ホーム » 就活 » 【24卒】大学4年6月からの就活じゃ遅い?基礎知識から徹底解説!
a

【24卒】大学4年6月からの就活じゃ遅い?基礎知識から徹底解説!

就活

【7日で就活対策完成!就活スタートセット無料配布中!】

  • 就活を始めたいけど、どうしたらいいかわからない
  • 就活取り組んでいるけど、つまづいている
  • 就活をするにあたり、ヒントが欲しい
という方はぜひ公式LINEを友だち追加して、就活スタートサポートセットを受け取ってください!

【完全無料】LINEを追加して、就活対策を始める



就活スタートセット

やらなければならないと思いつつ、なかなか重い腰が上がらないのが就活です。

早くから就活に取り組む学生がいる一方、就活が本格化してからやっと準備を始める学生もおり、進度は人によってさまざまです。

就活のルールでは、大学4年6月から選考がスタートするとされています。

なら、大学4年6月からの準備でも間に合うんじゃないの?」と思う人もいるかもしれません。

はたして、この考えは正しいのでしょうか。

就活の現状を探りながら、考えていきましょう。

・業界や企業を選ばなければ、大学4年6月からの就活でもギリギリ間に合う
・多くの人は大学3年の夏までに就活準備をスタート
・どうしても6月まで準備ができない人は、就活塾を利用しよう

【結論】大学4年6月からの就活もギリギリ間に合う

先に結論からお伝えします。

就活の準備は、大学4年6月からでもギリギリ間に合います。

ただし、これには条件があります。

業界や企業、職種を選ばないという条件です。

もし、あなたに志望業界や企業があるなら、大学4年6月からの準備では内定レベルの実力を身につけるのは難しいでしょう。

現実問題として、大学4年6月からのスタートでは、中小や零細企業の選考に間に合わせるのがやっとです。

もし、あなたが自分の思い描いた社会人生活のスタートを切りたいなら、「大学4年6月から頑張ればいい」なんて甘い考えは捨てましょう。

可能な限り早めに準備を始めるのが、就活を上手に進めるポイントです。

Abuild就活 本紹介

6月からの就活は遅い?就活スケジュールを確認

大学4年6月からの就活準備は遅いのでしょうか。

現在、国などが定めている就活スケジュールを確認しながら考えていきましょう。

大学3年3月

大学3年3月には、企業の広報活動が解禁されます。

マイナビやリクナビといった就職情報サイトの利用が可能となり、企業が一斉に学生へのアプローチを始めます。

早い企業では、この段階でESの提出を求めます。

書類選考を通過するためには、少なくともこの時点で内定レベルのESが書けるようになっていなければいけません。

大手企業や人気企業の内定を獲得するには、大学4年6月からの準備では遅いことがわかるでしょう。

大学4年6月

大学4年6月には、企業の選考活動が解禁されます。

実際に面接やグループディスカッションが多くなるのはこのタイミングです。

やはり、内定を得るためにはこの段階で面接やグループディスカッションで自分の存在感を示せるようになっていなければなりません。

そもそも、この時点まで就活の準備をまったくしていなければ、面接まで進めるかどうかも怪しいでしょう。

繰り返しになりますが、「大学4年6月のスタートでは遅い」ということは肝に命じておきましょう。

就活はいつから始めるべき?

