ホーム » 就活ノウハウ » 9月卒業(秋卒業)は就活で不利?ポイントやスケジュールを解説!
a

9月卒業(秋卒業)は就活で不利?ポイントやスケジュールを解説!

就活ノウハウ

【7日で就活対策完成!就活スタートセット無料配布中!】

  • 就活を始めたいけど、どうしたらいいかわからない
  • 就活取り組んでいるけど、つまづいている
  • 就活をするにあたり、ヒントが欲しい
という方はぜひ公式LINEを友だち追加して、就活スタートサポートセットを受け取ってください!

【完全無料】LINEを追加して、就活対策を始める



就活スタートセット

日本の就活は、3月卒業・4月入社が前提とされています。

しかし、就活生の中にはさまざまな事情で秋頃に卒業する学生もいます。

秋卒業の学生が、就活で不利になることはあるのでしょうか。

この記事では、秋卒業の学生をめぐる就活の状況や、押さえておきたいポイントなどを紹介します。

ぜひ、最後までお読みください。

・9月卒業(秋卒業)は、就活で不利にはならない
・秋卒業になる理由を明確にしたり、事前に募集要項を読んだりするのが大事
・スカウト型就活サービスや就活塾を上手に利用しよう

9月卒業(秋卒業)は就活で不利?

大前提として、9月卒業(秋卒業)だからといって就活で不利になることはありません。

秋卒業である理由を説明した上で選考に参加すれば問題ないでしょう。

ただ、秋卒業をする理由によっては、面接でつっこまれる可能性もあるため、事前に対応を考えておく必要があります。

また、企業によっては選考自体で秋卒業の就活生を想定していない可能性があります。

志望先を事前によく調べておくことが重要です。

秋卒業が就活で不利になることは基本的にありませんが、その特性や注意点を把握しておかないとトラブルがおきかねません。

秋卒業の就活について、詳しくご紹介していきます。

Abuild就活 本紹介

9月卒業(秋卒業)になる理由

9月卒業(秋卒業)がどのように就活に影響するかは、理由によって異なります。

秋卒業になる主な理由は、次の3つです。

  1. 留学した
  2. 単位が足りなかった
  3. 大学院を卒業した

一つずつ、見ていきましょう。

留学した

留学した場合、秋卒業になる可能性が高いです。

日本で一般的な4月入学3月卒業というスケジュールは、海外では一般的ではありません。

海外で一般的なのは秋入学・秋卒業で、日本とずれています。

このため、大学のカリキュラム上卒業もずれ込むこともあれば、そもそも単位取得数の関係でずれ込む場合もあります。

単位が足りなかった

単位が足りない場合も、秋卒業になる可能性があります。

いわゆる、「留年」です。

大学の制度によって異なりますが、足りない単位を半期で取得しきれれば、秋に卒業できる大学があります。

この場合、秋卒業で就活に臨むことになります。

大学院を卒業した

大学院を卒業して就活する場合も、秋卒業になることがあります。

大学院は必要な単位数が専門によって大きく異なるため、まじめに勉強していても秋卒業になる可能性があります。

また、博士課程まで進む場合、卒業の鍵になるのは論文です。

単位はもちろん、学位取得に必要な水準の論文を書き上げるために時間がかかり、秋卒業になるパターンもあります。

9月卒業(秋卒業)の入社・就活スケジュール

9月卒業(秋卒業)の場合、入社や就活スケジュールはどうなるのでしょうか。

次の3つのパターンについて、見ていきます。

  • 4月入社の企業の場合
  • 10月入社の企業の場合
  • 通年採用の企業の場合

それぞれの時期について、解説していきます。

4月入社の企業の場合

4月入社の企業の選考に参加する場合、就活のスケジュールは一般的なスケジュールと同じです。

大学3年の夏や冬にインターンがあり、企業によっては早期選考が行われます。

大学3年3月には公式の説明会やセミナーが解禁、大学4年6月には本選考がスタートです。

内定後の対応は、企業によって異なります。

丸一年間待って、一個下の世代と入社させる企業もあれば、半年間はインターン生という形で学業と両立させ、秋卒業を待って10月に入社することもあります。

企業によって対応が異なるため、事前に募集要項を読んだり、採用担当者に問い合わせたりしておくようにしましょう。

10月入社の企業の場合

絶対数は少ないですが、10月入社の企業もあります。

選考枠を別に確保している企業もあり、やはり企業によって対応は違います。

10月入社の選考自体は、通常の選考よりも遅い日程です。

大学4年の夏から秋頃に選考を行う企業が多いようです。

受ける企業の選考日程を事前にチェックして、早めに準備に取り掛かりましょう。

通年採用の企業の場合

通年採用の企業の場合は、さらに柔軟です。

選考にも入社日にも明確な決まりがないため、ケースバイケースとなります。

選考に参加する際、採用担当者と事前に入社時期などについて話し合っておきましょう。

9月卒業(秋卒業)が就活を始めるタイミングは?

