ホーム » コンサル » EYに新卒で入る難易度は?他BIG4との比較などとあわせて解説
a

EYに新卒で入る難易度は?他BIG4との比較などとあわせて解説

コンサル

【今なら、公式LINEを友だち追加すると、就活力診断テストを無料で受けられます!】

  • 自分の就活力がどのくらいか知りたい
  • 就活していく上での自分の課題を知りたい
  • 就活において、いま何をやるべきか知りたい
という方はぜひ公式LINEを友だち追加して、診断を受けてみてください!

【完全無料】LINEを追加して、就活力診断テストを受ける



コンサル業界でも就活生に人気の企業が、BIG4です。

コンサル業界を志望する就活生であれば、エントリーを考えていることでしょう。

どのような選考を行うのか、入社難易度はどれくらいなのか気になりますよね。

そこで今回は、EYに新卒で入社する難易度や選考内容を解説します。

BIG4との比較も行っているため、就活の参考にしてください。

・EYは他の大企業よりも採用人数が少ない
・過去の採用実績から判断するに、高学歴が求められる
・ケース面接やESに注力し、インターンへの参加も検討しよう

EYの概要

EYの概要EYは、主にコンサルティングを行う企業であり、日本での正式名称を「EYストラテジー・アンド・コンサルティング株式会社」と言います。

もともとはアメリカで設立され、2020年より日本での業務を始めました。

  • コンサルティング
  • ストラテジーアンドトランザクション
  • アシュアランス
  • 税務

の4つを主な業務としています。

そのなかでも、日本のEYは

  • コンサルティング
  • ストラテジーアンドトランザクションライン

の役割を果たしています。

また、EYの会社概要は、次のとおりです。

企業名 EYストラテジー・アンド・コンサルティング株式会社
従業員数 約2,600人(2021年4月現在)
所在地 東京都千代田区有楽町1-1-2
東京ミッドタウン日比谷 日比谷三井タワー
公式サイト https://www.executive-link.co.jp/

他のBIG4と比べると組織的であり、チームワークを重視する社風とされています。

OB・OGの口コミによると、経営陣が一新され、社内体制の変化もあった様子です。

また、成長機会が十分に与えられる企業との評価もされています。

【結論】EYに新卒で入社する難易度は「ものすごく」高い

EYに新卒で入社する難易度は「ものすごく」高い<就活生が気になる内容は、EYに新卒入社する難易度はどうなのか?ということでしょう。

結論からお伝えすると、EYに新卒で入社する難易度は「ものすごく」高いと言えます。

ここからは、EYに新卒入社する難易度がものすごく高い理由に関して、紹介していきます。

 

他の大企業より少ない採用人数

EYの入社難易度が高い理由のひとつが、他の大企業よりも採用人数が少ないことです。

まず、EYの採用実績を見てみると、次のとおりです。

2021年 112名
2020年 58名
2019年 104名

年度にもよりますが、50名から100名を目安に採用を行っています。

一方で、

  • 金融業界で有名な三井住友銀行の採用員数は531名
  • IT業界の大企業である富士通は750名

です。

同じコンサルであるアクセンチュアも300名以上の採用を予定しており、他の大企業と比べるとEYの採用人数は少ないと言えるでしょう。

 

第二新卒を狙うのも手

EYへ入社したい場合、第二新卒で入社する選択肢も考えると良いでしょう。

第二新卒は新卒と比べて、求職者が少ない傾向にあるためです。

第二新卒は一般的に、

  • 学校卒業後3年以内
  • 新卒で就職し、3年未満に転職した人物

とされています。

ただし、企業によって第二新卒の定義は異なる場合もあるため、注意してください。

第二新卒が評価される理由は、若くして社会人経験をもつためです。

新卒とあまり年齢が変わらないにもかかわらず、社会人としてのベースがあることは強みと言えるでしょう。

企業は人材を育てようとする一方で、即戦力が欲しいとも考えています。

第二新卒の人材は、会社への忠誠心が高くなる傾向にあるため、将来的に幹部候補となる可能性もあることから、どの会社も欲しがっているのです。

そのため、EYで新卒入社が難しいと考える場合は、第二新卒での入社も選択肢に入れてみましょう。

EYの新卒入社は基本的に学歴が必要

EYの新卒入社は基本的に学歴が必要就活時に気になるのが、学歴フィルターです。自分の学歴で問題ないのか、気になる方も多いことでしょう。

過去の採用実績から判断すると、ある程度の学歴が求められると言えます。

ここでは、EYに新卒入社する際、求められる学歴に関して解説します。

 

EYの採用実績がある大学

EYの採用実績から、必要な学歴を見てみましょう。マイナビによると、過去のEYの採用実績は次のとおりです。

<大学院>
京都大学、東京大学、北海道大学、東北大学、名古屋大学、大阪大学、九州大学、一橋大学、早稲田大学、慶應義塾大学、横浜国立大学、筑波大学、千葉大学、神戸大学
<大学>
東京大学、京都大学、北海道大学、東北大学、名古屋大学、大阪大学、九州大学、一橋大学、横浜国立大学、筑波大学、千葉大学、早稲田大学、慶應義塾大学

