ホーム » コンサル » 【新卒向け】コンサルBIG4「KPMG」の概要や選考対策を徹底解説!
a

【新卒向け】コンサルBIG4「KPMG」の概要や選考対策を徹底解説!

コンサル

【今なら、公式LINEを友だち追加すると、就活力診断テストを無料で受けられます!】

  • 自分の就活力がどのくらいか知りたい
  • 就活していく上での自分の課題を知りたい
  • 就活において、いま何をやるべきか知りたい
という方はぜひ公式LINEを友だち追加して、診断を受けてみてください!

【完全無料】LINEを追加して、就活力診断テストを受ける



コンサル就活生にとって、大きな目標でもある「BIG4」。

その一角を占めるKPMGは比較的新しい企業ながらも、就活生に非常に高い人気があります。

人気が高いということは、その分多くの優秀な学生が選考に参加するということでもあります。

そこで、この記事では、「KPMGの内定が欲しい!」という新卒の学生に向けて、企業研究や選考の対策に役立つ情報を徹底的に解説していきます。

  • KPMGの年収は約890万円
  • 志望度が高いなら、夏のインターンシップへの参加がオススメ
  • 徹底した自己分析をしよう

KPMGとは

KPMGとはKPMGとは、元々監査、税務、アドバイザリーのサービスを提供する世界規模のグループのことです。

就活の世界で「KPMG」というとコンサルを想像する人が多いでしょう。

コンサルを手掛けているのは、厳密に言えば「KPMGコンサルティング」という企業です。

ただ、略称として「KPMG」と言われることが多いため、この記事でも「KPMG」と呼びます。

では、もう少し具体的にKPMGがどのような企業なのかみていきましょう。

 

企業の概要

KPMGの概要は次の通りです。

企業名 KPMGコンサルティング株式会社
従業員数 1,211名(2022年1月1日現在)
所在地 【東京本社】
〒100-0004 東京都千代田区大手町1丁目9番7号
大手町フィナンシャルシティサウスタワー
(大阪、名古屋にも事務所あり)
公式サイト https://recruit.kpmg-consulting.jp/index.html

KPMGの日本への進出は2014年で、BIG4の他の企業と比較すると新しい企業です。

のため、従業員数はBIG4の中でも少ないです。

しかし、近年採用活動に力を入れており、年々採用人数を増やしているとされています。

 

KPMGの強み

KPMGの強みは、サイバーセキュリティ分野です。

新型コロナの流行をきっかけに、世の中は一気にデジタル化が進みました。

これまでオンライン上では利用できなかったサービスも、今ではほとんどがオンラインで完結します。

デジタル化が進み、私たちの生活が便利になるにつれて、重要性を増しているのがITやデジタル技術のセキュリティです。

オンライン上でお金や情報をやりとりするようになったため、企業はこれまで以上にウイルスやハッカーから顧客の情報を守らなければいけなくなりました。

しかし、これまでデジタル技術を活用していなかった企業には、セキュリティに関する知見はほぼありません。

このような分野のコンサルに、積極的に取り組んでいるのがKPMGです。

今後ますますサイバーセキュリティの重要性が高まる中で、KPMGの存在感も増していくと言えそうです。

KPMG新卒の年収は?【平均年収は約900万円】

 