9月卒業(秋卒業)の学生が就活を始めるべきタイミングは、ずばり大学3年生の春です。

近年の就活では、大学3年の夏に行われる長期インターンが、早期選考の役割を果たすようになっています。

人気がある企業のインターンには、参加するための選考がある場合があります。

ESや面接などが課される可能性もあり、夏前までには一定水準以上の用意をしておく必要があるでしょう。

そのためにも、大学3年の春には就活準備に着手しておくようにしましょう。

9月卒業(秋卒業)の就活のポイント3選

9月卒業(秋卒業)で就活をする場合、押さえておきたいポイントは次の3つです。

  1. 秋卒業の理由を明確にする
  2. 志望先の募集要項をよくチェックする
  3. 準備はできるだけ早めに行う

一つずつ、見ていきましょう。

秋卒業の理由を明確にする

なぜ秋卒業になるのか、ESや面接といった説明が求められる場に備え、理由を明確に答えられるようにしておきましょう。

仮に留年が原因だからといって、隠したり、うそをついたりすることは逆効果です。

理由を明確に伝えることで、余計な疑問や不信感を抱かせず、あなたの人間性を見てもらえるようにしましょう。

志望先の募集要項をよくチェックする

志望先の募集要項のチェックも重要です。

秋卒業の就活生の扱いは、企業によって大きな差があります。

せっかく内定をもらった後に、「実は秋卒業は受けちゃいけなかった」なんてことがわかったら目も当てられません。

事前に企業の募集要項をよく読んでおくようにしましょう。

募集要項に秋卒業に関する記述がなかった場合は、窓口に問い合わせるようにしましょう。

準備はできるだけ早めに行う

秋卒業でも、就活準備はできるだけ早めに行いましょう。

秋卒業の就活も、基本的には春卒業の就活に近いスケジュールで動きます。

ポイントとなるのは、大学3年の夏です。

大学3年の夏までに、自己分析やES添削といった準備を一通り終わらせておくのがベストです。

自分が準備に使える時間などを考えた上で、できるだけ早い時期から準備に取り掛かりましょう。

「9月卒業(秋卒業)の就活が不安!」という人にオススメの対策3選

他の人と条件が違う中での就活は不安を感じるものです。

もし9月卒業(秋卒業)の就活が不安でたまらない人は、次の3つの対策を試してみてください。

  1. スカウト型就活サービスを利用する
  2. オンラインコミュニティに参加する
  3. 就活塾を利用する

それぞれ、詳しく見ていきましょう。

スカウト型就活サービスを利用する

企業側から就活生に声をかけてくる、スカウト型就活サービスを利用してみましょう。

従来の就活は、就活生が志望している企業の選考に参加する形式をとっていました。

スカウト型就活サービスは、就活生が経歴や自己PRをサイトに登録をし、その情報を見た企業が就活生に選考への参加の案内を出す新しい形の就活サービスです。

主なスカウト型就活サービスは、以下の通りです。

  • OfferBox
  • キミスカ
  • dodaキャンパス
  • iroots

オンラインコミュニティに参加する

SNSや就活情報サイトなどのオンラインコミュニティに参加しましょう。

日本では、まだまだ春卒業・春入社の文化が根強く、ほとんどの学生がそのスケジュールに合わせて就活をしています。

秋卒業の学生は少数で、周りに自分と同じ境遇の学生がいるのはレアケースでしょう。

悩みや情報を共有するためにも、オンラインコミュニティに参加しておくのがオススメです。

就活塾を利用する

就活塾の利用も、秋卒業の就活生にとってはオススメです。

就活塾は、就活のノウハウを教える予備校的なサービスのこと。

就活塾によっては、個別指導型のサービスを提供しており、一人ひとりの状況や進捗状況にあわせた指導をしてくれます。

他の就活生と条件が違う秋卒業の就活生こそ、個別指導型の就活塾を利用すべきです。

自分一人では集めにくい情報を集めたり、事前に計画を立てたりして、秋卒業の就活を上手にすすめていきましょう。

【まとめ】9月卒業(秋卒業)の就活は不利じゃない!ポイントを押さえて対策しよう!

そもそものコンサルティングファームの種類を知ろう

9月卒業(秋卒業)の就活について解説してきました。

一般的な卒業時期よりも遅れて卒業するとはいえ、決して就活に不利に働くわけではありません。

しかし、企業が秋卒業の学生に対応しているかどうか、どのような企業の選考に参加するかによって、状況はかなり変わります。

秋卒業の就活の押さえるべきポイントをチェックして、上手に就活を進めていきましょう。

お気軽にお問い合わせください!
Abuild就活の詳細を見る

トップ企業から内定をもらいたい君へ。

「自分が行きたい企業に本当に内定がもらえるか不安……」
「できればトップ企業からの内定が欲しい!」
「本当は商社に行きたいけど、どうしたらいけるかな?」

就活でよりハイクラス層の企業を志望するなら、どのように攻略するべきかをしっかり考える必要があります。

周りに就活で成功していて客観的なアドバイスをくれる人がいるなら、頼ってみてもいいかもしれません。

今の自分に合ったアドバイスが欲しい。就活を成功させる秘訣を知りたい、という人には、Abuild就活がおすすめです。

Abuild就活は、

【就活成功のフレームワーク】に基づいて、京大卒・外資系投資銀行出身のCEOが監修した独自カリキュラムです。

そんなAbuild就活だから、

  • 外資コンサル・5大商社・電博・メガバンクなどのトップ起業内定
  • 内定率98%
  • 通常の学歴では難しいとされる企業への逆転内定

を実現できてます。

今だけ、Abuild就活の全貌や就活成功のフレームワークを知っていただける「無料カウンセリング」を実施中です。

「無料カウンセリング」では、Abuild就活の説明はもちろんのこと、みなさんからの質問もお受けするので「本当に内定が取れるの?」みたいな際どい質問もどんどんしてください!!

「無料カウンセリング」は、数に限りがあります。

代表の新井が年収チャンネルに出演したこともあり、現在大変多くのお申し込みをいただいています。

そのため、少しでも「無料カウンセリング」にご興味のある方は、お早めのお申し込みをお待ちしております!

タイトルとURLをコピーしました