では、就活から逃げたいと感じても、トップ企業から内定をもらうための方法を紹介します。

ぜひ就活の参考にしてください。

・就活から逃げたいと感じる根本原因は、理想の社会人像が明確になっていないこと
・就活から逃げたいと感じたら、就活を終わらせる期限を決めて自己分析を深めると良い
・トップ企業からの内定を勝ち取りたいなら、徹底的に事前対策をしよう

就活から逃げたいと感じる3つの理由

まずは、就活から逃げたいと感じる理由を3つ紹介します。

  • ES・面接対策が楽しくないから
  • エントリーした企業に全落ちし、自分には価値がないと思っているから
  • 理想の社会人像が明確になっていないから

それぞれ見ていきましょう。

ES・面接対策が楽しくないから

ESや面接対策が楽しくないと、就活から逃げたいと感じます。

そもそもESや面接などの質を高めないと内定はもらえず、就活が長引き、「就活=辛いもの」と考えるようになってしまうからです。

たとえば、就職後にやりたいこともなく、とりあえず就活をしている状態の人は、企業分析にも身が入らないため、ESや面接対策も楽しめないでしょう。

そのような状態では、エントリーした企業から内定がもらえずに就活から逃げたいと感じます。

エントリーした企業に全落ちし、自分には価値がないと思っているから

エントリーした企業に全落ちすると、就活から逃げたいと感じます。

なぜなら、エントリーした企業に全落ちすると自己肯定感が下がってしまい、落ち込むからです。

「自分の能力や性格が人事担当者から認められなかった」と考えてしまうかもしれませんが、全落ちするのには必ず原因があります。

企業はESや面接だけで、就活生の優劣はほとんど判断できません。

そのため、いかに事前対策を行ったかどうかで内定は決まるのです。

したがって、エントリー企業に全落ちするなら、事前準備を徹底すれば何も問題ありません。

理想の社会人像が明確になっていないから

理想の社会人像が明確になっていないと、就活から逃げたいと感じます。

なぜなら、就職に対して前向きになれないからです。

たとえば「後輩から慕われるカッコいい社会人になりたい」のような理想の姿がある人は、早く就職し、仕事でスキルを身に付けたいと考えるでしょう。

そのような人は働きたい企業もたくさん見つかり、各企業のことを徹底的に調べる熱意もあるはずです。

一方で、理想の社会人像がない人は「就職したくない」と思いながら就活をしなければならないので、就活に身が入りません。

そんな状態では、就活から逃げたいと感じて当然です。

 

Abuild就活 本紹介

就活から逃げたいと感じたときに使える3つの対処法

就活から逃げたいと感じたら、以下の対処法を試してください。

  • いつまでに就活を終わらせるか決める
  • 自己分析を深める
  • OB・OG訪問を繰り返し、自分が働くイメージを持つ

それぞれ説明します。

いつまでに就活を終わらせるか決める

就活から逃げたいと感じたときは、いつまでに就活を終わらせるか期限を明確にしましょう。

期限が決まらないとダラダラと準備をして、いつまでも苦しい就活が続くからです。

また、人は期限が決まっているとその期限内に終わらせようと行動するようになります。

そのため、まずはいつまでに終わらせるかを決めてその期限に向けて逆算して準備をすると良いでしょう。

自己分析を深める

就活から逃げたいと感じたら、自己分析を深めましょう。

なぜなら、内定をもらえない大きな原因の1つは自己分析不足だからです。

たとえば、自分の強みを理解していない人は面接の場で企業にうまくアピールができません。

人事担当者も目の前の就活生が自社で働くイメージが湧かないため、内定をあげることが難しくなるでしょう。

したがって、自己分析によって自分の価値観や強みを明確にしておくことをおすすめします。

明確にした価値観や強みとエントリー企業の理念や業務内容を結びつけて、自分をアピールすれば良いでしょう。

OB・OG訪問を繰り返し、自分が働くイメージを持つ

就活から逃げたいと思ったら、OB・OG訪問を繰り返すのもおすすめです。

エントリー企業で働いているOBに企業の実情を聞けば、自分が働いている姿をイメージしやすくなるからです。

たとえば、業務にはどんな能力が必要で、どんな人が活躍できているのかなどを細かく質問すれば、自分の適性や活躍するために何が必要かなど、具体的にやるべきことがイメージできるでしょう。

結果として面接でも自分をアピールしやすくなるため、内定に近づきます。

したがって、就活から逃げたいと感じたらOB・OG訪問を繰り返してください。

 

【注意】就活から逃げてしまうと確実に後悔します

就活から逃げてしまうと確実に後悔します。

なぜなら、妥協して選んだ企業に就職すると、市場価値を上げづらく、活躍できる社会人になることが難しいからです。

たとえば、逃げながら就活をした場合、やりがいをもって働けないため、仕事の成果も上がりづらく昇給や昇進も期待できないでしょう。

早期離職をしてしまう可能性もあります。

さらに、やりがいをもって働けないということは、自己成長にも繋がらず転職もうまくいかなくなります。

ファーストキャリアでどんな企業を選ぶかで、生涯年収に億単位の差がつくと言われているほどです。

したがって、就活から逃げると確実に後悔する未来が待っています。

後悔する未来を選びたくない方は、以下の行動を実践してみてください。

 

