ホーム » 就活ノウハウ » 25卒は2023年内に内定をもらえる?ポイントや対策を徹底解説!
a

25卒は2023年内に内定をもらえる?ポイントや対策を徹底解説!

就活ノウハウ

【7日で就活対策完成!就活スタートセット無料配布中!】

  • 就活を始めたいけど、どうしたらいいかわからない
  • 就活取り組んでいるけど、つまづいている
  • 就活をするにあたり、ヒントが欲しい
という方はぜひ公式LINEを友だち追加して、就活スタートサポートセットを受け取ってください!

【完全無料】LINEを追加して、就活対策を始める



就活スタートセット

就活では、自己分析や業界研究、ES作成など準備段階でたくさんのことをやらなければなりません。

時間もかかれば手間もかかる。

誰しも、できるだけ早く就活を早く終わらせたいと感じるでしょう。

そこでこの記事では、25卒の就活生が、大学3年次の2023年内に内定をもらえるのか、徹底的に解説をしていきます。

ぜひ、最後までお読みください!

・25卒が2023年内に内定をもらうのは可能
・早い時期から準備を始め、早期選考に参加しよう
・就活のスタートが遅れてしまう人は、就活塾の利用がオススメ

25卒が2023年内に内定をもらうのは可能!

25卒の就活生が、2023年内に内定をもらうことは可能なのでしょうか。

一昔前の就活なら、難しかったかもしれません。

実は、近年の就活の傾向では2023年内の内定獲得の可能性が高まっています。

ポイントになるのは、就活の早期化です。

就活は大学3年で始まっている

近年の就活は、選考の早期化が進んでいます。

現在、国が定める就活ルールでは、主に以下の2つのタイミングが定められています。

  • 大学3年3月→企業の広報活動解禁
  • 大学4年6月→面接など選考活動解禁

以前の就活では、このような就活ルールを守る企業が多く、ルールで定められた時期よりも早く内定を獲得している就活生は少数でした。

しかし、最近はこのルールに表向きは従いつつも、大学3年を対象にした事実上の選考を行う企業も増えてきています。

早い企業では、大学3年の夏頃には内定を出しているケースもあります。

近年の就活の状況からすれば、25卒が2023年内に内定をもらうのは決して珍しいことではないでしょう。

早期選考に参加して、年内の内定獲得を目指そう

25卒が2023年内に内定を獲得するためには、大学3年次に行われる早期選考に参加することが重要です。

就活ルールで定められた時期よりも早いタイミングで行われるため、通常のペースで用意をしていたら間に合いません。

2023年内に内定がほしいなら、早期選考に的をしぼって対策を進めなければならないのです。

このあとは、早期選考を見据えた基本知識や対策を見ていきましょう。

Abuild就活 本紹介

2023年内に内定を得るための3つのポイント

2023年内に内定を得るためにおさえておきたいポイントが3つあります。

  1. 早い段階で就活準備を始める
  2. 早期選考をしている業界・企業を知る
  3. インターンに参加する

一つずつ、詳しくご紹介していきます。

早い段階で就活準備を始める

早い段階で就活準備を始めなければいけないという意識をもっておきましょう。

企業によっては、大学3年の夏休みに事実上の選考が行われます。

このため、25卒が2023年内に内定を目指す場合、大学3年の夏ごろまでには選考を突破できる水準まで準備を進めておく必要があります。

遅くとも、大学3年に進級する頃には準備に取り掛かりたいところです。

早期選考をしている業界・企業を知る

そもそも、早期選考を実施している業界や企業を知らなければ、2023年内に内定をもらうことはできません。

就活準備を本格的に始める前に、自分が興味をもっている業界が早期選考をしているかどうか調べてみましょう。

当サイトでは、早期選考をしている業界や企業についてまとめた記事もあります。

ぜひ合わせてお読みください。

早い時期に内定をもらえる企業・業界は?受けるメリットや対策も紹介!
実際に就活を始めてみると、「早く内定をとって楽になりたい…」という気持ちがでてくるものです。 しかし、企業から内定をもらえるのは大学4年の6月以降…とは限りません。 実は、さらに早い時点で内定を出す企業や業界もあります。 ...

