ホーム » コンサル » KPMG新卒の年収は?【平均年収は約900万円】
a

KPMG新卒の年収は?【平均年収は約900万円】

コンサル

【今なら、公式LINEを友だち追加すると、就活力診断テストを無料で受けられます!】

  • 自分の就活力がどのくらいか知りたい
  • 就活していく上での自分の課題を知りたい
  • 就活において、いま何をやるべきか知りたい
という方はぜひ公式LINEを友だち追加して、診断を受けてみてください!

【完全無料】LINEを追加して、就活力診断テストを受ける



コンサル業界を目指して就活をすると、必ず一度は耳にするのがコンサルの「BIG4」。

オランダに本部を置くKPMGは、日本への進出が2014年と比較的最近でありながら、BIG4の一角に名を連ねる世界的コンサル企業です。

今回の記事では、新卒でKPMGへの入社を目指す人に向けて、KPMGの年収や給与・評価制度、給与に関する口コミを紹介していきます。

KPMG以外を目指す人にとっても、業界研究に役立つ内容です。

ぜひ、最後まで読んでいってくださいね。

  • KPMGの新卒の年収は約600万円
  • 他のBIG4と比べても同水準、他業界と比べると高水準
  • KPMG全体の平均年収は900万円程度で、新卒にオススメの企業の一つ

KPMGの新卒の年収は約600万円!

KPMGの新卒の年収は600万気になるKPMGの新卒の年収は、約600万円です。

KPMGの公式サイトでは、学部卒が570万円、院卒は590万円と明記されています。

これは、標準的な賞与(ボーナス)と、月間50時間の残業代が含まれた金額です。

実際には賞与で上乗せされたり、残業時間が増えたりして、給与が上がる傾向にあります。

このため、KPGMの新卒1年目の年収は、約600万円ほどになるとされています。

 

他のBIG4と同水準

KPMGの新卒の年収は、他のBIG4とほぼ同水準です。
BIG4の新卒の年収の一覧表を作成しました。

企業名 新卒平均年収
デロイトトーマツコンサルティング(DTC) 学卒5,303,600円

院卒5,403,200円(公式)

PwC 600万円程度(推測)
KPMG 5,700,000円(学部卒)

5,900,000円(院卒、いずれも公式)

EY 500万円程度(推測)

このように、モデルケースの新卒の年収を比べると、KPMGの給与水準はBIG4の中でも比較的上位と言えるでしょう。

とくにデロイトやEYと比較した場合は、年収ベースで100万円近い差が出る可能性もあります。

このサイトでは、年収以外に企業の特徴や選考フローごとにBIG4を比較した記事も用意しています。

お時間のある方は、ぜひ読んでいってください。

 

他業界よりも高い

KPMGの年収と、他業界の年収を比較してみましょう。
就活市場で、とくに高収入とされている以下2つの業界と比較してみましょう。

  • 総合商社
  • 外資系銀行

比較表を作成しました。ご覧ください。

企業/業界 新卒の年収(目安)
KPMG 600万円
総合商社 400〜500万円
外資系銀行 600〜800万円

総合商社の新卒の年収の目安は、400〜500万円です。
新卒の年収が600万年のKPMGの方が、年収ベースでは優れていると言えるでしょう。
ただ、日系の総合商社の場合、家賃補助や通勤代補助など、福利厚生や手当が充実しています。
福利厚生や手当が充実していると、額面の給料より高い生活水準で暮らせます。
このため、単純に金額だけで判断ができないことに注意をしておきましょう。

外資系銀行の場合、600〜800万円が新卒の年収の目安です。
外資系銀行の中でも、投資銀行は比較的年収の水準が高いため、全体として底上げされています。
一般的な外資系銀行の場合は、KPMGの600万という年収の水準と大きく変わりません。
ただ、外資系銀行はコンサルやその他業界と比較しても、実力主義の風潮が非常に強い業界です。
入社しただけで平均的な年収をもらえるわけではなく、しっかりと成果を挙げていくことが強く求められます。
この意味では、コンサルと比較しても非常にシビアな業界と言えます。
総合的に見れば、外資系銀行よりもKPMGの方が新卒にとってはより年収を上げやすいと言えるでしょう。

このように、KPMGの新卒の年収水準は、他業界と比較すると高く、最高水準の外資系銀行にも引けを取りません。

KPMGの平均年収は約900万円

新卒に限らず、KPMG全体の平均年収を見ると、約900万円という水準です。
年齢別の年収目安は、次の表をご覧ください。

年齢 平均年収(目安)
25歳 650万円
30歳 750万円
35歳 900万円
40歳 1095万円
45歳 1400万円

20代前半はなかなか年収が上がりにくい一方で、30代からは年収が高くなります。
成果を出せれば、入社1〜2年目でも役職があがることもあるため、この表よりも早いペースの昇給を狙うこともできるでしょう。

ちなみに、国税庁の調査によると、日本人の平均年収は約430万円です。
KPMGの900万円という年収は、日本の平均の2倍以上というきわめて高い水準であることがわかります。

