ホーム » 就活ノウハウ » 【真実】就活であっさり内定をもらうことはできるのか?
a

【真実】就活であっさり内定をもらうことはできるのか?

就活ノウハウ

【7日で就活対策完成!就活スタートセット無料配布中!】

  • 就活を始めたいけど、どうしたらいいかわからない
  • 就活取り組んでいるけど、つまづいている
  • 就活をするにあたり、ヒントが欲しい
という方はぜひ公式LINEを友だち追加して、就活スタートサポートセットを受け取ってください!

【完全無料】LINEを追加して、就活対策を始める



就活スタートセット

就活が始まる前は、誰しも少なからず不安を感じるものです。

本当に、内定をもらうことができるのだろうか・・・

できることなら、なるべく苦労をせずにあっさり内定をもらいたいもの。

しかし、はたしてそんなことは可能なのでしょうか。

この記事では、就活で内定をもらう難易度について解説していきます。

これから就活を控えている人に向けた解説もあるので、ぜひ最後までお読みくださいね。

・就活であっさり内定をもらうことは可能
・自己分析を深めたり、ESの添削を繰り返したりするのが基本
・もっともオススメなのは、就活塾を利用すること

就活であっさり内定をもらうことは可能!

誰しもが夢見る「あっさり内定をもらうこと」は、実現できます。

人によっては、就活が本格化する前に内定をもらう約束、いわゆる「内々定」を大学3年のうちにもらうでしょう。

しかし、何か裏技のようなものがあるわけではありません。

早くから着実にやるべきことをやっているからこそ「あっさり」内定をもらうことができるのです。

早い時期にあっさりと内定をもらっている人は、いったいどのような対策をしているのでしょうか。

順番に見ていきましょう。

Abuild就活 本紹介

就活であっさり内定をもらうための3つの対策

就活であっさり内定をもらうための対策は、以下の3つです。

  1. 自己分析を徹底する
  2. ESの推敲・添削を繰り返す
  3. 面接のスキルを磨く

一つずつ、詳しくみていきましょう。

自己分析を徹底する

就活の基礎となる、自己分析は徹底して行いましょう。

どれだけ優秀な学生でも、自己分析を怠っているとなかなか内定をもらえない可能性もあるほどです。

自己分析とは、自分の考え方や好みについて、どのような経験がもとになっているのかを分析し、言葉にしていく作業です。

自己分析をしっかりと深められていれば、ESの記入や面接での応答がしやすくなります。

内定を得るために、自己分析は避けて通れない道です。

計画的に取り組みましょう。

ESの推敲・添削を繰り返す

ESの推敲(すいこう)・添削作業は繰り返し行いましょう。

推敲とは、文章の表現を修正したり、文章の内容自体を変えたりする作業です。

一方の添削は、主に第三者に自分の書いた文章を見てもらい、誤りや修正点を指摘してもらうことを指します。

いずれも似た作業ですが、推敲は一人で行え、添削は他人の目が必要という違いがあります。

ESは一度書いたら終わりではありません。

採用担当者や面接官にあなたという人物の良さを伝えるために、いかにわかりやすく、内容が伝わりやすいESを書くかが鍵になります。

ESがうまく書けていれば、書類選考はもちろん、ESをもとに行われる面接もスムーズに行われるようになるでしょう。

一度書き上げただけで満足せず、何度も繰り返し書き直すようにしましょう。

面接のスキルを磨く

選考でもっとも重要視されている面接のスキルを磨くことも忘れてはいけません。

どれだけ実績や能力のある就活生でも、それを面接の場で上手に伝えることができていなければ、内定をもらうことは難しいでしょう。

反対に、面接のスキルがしっかりと磨かれていれば、自分よりも格上の就活生を相手に内定を勝ち取れる可能性があるということです。

  • 第一印象
  • 声のトーン
  • 敬語の使い方
  • 視線の動かし方
  • 姿勢

面接で気をつけるべき事項を挙げ始めるとキリがありません。

他人と一緒に面接練習会を開いたり、大学や企業が行うセミナーに参加したりして面接のスキルを磨き上げましょう。

あっさり内定をもらうための近道「就活塾」

そもそものコンサルティングファームの種類を知ろう

紹介した3つの対策のほかにも、あっさりと内定をもらうための秘策があります。

それが、就活塾の利用です。

近年、就活市場で就活塾の存在感は増しています。

もし、あなたがあっさりと内定を得て安心感を得たいなら、迷わず就活塾を利用しましょう。

とはいえ、なにも知らずに就活塾を利用するのも怖いでしょう。

そこで、就活塾に関する基本情報を解説します。

就活塾とは