インターンに参加する

早期選考を目指す場合、インターンへの参加も必須です。

そもそも、早期選考の入り口になるのは、大学3年生を対象に行われるインターンです。

多くの企業では、大学3年の夏休みから冬休みごろにかけてインターンが行われます。

近年の就活では、このインターンが早期選考の役割を果たしています。

インターンで就活生のスキルや素質を見て、有望な就活生に内定を約束する「内々定」を出したり、早期選考への案内を出したりするのです。

人気のある企業では、インターンの参加自体に選考がある場合もあります。

志望度の高い企業のインターンの有無を事前に調べ、インターンがある場合は参加を目指して対策を進めるようにしましょう。

2023年内に内定を得るための対策4選

2023年内に内定を得るためには、なるべく早くに就活準備を始め、効率良く進める必要があります。

とくに、次の4つの対策を入念に行うようにしましょう。

  1. 自己分析
  2. 業界研究・企業分析
  3. ES添削
  4. 面接・GD対策

それぞれ解説します。

自己分析

自己分析は、就活の基本になるもっとも重要な対策の一つです。

自分の今の考え方や好み、価値観について、過去のどのような経験に結びついているのかなどを考え、言語化していきます。

就活準備のメニューは志望業界の絞り込みやES作成、面接練習など多岐にわたります。

自己分析は、そのすべての基礎になっていると言っても過言ではありません。

自己分析を深めておかなければ、本当に働きたい業界を探すことや、自分の強みをPRすることは難しいでしょう。

まだ就活準備をスタートしていない人は、まず自己分析から始めてみましょう。

業界研究・企業分析

志望業界・企業を絞り込んでいくために、業界研究や企業分析にも取り組みましょう。

業界研究はある業界に注目して、業界内の企業の力関係や優劣関係、業界自体の将来性などについて情報を整理することです。

一方の企業分析は、一つの企業に注目して、その企業の強みや弱み、特性などについて情報を集めていきます。

実際に企業や業界の業務内容について詳しく調べていくと、自分がもっていたイメージとかけ離れていたり、自分には合っていないと感じたりすることが多々あります。

入社後にミスマッチを起こさないよう、入念に業界研究と企業分析を行い、志望先を絞り込んでおくようにしましょう。

ES添削

選考開始に向けて、エントリーシート(ES)の作成・添削を始めるのも良いでしょう。

一定水準以上のESが書けていなければ、面接を受けることさえできません。

企業によっては、ネットに過去のESを公開しています。

過去のESやOB・OGが書いたESを見られる就活情報サイトなども活用し、一度自分でESを書いてみましょう。

書き上げたあとは、自分で見返したり他人に添削してもらったりして、内容を洗練させていきます。

誤字脱字はもちろん、内容のわかりにくい部分やまわりくどい表現などを削っていって、誰でも読みやすい魅力的なESを完成させていきましょう。

面接・GD対策

その他の準備が進んできたら、面接やグループディスカッション(GD)の対策に取り組むのも良いでしょう。

面接やGDは、企業の選考活動の中でも非常に大きなウェイトを占めます。

自己分析や業界研究・企業分析の内容を踏まえ、口頭で説明する練習を重ねましょう。

最近では、面接練習に重点を置いたセミナーや、大学による面接練習会も開かれています。

面接練習は自分一人で行うのが難しい対策でもあるため、こういった機会を積極的に活用していきましょう。

就活のスタートが遅れても2023年内に内定はとれる?

2023年内の内定を目指していても、学業や家庭の都合で早くから就活準備に取りかかるのが難しい人もいるでしょう。

はたして、そのような人でも2023年内に内定をとれるのでしょうか。

もちろん、とれます。

ただ、早くから準備をスタートさせている就活生よりも不利な状況であるのは間違いありません。

そこでオススメしたいのが、就活塾の利用です。

就活塾を利用しよう

就活塾とは、就活に関するノウハウを教えたり、ES添削・面接練習といった対策を指導してくれたりする予備校的なサービスです。

料金や学べる内容は就活塾によって異なるため、一概に説明することはできません。

就活塾についてより詳しく知りたい方に向けて、以下の記事をご用意しています。

就活塾とは?学べる内容や料金について紹介!
就職活動を始めると、「就活塾」という言葉を聞くことがあります。 SNS上で見かけることもあれば、企業説明会の周りで配られているチラシでみることもあります。 ただ、大学受験で使った予備校や学習塾と比べると、就活塾がどのような団体な...

サービスのよしあしに差はありますが、就活塾を利用すると就活準備を一気に効率良く進められるようになります。

就活のスタートが遅れてしまう人は、就活塾を利用して遅れを挽回するようにしましょう。

オススメは個別指導の就活塾

とくにオススメなのは、Abuild就活のように個別指導型のサービスを提供している就活塾です。

就活には、「こうすれば内定がもらえる」という決まった対策はありません。

個人の特性やスキル、過去の経験に応じて対策を進め、その人に合ったアピール方法を考えていく必要があります。

そのためには、一人の講師が大勢の就活生を見る集団授業型の就活塾よりも、個別指導型の就活塾のほうが良いといえるでしょう。

Abuild就活では、コーチングの手法を取り入れたマンツーマン型のサービスを提供しています。

以下の記事で詳しくご紹介していますので、興味のある方はぜひ一度ご覧ください。

「Abuild就活は怪しい?」評判・特徴・口コミなどすべて解説
「広告でよく見るんだけど、Abuild就活の評判ってどうなの?」 「他の就活塾と違う点って何があるの?」 「Abuild就活の就活コーチングに向いてるのってどういう人?」 上記のような疑問を抱えている人に向けて、当記事では「Abu...

