ホーム » コンサル » Fラン就活生でもコンサル業界に就職可能?内定をもらうために必要なこと
a

Fラン就活生でもコンサル業界に就職可能?内定をもらうために必要なこと

Fラン就活生でもコンサル業界に就職可能?内定をもらうために必要なこと コンサル

【今なら、公式LINEを友だち追加すると、就活力診断テストを無料で受けられます!】

  • 自分の就活力がどのくらいか知りたい
  • 就活していく上での自分の課題を知りたい
  • 就活において、いま何をやるべきか知りたい
という方はぜひ公式LINEを友だち追加して、診断を受けてみてください!

【完全無料】LINEを追加して、就活力診断テストを受ける



近年、就活生の間で圧倒的な人気を誇っているのが「コンサルティングファーム」です。

コンサル業界は倍率が高いうえに求められるスキルも多いため、内定をもらうのは簡単ではありません。

また、高学歴の人も多く、学歴がない人が入りたいと思ったとしても、入れるか不安になることでしょう。

そこで本記事では、コンサル業界に必要な能力や、Fラン就活生がコンサル業界に内定をもらうコツなどを紹介します。

ぜひ就職活動の参考にしてみてください。

 

コンサル業界の仕事

>就活塾にいつから入るべきか?考え方のポイント2つ
コンサルタントの主な仕事内容は、クライアントである企業や行政、公共機関のトップ層が抱えている悩みを解決することです。

実際にクライアントからヒアリングを行い、売上をアップさせるための経営戦略を立案したり、コストパフォーマンス向上の業務工程の提案をしたりします。

クライアントの悩みは、属している業界や世界情勢・企業規模によっても異なり、その悩みの数だけコンサル企業は必要とされています。たとえば、コンサル企業の種類は次の5つがあります。

  • 経営系コンサル
  • 財務系コンサル
  • 人事系コンサル
  • 業務改善コンサル
  • IT系コンサル

1つずつ解説します。

 

経営系コンサル

経営系コンサル企業は、主に経営戦略に特化してコンサルティングを行います。

経営系コンサルのクライアントは、大企業や外資系の顧客をメインに抱え、そのほとんどが世界規模で事業を展開しています。

海外の豊富な経営知識を有している経営系コンサルは、こうした大企業や外資系のクライアントにも適切なアドバイスが可能です。

たとえば、経営系コンサルには以下のような企業があります。

  • マッキンゼー・アンド・カンパニー
  • ボストンコンサルティンググループ
  • A.T.カーニー
  • べイン・アンド・カンパニー
  • ドリームインキュベータ

 

財務系コンサル

財務系コンサル企業は、主に財務に特化してコンサルティングを行います。

財務系コンサルの業務内容は、会計管理や税務のアドバイスのほか、M&A(企業の合併・買収)にまつわる経営戦略の立案から契約締結に至るまでさまざまです。

財務コンサルには以下のような企業があります。

  • プライスウォーターハウスクーパース
  • デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー
  • KPMG FAS
  • EYTAS
  • PwCアドバイザリー

 

人事系コンサル

人事系コンサル企業は、人や組織に特化してコンサルティングを行います。

具体的には、人事戦略や組織内の情報統制設計、組織変革、意識行動変革などに対応しており、生産性の高い組織づくりに貢献しています。

たとえば、人事系コンサルには以下のような企業があります。

  • マーサージャパン
  • リクルートマネジメントソリューションズ
  • リンクアンドモチベーション
  • クレイア・コンサルティング
  • トーマツイノベーション

 

業務改善コンサル

業務改善系コンサル企業は、業務の効率化・最適化に特化してコンサルティングを行います。

業務改善系コンサルの中には、それぞれの業界に特化したコンサル企業や各専門分野に特化したコンサル企業などがあります。

具体的には、製造業に特化した企業やリスクマネジメントの分野に特化した企業などさまざまな専門家集団がコンサルティングを請け負っているのです。

業務改善系コンサルの例として、以下の企業があります。

  • フィールドマネージメント
  • ZSアソシエイツ
  • シンプレクス
  • IGPIものづくり戦略カンパニー
  • カート・サーモン

 

IT系コンサル

IT系コンサル企業は、ITに特化してコンサルティングを行います。

IT系コンサルの業務内容は、IT戦略の立案・実行やシステム構想、システムの導入などを実施します。IT系コンサル企業の業務は、ITだけで完結しない場合が多く存在します。

そのため、事業戦略や人事などほかの部署も含めた組織全体のコンサルティングを行うケースも多いです。IT系コンサル企業には次のような企業があります。

  • IBMコンサルティング
  • 日本オラクル
  • SAPジャパン
  • ワークスアプリケーションズ
  • 日立コンサルティング

 

コンサル業界に向いている人


コンサル業界に向いている人は、人間関係構築力が高く、論理的かつ本質的な視点で物事を捉えられる人です。

クライアントの悩みを解決するためには、クライアントと良好な人間関係を築き、最も費用対効果の高い解決策を提案しなければなりません。

ここでは、コンサル業界が向いている人の特徴を具体的に解説します。

 

円滑な人間関係を築ける人

コンサルティングを行う上で、クライアントと円滑な人間関係を築くことは大前提です。

クライアントの悩みをヒアリングする際、相手との関係が良好であるほど悩みを多く聞き出すことができ、柔軟な提案が可能になるからです。

円滑な人間関係を築くために、声のトーンや表情、適度な雑談を行うと良いでしょう。

 

