ホーム » 就活ノウハウ » 【就活】どこも受かる気がしないあなたへ。確実に内定をもらう方法解説
a

【就活】どこも受かる気がしないあなたへ。確実に内定をもらう方法解説

就活ノウハウ

【7日で就活対策完成!就活スタートセット無料配布中!】

  • 就活を始めたいけど、どうしたらいいかわからない
  • 就活取り組んでいるけど、つまづいている
  • 就活をするにあたり、ヒントが欲しい
という方はぜひ公式LINEを友だち追加して、就活スタートサポートセットを受け取ってください!

【完全無料】LINEを追加して、就活対策を始める



就活スタートセット

あなたは、就活で第一志望の選考に絶対受かると自信をもって言えますか?

多くの人は、「絶対に受かる」と自信をもって言うことはできないでしょう。

それどころか、実際に選考が始まると企業から届きまくる「お祈りメール」を前に、「どこも受かる気がしない…」と落ち込んでいるかもしれません。

しかし、大丈夫です。

この記事では、就活でどこにも受かる気がしない人の反省点や、これからの対策について解説していきます。

最後まで読んで、就活を乗り切るメンタルと、志望先から内定をもらう方法を学びましょう!

・「どこも受かる気がしない」というのは、誰しもが感じる不安
・自己分析や業界研究を進め、不安を払拭しよう
・「受かる気がしない」という気持ちを危険信号ととらえ、積極的に対策に取り組もう

【朗報】「就活でどこにも受かる気がしない」という悩みはみんな持っている

「就活でどこにも受かる気がしない」と感じているあなたに朗報です。

その悩みを抱えているのは、あなただけではありません。

以下は、同じような悩みを抱えた就活生のTwitterです。

多くの就活生が、あなたと同様に「どこにも受かる気がしない」と悩んでいます。

「受かる気がしない」という悩みをもつことは、決して悪いことではなく、むしろ当然のことです。

その気持ちとどう向き合うかが重要となります。

上手に就活を進める就活生は、不安を打ち消すための対策や準備を着実に進めているでしょう。

Abuild就活 本紹介

就活でどこにも受かる気がしないときの確認すべき5つのこと

「就活でどこにも受かる気がしない」と感じるのは、今の自分の状況に不安や悩みを感じているのが原因です。

就活生が不安や悩みを感じやすいのは、次の5つのシチュエーションです。

  1. 自己分析を深められているか
  2. 志望動機を明確にできているか
  3. 業界や企業への理解を深められているか
  4. 就活以外のことに時間をとられていないか
  5. そもそも何から手を付ければ良いのかわかっているか

自分に当てはまるものがないか、一つずつ確認していきましょう。

自己分析を深められているか

自己分析を深められているかどうか、振り返ってみましょう。

十分に自己分析を深められていなければ、自己PRや志望動機が漠然としたものになりがちで、ESや面接に自信をもつことは難しいからです。

しっかりと自己分析を深め、自分の強みや過去の経験、社会人生活に対する価値観などを言語化し、整理できていれば、「どんな質問にも答えられる」と自信をもてるようになります。