悪徳業者に注意しよう

ただ、就活塾を利用する際には悪徳業者に注意する必要があります。

東京都では、悪質な声掛けを行った就活塾に営業停止処分を下した事例もあります。

入会を決める前に、無料の相談会や面談を実施している就活塾をのぞき、自分が求めるサービスを提供しているかどうかを見極めるようにしましょう。

選んではいけない就活塾の特徴をまとめた記事もあります。

これから就活塾を探そうとしている人は、ぜひ一度目を通してください。

選んじゃいけない就活塾|就活塾はやばい?
みなさんは、就活塾についてどんなイメージをおもちですか?本来の就活塾は、就活生が、就活の知識やノウハウ、就職後にも活きる経験を身につけられる有料サービスです。 しかし、一部の悪徳業者のせいで、「就活塾はやばい」「詐欺」「何をしているの...

【よくある質問】2023年内の内定アレコレ

ここからは、2023年内の内定に関するよくある質問をまとめていきます。

  • Q1.内定辞退はできる?
  • Q2.本選考に参加できる?
  • Q3.興味のない業界でもインターンには参加すべき?

それぞれの問いについて、解説していきます。

Q1.内定辞退はできる?

早期選考でもらった内定を辞退することは可能です。

自分が早期選考を受けた目的や、内定先の志望度の高さなどから辞退するかどうか考えましょう。

ただし、通常の選考でもらう内定と同じく、一度辞退したら再び内定をもらうのは難しくなります。

自分が満足できる企業からの内定なら、遠慮なく就活を終了しましょう。

もし、本選考の練習のつもりで参加していた早期選考で内定をもらった場合は、気にせず内定辞退しても問題ありません。

Q2.本選考に参加できる?

早期選考に参加したあと、大学4年6月以降に行われる本選考に参加できるかどうかは企業によって異なります。

早期選考に募集要項などがある場合は、その後の選考に関する項目がないか、事前に確認したうえで参加しましょう。

もし要項に書いていない場合は、採用担当に問い合わせても良いでしょう。

Q3.興味のない業界でもインターンには参加すべき?

興味のない業界でも、予定が合うなら積極的にインターンには参加してみましょう。

選考があるインターンの場合、本選考に向けた対策として活用できます。

また、参加前はまったく興味がない業界でも、インターンなどを通じて深く知ると興味が出てくる可能性もあります。

自分の価値観や興味を広げるという意味でも、インターンに積極的に参加してみましょう。

【まとめ】早期選考に参加して、2023年内に内定を獲得しよう!

25年卒が2023年内に内定を獲得するには、早期選考への参加が鍵になります。

大学3年の夏休みには、早期選考につながるインターンが多く開催されます。

その時期から逆算して、準備が間に合うタイミングで就活準備をスタートさせるよう心がけましょう。

この記事が、そのお役に立てば幸いです。

お気軽にお問い合わせください!
Abuild就活の詳細を見る

トップ企業から内定をもらいたい君へ。

「自分が行きたい企業に本当に内定がもらえるか不安……」
「できればトップ企業からの内定が欲しい!」
「本当は商社に行きたいけど、どうしたらいけるかな?」

就活でよりハイクラス層の企業を志望するなら、どのように攻略するべきかをしっかり考える必要があります。

周りに就活で成功していて客観的なアドバイスをくれる人がいるなら、頼ってみてもいいかもしれません。

今の自分に合ったアドバイスが欲しい。就活を成功させる秘訣を知りたい、という人には、Abuild就活がおすすめです。

Abuild就活は、

【就活成功のフレームワーク】に基づいて、京大卒・外資系投資銀行出身のCEOが監修した独自カリキュラムです。

そんなAbuild就活だから、

  • 外資コンサル・5大商社・電博・メガバンクなどのトップ起業内定
  • 内定率98%
  • 通常の学歴では難しいとされる企業への逆転内定

を実現できてます。

今だけ、Abuild就活の全貌や就活成功のフレームワークを知っていただける「無料カウンセリング」を実施中です。

「無料カウンセリング」では、Abuild就活の説明はもちろんのこと、みなさんからの質問もお受けするので「本当に内定が取れるの?」みたいな際どい質問もどんどんしてください!!

「無料カウンセリング」は、数に限りがあります。

代表の新井が年収チャンネルに出演したこともあり、現在大変多くのお申し込みをいただいています。

そのため、少しでも「無料カウンセリング」にご興味のある方は、お早めのお申し込みをお待ちしております!

タイトルとURLをコピーしました