論理的思考力がある人

コンサルの仕事を行ううえで、論理的思考力は欠かせません。

コンサルタントは、クライアント企業の課題を分析し、適切な解決策を提案しなければならないからです。

論理的思考力がないと、課題をヒアリングしても、どこに問題があるか特定することができません。

 

課題を発見する力が高い人

課題を発見する力が高い人も、コンサル業界に向いています。

何が原因で問題が生じているのかを発見できる力は、コンサルティングをする上での要となるポイントです。

この課題を見極める力は、クライアントが抱えている課題のスピーディーな解決に繋がります。

 

Fラン就活生がコンサル業界に就職する方法


Fラン就活生の、コンサル業界への就職率は高くありません。

Fラン就活生に限らず、高学歴の就活生でも内定率が低い業界なのです。

そこで、Fラン就活生のコンサル業界での内定率を上げる方法を具体的に解説します。

 

大手コンサル企業にこだわらない

Fラン就活生がコンサル業界に就職するためには、大手コンサル企業へのこだわりを捨てることです。

大手コンサル企業を受けるとなると、東京大学や慶應義塾大学など高学歴の就活生と競わなければなりません。

そのため、Fラン就活生がコンサル企業に就職するためには、大手コンサル企業にこだわらない選択も重要になるのです。

 

ファーストキャリアではなく、セカンドキャリアでコンサル業界に転職する

コンサル企業へ転職する選択も良いでしょう。

一度ほかの業界で実務経験を積むと、コンサルタントに必要な専門性が身につくため、コンサル企業へ就職しやすくなるのです。

たとえば、一度システムエンジニアの職につき実務経験を積めば、ITコンサル企業に就職しやすくなるでしょう。

ファーストキャリアでのコンサル就職にこだわらず、転職する選択肢も視野に入れてみてください。

 

Fラン就活生が大手企業に内定をもらうコツ


大手企業は、研修プログラムが充実していたり、大きなプロジェクトに携われたりと、社会人としての経験値を多く積むことができます。

コンサル業界に限らず、Fラン就活生が大手企業に内定をもらうには一体どのような点を意識すれば良いのでしょうか。

ここでは、大手企業に内定をもらうためのコツを3つ解説します。

 

早めに就活を始める

大手企業に就職したければ、早い時期から就職活動を始めましょう。

就活では、情報量やチャレンジの数を増やすほど内定率を上げられるため、大手企業にも就職しやすくなるのです。

たとえば、3社しか受けない学生と10社受ける学生では、エントリーシートや面接の質は変わるでしょう。

企業分析や自己分析・面接対策・企業訪問・インターン参加などできるだけ早いうちから取り掛かり、多くの情報を得られるようにしましょう。

 

大手の子会社を狙う

グループ会社の子会社を狙う戦略も良いでしょう。

子会社でも十分な経験を積むことができるうえ、成果を出すことで親会社から引き抜かれるケースもあります。

また、大手の子会社で実務経験を積むことで、親会社や別の大企業への転職も可能になるでしょう。

 

のちに大企業になるであろうITベンチャーを狙う

Fラン就活生が大手企業に内定をもらうために、あえてITベンチャーを狙う戦略も有効です。

ITベンチャーは比較的大きなビジョンを掲げている傾向にあり、うまくいけば企業の規模も大きくなります。

また、大企業に比べると社長や役員など経営陣との距離が近く、経営視点が身についたり、裁量を持って働くことで大きな成長につながったりします。

大企業で働くために、ベンチャー企業を狙うのも良いでしょう。

 

Fラン就活生でもコンサルに行ける道はある!正しい対策をして就活に臨もう。


本記事では、Fラン就活生がコンサル企業に内定をもらうために必要なことを解説しました。

高学歴の就活生にも人気が高いコンサル業界は、倍率も高く、内定をもらうことも容易ではありません。

しかし、入念な準備や転職などの戦略を取ることでFラン就活生でも就職できるチャンスは十分にあります。

本記事の内容を、ぜひ就職活動に活かしてみてください。

トップ企業から内定をもらいたい君へ。

「自分が行きたい企業に本当に内定がもらえるか不安……」
「できればトップ企業からの内定が欲しい!」
「本当は商社に行きたいけど、どうしたらいけるかな?」

就活でよりハイクラス層の企業を志望するなら、どのように攻略するべきかをしっかり考える必要があります。

周りに就活で成功していて客観的なアドバイスをくれる人がいるなら、頼ってみてもいいかもしれません。

今の自分に合ったアドバイスが欲しい。就活を成功させる秘訣を知りたい、という人には、Abuild就活がおすすめです。

Abuild就活は、

【就活成功のフレームワーク】に基づいて、京大卒・外資系投資銀行出身のCEOが監修した独自カリキュラムです。

そんなAbuild就活だから、

  • 外資コンサル・5大商社・電博・メガバンクなどのトップ起業内定
  • 内定率98%
  • 通常の学歴では難しいとされる企業への逆転内定

を実現できてます。

今だけ、Abuild就活の全貌や就活成功のフレームワークを知っていただける「無料カウンセリング」を実施中です。

「無料カウンセリング」では、Abuild就活の説明はもちろんのこと、みなさんからの質問もお受けするので「本当に内定が取れるの?」みたいな際どい質問もどんどんしてください!!

「無料カウンセリング」は、数に限りがあります。

代表の新井が年収チャンネルに出演したこともあり、現在大変多くのお申し込みをいただいています。

そのため、少しでも「無料カウンセリング」にご興味のある方は、お早めのお申し込みをお待ちしております!

タイトルとURLをコピーしました