KPMGの年収

KPMGの平均年収は約890万円です。

KPMGは新卒1年目の年収も公開しています。

公式サイトによると、学部卒の場合は570万円、院卒の場合は590万円です。

これは標準的なモデルケースであるため、初年度から結果を出すことができれば、さらに高い年収を目指すことも可能でしょう。

KPMGの年収については、より詳しくまとめた記事も用意しています。

KPMGの選考を受ける人は、ぜひこちらの記事も読んでいってください。

KPMGの新卒選考フロー

KPMGの新卒選考フローKPMGの新卒の選考フローについて紹介します。
実際の選考の流れと、KPMGが過去に採用した実績のある学校を見ていきましょう。

選考の流れ

KPMGの選考の流れは、次の通りです。

  1. エントリー
  2. 書類選考(ES)
  3. 適性検査(Webテスト)
  4. 面接(複数回)
  5. 内々定

以上が、KPMGの選考の流れです。

KPMGでは、選考が夏、秋、春という3つのタイミングで行われています。
夏と秋の選考では、上記のフローに加えてインターンシップが実施されます。

インターンシップと呼ばれていますが、実態は選考活動の一環です。

とくに夏のインターンシップからは多くの内定者が出ているとの情報もあるため、KPMGの志望度が高い人は夏の選考への参加を忘れないようにしましょう。

KPMGが採用した実績のある学校

KPMGの採用実績がある学校は、次の通りです。

【大学院】
大阪大学、京都大学、慶應義塾大学、筑波大学、東京大学、東京工業大学、東京理科大学、早稲田大学

【大学】
青山学院大学、大阪大学、大阪市立大学、九州大学、京都大学、慶應義塾大学、神戸大学、国際教養大学、国際基督教大学、上智大学、東京大学、東京外国語大学、東京工業大学、東京理科大学、東北大学、同志社大学、一橋大学、法政大学、北海道大学、明治大学、横浜市立大学、立教大学、立命館大学、早稲田大学
その他海外大学および大学院

旧帝大、地方トップクラスの国公立大、早慶やMARCH、関関同立といった難関・有名私学が名を連ねています。

採用実績を見ると、いわゆる「学歴フィルター」がないとは断言できません。

学歴は最低でもMARCH・関関同立の水準が欲しいところです。
もし、学歴に自信がない場合は、特別なスキルや経験を身につけることでカバーしましょう。

KPMGの選考対策

KPMGの選考対策それでは、KPMGの選考を受ける際にはどのような対策をすればいいのでしょうか。
押さえたいポイントは、次の4点です。

  • 同業他社との違い
  • ES対策
  • 面接対策
  • 徹底した自己分析

それぞれ、詳しく見ていきましょう。

同業他社との違い

同業他社との違いを押さえておくことは大前提です。

コンサル業界の場合、業務内容自体は企業間でそれほど差はありません。
一方で、得意としている分野や業界、解決策へのアプローチの種類などは企業によって差があります。

KPMGの場合は、サイバーセキュリティの分野で、他社にはない強みをもっているといえるでしょう。

また、KPMGの手掛ける事業は、ほとんどがプロジェクト型とされているのも特徴の一つです。
コンサルで一般的にとられる手法は「常駐型」といい、クライアントの企業にコンサルタントを派遣し、企業内で中期的に課題の解決にあたります。

一方、プロジェクト型は、クライアントからの依頼に対し、一件ずつチームで対応していく手法です。

このように、KPMGと他社にどのような違いがあるのかを事前に調べておくことは選考対策の基本です。

その上で、自分がなぜKPMGにひかれているのか、KPMGを受けたいと思っているのかを考えるようにしましょう。

ES対策

続いて、ES対策です。

ESは出してそれっきりの書類ではなく、その後も続く面接やインターンシップの資料にもなります。

しっかりとしたESを書くことは選考フローのスタートダッシュを決めるだけではなく、その後の選考を有利に進めるために重要です。

とくに、志望動機や自己PRは、他の就活生と差をつける重要な項目です。
書くための詳しい分析や重要なポイントについて、より詳しくまとめた記事もあります。

関連記事:https://abuild-c.com/blog/shinsotsu-jikopr/
関連記事:https://abuild-c.com/blog/shinshotsu-shiboudouki/

自己PRの記事では、実際にコンサルから内定を得た学生のESも公開しています。
ぜひ、合わせて読んでください。

面接対策

もっとも重要なのが、面接対策です。
とくにコンサル企業の選考を受ける際には、特別な対策が必要になります。

それが、フェルミ推定とケース面接です。
フェルミ推定とは、実際に統計をとったり調査したりすることが難しい事柄について、経験や論理的思考をもとに仮説を立てる考え方のことです。