もし、就活でどこにも受かる気がしないのなら、まずは自己分析ができているかどうかを確認してみましょう。

志望動機を明確にできているか

志望動機を明確にできているかどうかも、就活における自信につながります。

漠然と「給料の良い企業で働きたい」「福利厚生の手厚い企業に入りたい」と思っているだけでは、説得力のある志望動機を語ることはできません。

なぜ、自分がそのような価値観をもっているのか、どんな経験に基づいてそのような考えに至ったのかなどを深めましょう。

自己分析などを通して、しっかりと自分の志望動機を明確にしておかなければ、不安を感じたまま選考の本番を迎えることになるでしょう。

明確な志望動機をもてるよう、就活対策を進めることが大切です。

業界や企業への理解を深められているか

業界や企業への理解を深められていないことも、「受かる気がしない」という不安を感じる原因になります。

業界や企業への理解がないと、うまく面接で対応することができず、内定を得ることはできないからです。

社会経験が乏しい学生からすれば、業界や企業に関する知識は、積極的に取り組まなければ得られません。

日常的に使っている商品やサービスに関わる企業ならまだしも、BtoBの業界など自分の生活で触れにくい業界は、なおさら業界や企業のイメージをつかみにくいでしょう。

そこで重要になるのが、業界研究や企業分析です。

自己分析に比べると軽視されがちですが、企業の強み・弱み、自分の志望に合っているかどうかを確かめるうえで非常に重要です。

しっかりと分析に取り組み、業界や企業への理解を深め、自信をもって選考に臨めるようにしましょう。

就活以外のことに時間をとられていないか

就活以外のことに時間をとられ、満足に就活対策を進められていないことも不安の原因となるでしょう

就活準備に時間をかけられず、自信が持てなくなるからです。

本格的に就活に向けた対策・準備を始めると、学業やアルバイト、交友関係のすべてを維持したまま十分な時間を確保する難しさに気づくでしょう。

就活に向けた対策は簡単にできるものではなく、ある程度まとまった時間を使わなければ、効率的に進められません。

アルバイトをしすぎていたり、友人と遊んだりなど、就活対策に時間を使えていなければ、「就活大丈夫かな…」と不安を感じるのも当たり前です。

アルバイトのシフトを減らしたり、友人と遊ぶ時間を減らしたりするなどして、可能な限り就活対策に使える時間を確保しましょう。

そもそも何から手を付ければ良いのかわかっているか

そもそも、就活対策を何からすればいいのかわかっているかをチェックしましょう。

何をしていいかわからない時が一番不安になりやすいからです。

自己分析や業界研究、ESの用意に面接練習…など、就活対策のメニューは多岐にわたります。

何から手をつけていいのかわからず先延ばしにして、周りの就活生に後れをとってしまっている人もいるでしょう。

そのような状況では、ただ焦りや不安が募るばかりで、自信をもって選考に臨むなんて夢のまた夢です。

一人で就活を進める自信のない人は、周りの人にアドバイスを求めたり、就活生向けのサービスを利用したりして、計画的に対策を進めるようにしましょう。

「就活でどこにも受かる気がしない」と感じる人がとるべき5つの対策

「就活でどこにも受かる気がしない」原因について考えた後は、その不安を乗り越えるための対策をしていく必要があります。

自分に当てはまる原因に対応した対策をとっていきましょう。

  1. 自己分析を深める
  2. 友人や知人と情報を共有する
  3. 業界・企業分析をする
  4. 就活以外の時間を減らす
  5. 何から手をつければいいか考える

自己分析を深める

自己分析をさらに深めていきましょう。

自己分析が全ての就活対策の基礎だからです。

自己分析のポイントは、自分の良い点や悪い点、考え方を説得力のある形で他人に伝えられるレベルまで言語化することです。

過去の体験や経験を洗い出すだけではなく、相手を納得させるため論理的に整理できているか、あまりにも突拍子もない分析になっていないかなどをチェックするよう心がけましょう。