KPMGの給与・評価制度

KPMGの給与・評価制度KPMGの給与・評価制度について紹介します。
KPMGの人事評価は、全社的に共通の評価指標があり、各部署ごとに行われる会議で評価が決定されます。
評価指標が設定されているため、一定の客観性は担保されていると言えるでしょう。
一方、最終的な決定は部署に委ねられているため、自分の直属の上司や所属長との関係性が評価に影響する余地があると言えるでしょう。
これは、決してKPMG特有の評価制度というわけではありません。他の企業でも、同様の人事制度を採用しているところは多いでしょう。
コンサル企業らしく、実力や実績に応じた評価をしてもらいやすい風土がある一方で、社内的な人間関係もある程度評価に影響してくることは念頭に置いておく必要があります。

KPMGの給与に関する口コミ

KPMGの口コミKPMGの給与に関する口コミはどのようなものがあるでしょうか。
多くの企業の口コミが集まる「openwork」から、良い口コミと悪い口コミを抜粋しました。

良い口コミ

まずは、良い口コミから見ていきましょう。

給与が低いと思われがちだが、実際はそんなことなく同ポジションの他big4ファームと裏べても遜色ないレベルだと思われる。
在籍3〜5年、男性

これまでは役職ごとの最低勤続年数が決められていたが、2019年に撤廃された。
つまり実力がある人間が上がりやすくなっている。
在籍3年未満、男性

ベース、ボーナスともに年々上がっており、業界的にも需要は依然として高いため、今後も上がる見込み。
ランク内昇給は評価に応じて行われるが、昇進時の昇給と比較しても高い。
福利厚生として健康保険ポイントが毎年5万年分(原文ママ)付与される(過去は6.5万円であった)。
在籍3〜5年、男性

日本での操業がまだ長くないこともあり、徐々に改善を続けているような印象です。
注目したいのは、役職ごとの最低勤続年数の決まりの撤廃です。

今までは「シニアコンサルタントになるには●年勤務していないといけない」という条件がありました。それが撤廃されたため、実力や実績があれば早いうちから昇格が可能になったということです。

悪い口コミ

続いて、悪い口コミを見ていきましょう。

(評価制度について)
色々と改善を試みているようだが、不公平感は強い。他人の成果を横取りして自分の評価としてアピールするものがパートナーを中心に横行しているが、見事に黙殺されている。
在籍3年未満、女性(退職済み)

一般のコンサルティング会社と比べると、役職のレベルのわりに給料は安い。シニアコンサルタントは残業代はでない。
在籍3年未満、男性(退職済み)

他社が昇格と同時にドカンと上がるのに対して、昇格してからジワジワ上がる。
正直、この点は不満。
在籍3〜5年、男性

評価制度の不公平感、昇給の速度に関する悪い口コミが目立ちました。
評価制度については、上司や所属長との関係が一定程度評価に影響するため、人によっては不公平感をおぼえることはやむを得ません。
昇格についても、昇格と同時にすぐ上がるか、時間をかけてあがるかの違いです。
後々昇給するとわかっていれば、モチベーションを保つことは可能でしょう。

【まとめ】KPMGの年収は高水準なので、新卒にはうってつけ

KPMGの新卒の年収や、評価制度について解説してきました。
KPMGは、日本に上陸してから日が浅いこともあり、他のBIG4と比べると給料や待遇が悪いというイメージをもたれることがあります。
実際はそんなことはありません。
他のBIG4と比較しても同水準程度の年収で、他業界と比較しても高水準の年収と言えるでしょう。
KPMGを受けるかどうか悩んでいる人は、少なくともKPMGの年収をネックに諦める必要はありません。
むしろ、一般的な企業よりも給与水準は高いため、就活で給与面も大事にしたい新卒学生にはうってつけの企業と言えます。
KPMGの選考対策をばっちりして、内定を勝ち取りましょう!

トップ企業から内定をもらいたい君へ。

「自分が行きたい企業に本当に内定がもらえるか不安……」
「できればトップ企業からの内定が欲しい!」
「本当は商社に行きたいけど、どうしたらいけるかな?」

就活でよりハイクラス層の企業を志望するなら、どのように攻略するべきかをしっかり考える必要があります。

周りに就活で成功していて客観的なアドバイスをくれる人がいるなら、頼ってみてもいいかもしれません。

今の自分に合ったアドバイスが欲しい。就活を成功させる秘訣を知りたい、という人には、Abuild就活がおすすめです。

Abuild就活は、

【就活成功のフレームワーク】に基づいて、京大卒・外資系投資銀行出身のCEOが監修した独自カリキュラムです。

そんなAbuild就活だから、

  • 外資コンサル・5大商社・電博・メガバンクなどのトップ起業内定
  • 内定率98%
  • 通常の学歴では難しいとされる企業への逆転内定

を実現できてます。

今だけ、Abuild就活の全貌や就活成功のフレームワークを知っていただける「無料カウンセリング」を実施中です。

「無料カウンセリング」では、Abuild就活の説明はもちろんのこと、みなさんからの質問もお受けするので「本当に内定が取れるの?」みたいな際どい質問もどんどんしてください!!

「無料カウンセリング」は、数に限りがあります。

代表の新井が年収チャンネルに出演したこともあり、現在大変多くのお申し込みをいただいています。

そのため、少しでも「無料カウンセリング」にご興味のある方は、お早めのお申し込みをお待ちしております!

タイトルとURLをコピーしました