与えられたテーマについて、フェルミ推定を利用して答えを考える面接をケース面接といいます。

フェルミ推定は、実際のコンサルの現場でも用いられる思考方法です。
企業としては少しでも即戦力になる学生を採用したいため、選考時点でこのような面接を行うのです。

フェルミ推定やケース面接の対策については、こちらの記事を読んでみてください。

内部リンク「コンサル 面接 新卒」

徹底した自己分析

ESや面接対策も当然ながら、大前提となるのは徹底した自己分析です。

自分にはどのような強みがあり、どのような形で企業に貢献できるのか。
その強みは、自分のどのような経験から生じたものなのか。

このように、自分について徹底的に分析し、考え抜かなければ内定を勝ち取るESや面接の水準にたどり着くことはできません。

ただ、自分一人で自己分析をするのが難しいのも事実です。

もし、あなたに友人がたくさんいるなら、自分の印象や強みを聞いてまわるのも一つの手です。

友人に聞いてまわるのが難しいなら、就活塾の利用を検討しましょう。
就活塾「Abuild(アビルド)」なら、就活生一人に専任のコーチがついて、志望企業に向けた対策をしてくれます。

就活のノウハウをもったプロが、あなただけのコーチとなって、あなたの強みや魅力を引き出してくれるのです。

就活を一人の力で乗り切れるのは、ほんの一握りの学生だけです。

もしあなたが本気でコンサル企業からの内定を得たいなら、Abuildの利用も考えてみましょう。

【まとめ】徹底的に対策して、KPMGの内定を勝ち取ろう!

KPMGの概要や選考について紹介してきました。

BIG4の中でも日本での営業開始が比較的最近であるにもかかわらず、コンサル業界でどんどん存在感を増しているのがKPMGです。

その分、就活生からの人気も年々高まっています。
並大抵の努力では、内定を勝ち取ることは難しいでしょう。

内定を得るためには、近道などありません。

徹底的に企業研究や自己分析、ESや面接の対策を積み重ねることが唯一の方法です。

この記事が、あなたが内定に一歩近づくきっかけになればうれしく思います。

トップ企業から内定をもらいたい君へ。

「自分が行きたい企業に本当に内定がもらえるか不安……」
「できればトップ企業からの内定が欲しい!」
「本当は商社に行きたいけど、どうしたらいけるかな?」

就活でよりハイクラス層の企業を志望するなら、どのように攻略するべきかをしっかり考える必要があります。

周りに就活で成功していて客観的なアドバイスをくれる人がいるなら、頼ってみてもいいかもしれません。

今の自分に合ったアドバイスが欲しい。就活を成功させる秘訣を知りたい、という人には、Abuild就活がおすすめです。

Abuild就活は、

【就活成功のフレームワーク】に基づいて、京大卒・外資系投資銀行出身のCEOが監修した独自カリキュラムです。

そんなAbuild就活だから、

  • 外資コンサル・5大商社・電博・メガバンクなどのトップ起業内定
  • 内定率98%
  • 通常の学歴では難しいとされる企業への逆転内定

を実現できてます。

今だけ、Abuild就活の全貌や就活成功のフレームワークを知っていただける「無料カウンセリング」を実施中です。

「無料カウンセリング」では、Abuild就活の説明はもちろんのこと、みなさんからの質問もお受けするので「本当に内定が取れるの?」みたいな際どい質問もどんどんしてください!!

「無料カウンセリング」は、数に限りがあります。

代表の新井が年収チャンネルに出演したこともあり、現在大変多くのお申し込みをいただいています。

そのため、少しでも「無料カウンセリング」にご興味のある方は、お早めのお申し込みをお待ちしております!

タイトルとURLをコピーしました