大学4年6月の就活スタートが遅いなら、いつから始めるべきなのでしょうか。

一つの目安となるのは、大学3年の夏休みです。

詳しくご紹介します。

多くの人は大学3年夏ごろに準備スタート

多くの就活生は、大学3年夏ごろに就活の準備をスタートさせます。

国などが定める就活ルールでは、大学3年3月まで企業の広報活動は極力しないことになっています。

しかし、近年はこのルールに従わない企業が増え、就活の早期化が進んでいます。

大学3年のうちに事実上の選考が行われる企業もあるため、早いうちから就活準備を始める人も増えている傾向になりつつあります。

就活の準備に取り組めない事情がないなら、大学3年の夏までには何かしらの準備を始めておくようにしましょう。

業界によってはさらに早い準備も必要

業界や企業によっては、大学3年夏よりもさらに早い段階での準備が必要になってきます。

外資系やベンチャー企業は通年採用の制度を利用している企業もあるため、通常の日系企業と比較してもかなり早い段階から選考活動をスタートさせています。

大学3年の夏休みに行うサマーインターンが事実上の選考となり、そのまま内定につながるケースもあるようです。

このような企業の選考に参加するためには、大学3年の夏までにESや面接の対策を行う必要があります。

遅くとも、大学3年の4月ごろには準備に着手したいところです。

どうしても「6月からしか就活できない」という人へ

就活の準備は、大学3年の夏ごろまでに始めるのがベターです。

しかし、中には学業や部活、プライベードの都合でどうしても大学4年6月からしか就活に本腰を入れられない人もいるでしょう。

そのような人が利用すべきなのが、就活塾です。

就活塾とは、就活に関するノウハウや知識を学べる予備校のようなサービスです。

就活塾によって集団授業形式だったり個別指導形式だったりと指導のあり方はさまざまで、利用料金もピンキリ。

ただ、自分に合った就活塾を選べれば、一人で就活準備を進めるのとは比較にならないほど効率的に準備を進められるようになるでしょう。

オススメは、Abuild就活のようなマンツーマン指導の就活塾です。

就活で内定を得るためには、自己分析やES添削、面接練習といった努力の積み重ねが重要になってきます。

ただ、どのようなアプローチが効果的かは人によって大きく異なり、本来は自分でその効果を見極めていく必要があります。

マンツーマン指導の就活塾なら、就活のプロである講師の視点からのアドバイスをもらいつつ、自分に合ったアプローチを探せるでしょう。

自分一人で就活を進める自信がない人こそ、就活塾の利用を検討してみましょう。

当サイトでは、就活塾についてより詳しく解説している記事を複数用意しています。

利用を検討する際には、ぜひ以下の記事も合わせてお読みください。

就活塾とは?学べる内容や料金について紹介!
就職活動を始めると、「就活塾」という言葉を聞くことがあります。 SNS上で見かけることもあれば、企業説明会の周りで配られているチラシでみることもあります。 ただ、大学受験で使った予備校や学習塾と比べると、就活塾がどのような団体な...
就活塾はいつから入るべき?適切な入塾タイミングを解説!
最近の就活で存在感を増している「就活塾」。 就活に必要な技術や、入社後に社会人としても役立つ力を身につけられるとあって、就活対策の一つの選択肢として考えている人もいるでしょう。 ですが、就活自体が人によって始める時期がバラバラです。...

【まとめ】就活は6月からでも間に合う!でも、早めの準備が吉!

そもそものコンサルティングファームの種類を知ろう

大学4年の6月から始める就活について解説してきました。

業界や企業を選びさえしなければ、大学4年6月からの準備でもギリギリ間に合います。

しかし、いわゆる大企業を志望していたり、行きたい企業があったりする場合には、大学4年6月からの準備では遅すぎます。

少なくとも、大学3年の夏ごろをめどに準備を始めるようにしましょう。

どうしても準備に取り掛かるのが大学4年6月以降になる場合は、就活塾の利用を検討しましょう。

一人で就活準備をするよりも効率的に準備を進められるため、真面目に取り組めばあなたの志望も叶うかもしれません。

お気軽にお問い合わせください!
Abuild就活の詳細を見る

トップ企業から内定をもらいたい君へ。

「自分が行きたい企業に本当に内定がもらえるか不安……」
「できればトップ企業からの内定が欲しい!」
「本当は商社に行きたいけど、どうしたらいけるかな?」

就活でよりハイクラス層の企業を志望するなら、どのように攻略するべきかをしっかり考える必要があります。

周りに就活で成功していて客観的なアドバイスをくれる人がいるなら、頼ってみてもいいかもしれません。

今の自分に合ったアドバイスが欲しい。就活を成功させる秘訣を知りたい、という人には、Abuild就活がおすすめです。

Abuild就活は、

【就活成功のフレームワーク】に基づいて、京大卒・外資系投資銀行出身のCEOが監修した独自カリキュラムです。

そんなAbuild就活だから、

  • 外資コンサル・5大商社・電博・メガバンクなどのトップ起業内定
  • 内定率98%
  • 通常の学歴では難しいとされる企業への逆転内定

を実現できてます。

今だけ、Abuild就活の全貌や就活成功のフレームワークを知っていただける「無料カウンセリング」を実施中です。

「無料カウンセリング」では、Abuild就活の説明はもちろんのこと、みなさんからの質問もお受けするので「本当に内定が取れるの?」みたいな際どい質問もどんどんしてください!!

「無料カウンセリング」は、数に限りがあります。

代表の新井が年収チャンネルに出演したこともあり、現在大変多くのお申し込みをいただいています。

そのため、少しでも「無料カウンセリング」にご興味のある方は、お早めのお申し込みをお待ちしております!

タイトルとURLをコピーしました