採用実績には、トップクラスの国公立や旧帝大、早慶、関関同立、MARCHなどが並んでいます。

すべてを公表しているとは限りませんが、相応の学歴は求められると言えるでしょう。

これらを見るに、ライバルたちは高学歴になることが予想されるため、自身の学歴も求められる可能性は知っておきましょう。

 

学歴があっても落ちるのが普通

EYの場合、学歴があっても落ちてしまうのが普通です。

大手企業の採用人数が数百人を超えることを考えると、50~100人前後のEYは、倍率が高いためです。

応募者の全体人数は公表されていませんが、有名企業であることを考えると、応募人数は多いことでしょう。

また、採用実績からわかるように、高学歴の就活生が集まる企業です。

学歴が高いからといって内定をもらえるわけではなく、EYに即した面接対策が必要になるでしょう。

他とくらべてわかるEYの入社難易度

他とくらべてわかるEYの入社難易度

EYの入社難易度を、他の企業と比較してみましょう。BIG4や、有名な総合商社と比較するため、参考にしてください。

 

BIG4の他のファーム

まずはBIG4とEYを比較してみましょう。過去の採用予定人数と採用実績は次のとおりです。

企業名 採用予定 実績
デロイトトーマツコンサルティング(DTC) 非公表 男8人,女1人(2021年)
PwC 非公表 男93人,女83人(2021年)
KPMG 50-60人 男18人,女8人(2021年)
EY 101-200人 男69人,女43人(2021年)

BIG4のなかでは、EYの採用人数は多い方だといえます。

しかし、年度によって変わるため、安心はできません。

EYの場合、2020年度の採用人数は58名でした。

そのため、例年よりも50人ほど採用人数が少なくなっており、倍率が上がる可能性も考えておきましょう。

 

総合商社

続いて、EYと総合商社の入社難易度を、比較してみましょう。

総合商社の代名詞である五大商社。

  • 三菱商事
  • 三井物産
  • 伊藤忠商事
  • 丸紅
  • 住友商事

の採用人数は、100~150人程度です。

また、倍率に関しては、最も低いとされている三菱商事で40倍程度。

最も高いとされている伊藤忠商事で80倍程度と言われています。

EYの場合、採用人数は、5大商社と同じ程度の100~150人程度です。

しかし、採用人数が60人を切る年もあることを考えると、五大商社よりも倍率が高くなる可能性があります。

このことから、EYの入社難易度は総合商社と同程度、もしくは少し高くなると考えられます。

EYの新卒選考対策

EYの新卒選考対策EY入社に向けて、新卒の選考対策を実施しましょう。EYの新卒選考は、次のような手順で進んでいきます。

  1. ES(エントリーシート)提出
  2. 本選考エントリー
  3. Webテスト
  4. GDおよび面接(複数回)
  5. 内定

また、インターンの参加有無により、一部選考が省略される可能性もあります。

 

ES

内定を得るためにまず大事なのが、ESです。

ESが通らなければ、面接を受けることすらできないためです。

また、ES通過後も、面接時の資料に利用されるケースもあります。

そのため、ESの内容次第によって、あなたの選考に良い影響を与えるかが決まってくるでしょう。

ESを書く際に重要な項目が、

  • 自己PR
  • 志望動機

です。

この2つは、特に力を入れて記載しましょう。

まず、自己PRに関しては、あなたがどのような経験や強みを持っていて、業務にどのように活かせるかが重要です。

EYの掲げる業務内容や理念と照らし合わせて、あなたの強みをどのように活かせるかをアピールしましょう。

印象に残る自己PRを書くためには、過去を振り返り、自分ならではのアピールを作り出すことが求められます。

また、企業研究も十分に行い、EYがどのような人材を求めているのかを考えたうえで、自己PRを作成しましょう。

企業研究が十分に行えれば、志望動機に活かすこともできます。

コンサル業は形に残るサービスではなく、企業分析に力を入れなければ、企業ごとの違いが見えにくい傾向にあるためです。

なぜEYを志望するのかが伝わらなければ、「他のコンサル会社ではなく、なぜEYなのか」と質問を受けてしまうでしょう。

そのため、ESを書く際は、他の就活生と差別化できるように、自己PRと志望動機に力を入れてみましょう。

ESの詳しい対策を知りたい人は、次の記事も参考にしてください。

【内定者のES公開】新卒でコンサル業界に好まれる自己PRとは

【新卒向け】コンサル業界の志望動機を書くポイント

 