友人や知人と情報を共有する

友人や知人と情報を共有することも重要です。

自分一人で就活対策を進めている場合、他の就活生と比べて自分がどの程度の進捗なのかがわからないからです。

もし、周りよりも対策が遅れている場合、急ピッチで対策を進める必要があるでしょう。

自分の今の状況をより正確に理解するためにも、他人との情報共有を忘れないようにすることが大切です。

業界・企業分析をする

業界や企業に対する理解が深まっていないと感じるなら、業界研究や企業分析を進めましょう。

業界や企業について理解がないと、自分に合った企業を見つけることができないからです。

就活四季報のような書籍やデータはもちろん、上場企業の場合は有価証券報告書など正確で信頼の置けるデータがいくらでも出てきます。

1社についてとことん調べるだけではなく、業界全体や競合他社と比較することで、より企業の違いや傾向を理解できるようになるでしょう。

業界や企業を正確に理解することは、明確な志望動機を作る助けにもなります。

ぜひ、積極的に取り組みましょう。

就活以外の時間を減らす

就活対策に時間を使えていない人は、就活以外の時間を減らすようにしましょう。

就活対策の時間をしっかり確保しなければ、内定を得ることはできないからです。

時間を捻出しやすいのは、アルバイトやサークルなど余暇の時間です。

お金を稼いだりストレスを発散したりする時間も重要ですが、社会人生活のスタートダッシュを左右する就活は長期的に見ると、より重要です。

瞬間の楽しさや思い出つくりだけではなく、自分の将来に向けた時間を確保することにも重点を置くようにしましょう。

何から手をつければいいか考える

何から就活対策をすればいいかわからない人は、まず何から手をつけるべきか考え、理解しましょう。

無闇に対策を行うのではなく、やることを先に決めたほうが効率的だからです。

まったく何もしていないなら、まずは自己分析から行うのがオススメです。

自分がどのような業界を志望しているのかを明確にしなければ、業界研究や企業分析、自己PRの整理などに取り組むこともできません。

言い訳をせず、まずは自己分析から始めてみましょう。

【注意】どこも受かる気がしない時点で何かを変えないと内定はもらえません

「どこも受かる気がしない」と感じたときのチェックポイントや、取り組むべき対策について解説してきました。

ただ、ポイントや対策を知っただけでは、現状は改善されません。

「どこも受かる気がしない」と感じている時点で、何かしら内定に向けた対策や準備が不足していると考えるべきです。

記事を読んで、なんとなく安心感を抱いた人もいるかもしれませんが、本当に第一志望から内定をもらいたいなら、すぐに行動に移さなければ意味がありません。

今からでも間に合います。

社会人生活のスタートダッシュを決めるため、全力の就活対策を始めましょう。

どうしてもトップ企業から内定をもらいたい人へ

どうしてもトップ企業や人気企業からの内定が欲しい人には、オススメの方法が一つだけあります。

それは、就活塾の利用です。

就活塾とは、就活の対策やノウハウを指導する予備校のようなサービスです。

集団講義型から個別指導型まで、さまざまな形態の就活塾があります。

なかでも、トップ企業を目指す人にオススメしたいのは、Abuild就活です。

Abuid就活では、各業界で活躍したビジネスパーソンが講師を務め、就活生とマンツーマンで対策を行っていきます。

それぞれの就活生に何が足りないのか。

今後、どのような対策をしていけば内定がとれるのか。

一人ひとりの個性や進捗に応じて作られるカリキュラムは、内定への一番の近道といえるでしょう。

「どこにも受かる気がしない」と言いつつ、なかなか行動を起こせない人にも就活塾の利用は有効です。

しっかりと就活対策を進めて、自信をもって選考にチャレンジできる状況を作り上げていきましょう!

【まとめ】「就活でどこにも受かる気がしない」なら就活塾を活用しよう!

「就活でどこにも受かる気がしない」ときのチェックポイントや対策について解説してきました。

「受かる気がしない」との不安を感じているのは、就活に向けた対策が何かしら足りていないことの裏返しでもあります。

本当に志望先からの内定が欲しいなら、今すぐに行動を起こす必要があります。

どうしても、その気になれない人や、難易度の高い企業の選考に参加する人は、就活塾の利用を検討しましょう。

この記事を読んだあなたが、良い社会人生活のスタートを切れることを願っています。

お気軽にお問い合わせください!
Abuild就活の詳細を見る

トップ企業から内定をもらいたい君へ。

「自分が行きたい企業に本当に内定がもらえるか不安……」
「できればトップ企業からの内定が欲しい!」
「本当は商社に行きたいけど、どうしたらいけるかな?」

就活でよりハイクラス層の企業を志望するなら、どのように攻略するべきかをしっかり考える必要があります。

周りに就活で成功していて客観的なアドバイスをくれる人がいるなら、頼ってみてもいいかもしれません。

今の自分に合ったアドバイスが欲しい。就活を成功させる秘訣を知りたい、という人には、Abuild就活がおすすめです。

Abuild就活は、

【就活成功のフレームワーク】に基づいて、京大卒・外資系投資銀行出身のCEOが監修した独自カリキュラムです。

そんなAbuild就活だから、

  • 外資コンサル・5大商社・電博・メガバンクなどのトップ起業内定
  • 内定率98%
  • 通常の学歴では難しいとされる企業への逆転内定

を実現できてます。

今だけ、Abuild就活の全貌や就活成功のフレームワークを知っていただける「無料カウンセリング」を実施中です。

「無料カウンセリング」では、Abuild就活の説明はもちろんのこと、みなさんからの質問もお受けするので「本当に内定が取れるの?」みたいな際どい質問もどんどんしてください!!

「無料カウンセリング」は、数に限りがあります。

代表の新井が年収チャンネルに出演したこともあり、現在大変多くのお申し込みをいただいています。

そのため、少しでも「無料カウンセリング」にご興味のある方は、お早めのお申し込みをお待ちしております!

タイトルとURLをコピーしました