就活から逃げたい人が本気でトップ企業から内定をもらうためにおすすめな行動

就活から逃げたい人でもトップ企業から内定をもらうことは可能です。

本気でトップ企業からの内定をもらうには、就活塾を利用してください。

本項では、

  • 就活塾とは
  • 就活塾選びのポイント
  • オススメの就活塾

について解説します。

就活塾とは

就活塾とは、就活前・就活中の学生や若者に対して就職までの過程をサポートする有料サービスです。

講師によるクラス単位の授業もあれば、専属コーチが個別指導し、就活終了までサポートするサービスもあります。

就活塾は就職予備校とも呼ばれ、近年の厳しい就職環境の中で利用者も増えてきているのです。

就活エージェントとよく混同されがちですが、就活塾と就活エージェントには明確な違いがあります。

就活エージェントは内定の効率化が目的なので、人手不足の企業を中心に就活生を斡旋し、紹介料をもらうビジネスです。

一方で就活塾は、コーチングによるキャリアの最大化が目的になります。

つまり、成長意欲のある就活生に対してコーチングや就活対策を徹底的にサポートし、ファーストキャリアの質を高めるのが目的です。

以下のような学生には特に就活塾をおすすめします。

  • ESに自信ない
  • ガクチカがない
  • 1人で就活するのが辛い
  • やりたいことが見つからない

ただし、就活塾選びに失敗すると、納得のいかないファーストキャリアになってしまうだけでなく、就活塾の費用までも無駄になってしまうのです。

そこで、以下で就活塾選びのポイントを解説します。

就活塾選びのポイント

就活塾を選ぶ際は、以下のポイントを意識すると良いです。

  • 自分に合ったカリキュラムになっているか
  • サービスの価格は適正か
  • 内定保証は付いているか

何を重視するかは人によって違いますが、上記3つは意識しておいて損はないでしょう。

そもそも就活塾のカリキュラムが自分に合ったものかどうかは大前提です。

なぜなら、自分に合っていなければ効果が得られないので、支払うお金が無駄になってしまうからです。

クラス単位の授業を提供している就活塾なら、すべての生徒が同じカリキュラムを受けることになりますが、個別指導タイプの就活塾なら一人ひとりにあったカリキュラムを組んでくれるところも多いです。

たとえば、NINJAPAN株式会社の運営するAbuild就活は、生徒一人一人に合わせたオーダーメイドカリキュラムになっています。

また、サービスの価格が低すぎるものは、企業に就活生を斡旋して報酬を受け取る「就活エージェント」である可能性が高いです。

そのため、価格の安さで就活塾を決めるのではなく、サービスの内容と価格が釣り合っているかを見るようにすると良いでしょう。

そしてもう一つは内定保証です。

内定保証を付けているということは、それだけサービスに自信を持っていることの表れでもあります。

利用者側としても内定保証が付いていると万が一、成果が出なかったときに安心です。

オススメの就活塾

本記事でオススメしたい就活塾は、NINJAPAN株式会社の運営するAbuild就活です。

Abuild就活は、生徒一人ひとりに合ったオーダーメイドカリキュラムを提供しており、内定保証も付けているからです。

内定までのカリキュラムは決して楽ではありませんが、専属コーチが着実かつ効率的にやり切らせるマネジメントをしてくれるため、どんな生徒でも成長できる環境になっています。

Abuild就活は無料カウンセリングを提供しており、カウンセリングだけでも次の効果が期待できます。

  • 自分の進路がクリアになる
  • 就活のやる気が出る
  • 就活の戦略が立てられる
  • 内定のために今何をすればいいかがわかる

ぜひ一度、Abuild就活の無料カウンセリングにお越しください。

 

【まとめ】逃げずに就活準備を徹底すれば、内定は勝ち取れます!

今、就活から逃げたいと感じている人も安心してください。

逃げずに就活準備を徹底すれば、内定は必ず勝ち取れます。

そして、就活準備をAbuild就活が徹底的にサポートします。

  • 就活市場の理解
  • 自己分析
  • 企業分析
  • 面接対策
  • グループディスカッション対策
  • ES対策
  • ケース面接対策

など、外資系トップ企業レベルにも内定できる力をつけるためのカリキュラムを、専属コーチと一緒にこなしていきましょう。

周りの就活生に差をつけて、輝かしいファーストキャリアを選んでください。

お気軽にお問い合わせください!
Abuild就活の詳細を見る

トップ企業から内定をもらいたい君へ。

「自分が行きたい企業に本当に内定がもらえるか不安……」
「できればトップ企業からの内定が欲しい!」
「本当は商社に行きたいけど、どうしたらいけるかな?」

就活でよりハイクラス層の企業を志望するなら、どのように攻略するべきかをしっかり考える必要があります。

周りに就活で成功していて客観的なアドバイスをくれる人がいるなら、頼ってみてもいいかもしれません。

今の自分に合ったアドバイスが欲しい。就活を成功させる秘訣を知りたい、という人には、Abuild就活がおすすめです。

Abuild就活は、

【就活成功のフレームワーク】に基づいて、京大卒・外資系投資銀行出身のCEOが監修した独自カリキュラムです。

そんなAbuild就活だから、

  • 外資コンサル・5大商社・電博・メガバンクなどのトップ起業内定
  • 内定率98%
  • 通常の学歴では難しいとされる企業への逆転内定

を実現できてます。

今だけ、Abuild就活の全貌や就活成功のフレームワークを知っていただける「無料カウンセリング」を実施中です。

「無料カウンセリング」では、Abuild就活の説明はもちろんのこと、みなさんからの質問もお受けするので「本当に内定が取れるの?」みたいな際どい質問もどんどんしてください!!

「無料カウンセリング」は、数に限りがあります。

代表の新井が年収チャンネルに出演したこともあり、現在大変多くのお申し込みをいただいています。

そのため、少しでも「無料カウンセリング」にご興味のある方は、お早めのお申し込みをお待ちしております!

タイトルとURLをコピーしました