就活塾とは、就活で内定を得るために必要な知識やノウハウを教えてくれる学習塾や予備校のようなサービスです。

大手や有名就活塾では、業界のOB・OGが講師を務め、ESの添削や面接の指導、進路相談などをしてくれます。

とくにオススメなのは、Abuild就活のようにマンツーマンでの指導を実施している就活塾です。

就活では、誰にでも通用するような攻略方法はありません。

個人個人、これまでに経験してきたことも違えば、志望業界も異なります。

自分一人で就活を進める場合、自分の力だけでどのような対策が必要かを考え、見極める必要があります。

しかし、個別指導の就活塾なら、経験豊富なプロと一緒に、自分に必要なことを考えていくことができます。

個人プレーが基本の就活で、これは大きなメリットになるでしょう。

当サイトでは、就活塾の基本をさらに詳しく解説する記事もご用意しています。

就活塾に興味をもった人は、ぜひ以下の記事も合わせてお読みください。

就活塾とは?学べる内容や料金について紹介!
就職活動を始めると、「就活塾」という言葉を聞くことがあります。 SNS上で見かけることもあれば、企業説明会の周りで配られているチラシでみることもあります。 ただ、大学受験で使った予備校や学習塾と比べると、就活塾がどのような団体な...

お金を払う価値はある?

就活塾の利用にはお金がかかります。

当然、利用を検討する際にはこのような疑問が頭をよぎるでしょう。

「就活塾にお金を払う価値はあるの?」

断言します。

お金を払う価値はあります。

確かに、SNSやネットの一部では「就活塾はいらない」という主張も見られます。

詐欺に近い悪質な業者がいるのも確かです。

しかし、長年経営を続け、実績を積み重ねてきている就活塾では、そのような心配は不要です。

むしろ、長年の蓄積の中で就活塾のもつ知識や経験が洗練され、より就活生のためになる指導ができるようになっているでしょう。

就活塾の実態については、以下の記事でも詳しく解説しています。

ぜひ、合わせてお読みください。

就活塾は意味がない?意味がないと言われる理由と実態を解説
企業の採用活動が多様化し、就活はこれまで以上に複雑化してきました。このような状況の中で、注目を集めるようになったのが就活塾です。 しかし、就活塾について情報を集めると、「意味ない」「詐欺だ」「怪しい」など、否定的な意見も多くあります。...

【まとめ】就活をあっさり内定で終わらせるため、就活塾を利用しよう

あっさり内定をとるための対策について解説してきました。

就活における内定への近道は、自己分析やES添削など地道な努力の積み重ねです。

まったく努力をせずに内定を得るのは、どれほど優秀な学生でも難しいでしょう。

しかし、就活塾のようなサービスを利用すれば、最小限の努力で最大の効果を生み出すことも可能になります。

就活に不安を抱えていたり、少しでも楽に就活を終わらせたいと思っていたりする人は、ぜひ就活塾の利用を検討してみましょう。

お気軽にお問い合わせください!
Abuild就活の詳細を見る

トップ企業から内定をもらいたい君へ。

「自分が行きたい企業に本当に内定がもらえるか不安……」
「できればトップ企業からの内定が欲しい!」
「本当は商社に行きたいけど、どうしたらいけるかな?」

就活でよりハイクラス層の企業を志望するなら、どのように攻略するべきかをしっかり考える必要があります。

周りに就活で成功していて客観的なアドバイスをくれる人がいるなら、頼ってみてもいいかもしれません。

今の自分に合ったアドバイスが欲しい。就活を成功させる秘訣を知りたい、という人には、Abuild就活がおすすめです。

Abuild就活は、

【就活成功のフレームワーク】に基づいて、京大卒・外資系投資銀行出身のCEOが監修した独自カリキュラムです。

そんなAbuild就活だから、

  • 外資コンサル・5大商社・電博・メガバンクなどのトップ起業内定
  • 内定率98%
  • 通常の学歴では難しいとされる企業への逆転内定

を実現できてます。

今だけ、Abuild就活の全貌や就活成功のフレームワークを知っていただける「無料カウンセリング」を実施中です。

「無料カウンセリング」では、Abuild就活の説明はもちろんのこと、みなさんからの質問もお受けするので「本当に内定が取れるの?」みたいな際どい質問もどんどんしてください!!

「無料カウンセリング」は、数に限りがあります。

代表の新井が年収チャンネルに出演したこともあり、現在大変多くのお申し込みをいただいています。

そのため、少しでも「無料カウンセリング」にご興味のある方は、お早めのお申し込みをお待ちしております!

タイトルとURLをコピーしました