ケース面接

コンサル会社ならではの面接として、ケース面接があります。

ケース面接とは、面接時に課題が示され、その場で考え、回答する面接のことです。

コンサル業に必要な問題解決能力や、論理的思考能力を確認する目的で行われます。

EYの場合では、ケース面接で「フェルミ推定」の問題が出される傾向にあります。

フェルミ推定とは、測定や計測が難しい事象に対して、論理的に仮説をたてることで推定する方法を指します。

フェルミ推定は、いきなり対応できるものではなく、あらかじめパターンを予測して対策を行うことが重要です。

コンサル業では必須の考え方になるため、対策しておきましょう。

ケース面接については、こちらの記事で詳しく紹介しています。

EYの面接対策を行うためにも、ぜひ読んでみてください。

新卒向け!コンサルの面接対策を徹底解説!質問例付き

 

インターン

EYに入社したい場合は、インターンにも参加しておきましょう。

インターン参加者は一部選考を免除されたり、採用担当者の印象に残る可能性があるためです。

EYのインターンに参加するためには、次のような選考フローがあります。

  1. ES選考
  2. 適性検査
  3. 面接
  4. インターン参加

EYのインターンは、2021年度では4日間に渡って実施されています。

「EYのグローバルメソトロジーを用いたコンサルティングスキルの習得と実践を含む4日間の採用直結型プログラムです」

と示されているように、採用にも影響があるため、しっかりと準備をして望みましょう。

 

徹底した自己分析

ESや面接、インターンを成功させるためには、徹底した自己分析が不可欠です。

自己分析がなければ、就活を成功させることは難しいと言えるでしょう。自己分析とは、次のような内容に対し、自ら考えて答えを出すことです。

  • 自分の特徴はなにか
  • 自分のもっともアピールできる部分はどこか
  • 自分が培ってきた経験や学んできたことはなにか
  • なぜコンサル会社で働きたいのか
  • なぜEYを志望するのか

これらの内容は、ESでも、面接でも必ず聞かれる内容です。

自己分析の頑張り次第で、あなたの未来が変わると考えても過言ではありません。しかし、自己分析ができている就活生は少ないといえます。

なぜなら、自分のことを自分で分析するのは、難しいからです。就活のために振り返ろうとしても、うまくいかないケースがほとんどでしょう。

そこで活用したいのが、就活塾です。

就活塾のAbuildであれば、学生1人に対し、コーチが1人つきます。

あなたがどのような経験をし、どのような強みをもっており、これからどうしていきたいのか、これらを引き出す助けになるでしょう。

自己分析は1人では難しく、第三者から客観的な意見をもらうことが有効です。

自己分析が進んでいない、EYの内定に向かってサポートが欲しいと考えるあなたは、Abuildを利用してみてください。

 

【まとめ】事前準備を徹底して、EYの内定を勝ち取ろう!

今回は、コンサルBIG4の一角、「EYストラテジー・アンド・コンサルティング株式会社」の新卒入社難易度に関して解説しました。

BIG4のなかでも倍率が高く、学歴も求められると言えるでしょう。

EYの内定を勝ち取るためには、事前の準備が必須です。

ESや面接対策はもちろん、インターンへの参加も検討してみましょう。

また、就活の成功を支えるのは、徹底的な自己分析です。

自分ひとりでは難しい、正直不安に感じる、そんなあなたは就活塾の利用も検討してみましょう。

新卒入社は、一生に一度のイベントです。後悔しない就活を送ってくださいね。

トップ企業から内定をもらいたい君へ。

「自分が行きたい企業に本当に内定がもらえるか不安……」
「できればトップ企業からの内定が欲しい!」
「本当は商社に行きたいけど、どうしたらいけるかな?」

就活でよりハイクラス層の企業を志望するなら、どのように攻略するべきかをしっかり考える必要があります。

周りに就活で成功していて客観的なアドバイスをくれる人がいるなら、頼ってみてもいいかもしれません。

今の自分に合ったアドバイスが欲しい。就活を成功させる秘訣を知りたい、という人には、Abuild就活がおすすめです。

Abuild就活は、

【就活成功のフレームワーク】に基づいて、京大卒・外資系投資銀行出身のCEOが監修した独自カリキュラムです。

そんなAbuild就活だから、

  • 外資コンサル・5大商社・電博・メガバンクなどのトップ起業内定
  • 内定率98%
  • 通常の学歴では難しいとされる企業への逆転内定

を実現できてます。

今だけ、Abuild就活の全貌や就活成功のフレームワークを知っていただける「無料カウンセリング」を実施中です。

「無料カウンセリング」では、Abuild就活の説明はもちろんのこと、みなさんからの質問もお受けするので「本当に内定が取れるの?」みたいな際どい質問もどんどんしてください!!

「無料カウンセリング」は、数に限りがあります。

代表の新井が年収チャンネルに出演したこともあり、現在大変多くのお申し込みをいただいています。

そのため、少しでも「無料カウンセリング」にご興味のある方は、お早めのお申し込みをお待ちしております!

タイトルとURLをコピーしました