ホーム » 未分類 » 【NNT】内定をもらえない就活生の末路は?
a

【NNT】内定をもらえない就活生の末路は?

【NNT】内定をもらえない就活生の末路は? 未分類

【今なら、公式LINEを友だち追加すると、就活力診断テストを無料で受けられます!】

  • 自分の就活力がどのくらいか知りたい
  • 就活していく上での自分の課題を知りたい
  • 就活において、いま何をやるべきか知りたい
という方はぜひ公式LINEを友だち追加して、診断を受けてみてください!

【完全無料】LINEを追加して、就活力診断テストを受ける



就活に向けた準備を進めていると、「NNT(無い内定)」という不穏な単語を目にすることがあります。

就活に失敗し、入社先がない学生の状態を表すきわめて悲惨なキーワードです。

さらに怖いのは、この「NNT」の状態には、誰しもが陥る可能性があるということ。

はたして、内定をもらえなかった就活生はどのような末路をたどることになるのでしょうか。

NNT(無い内定)とは


「NNT(無い内定)」とは、読んで字のごとく「就活で内定を得られていない状況」を表す造語です。

毎年、一定数の就活生は内定をもらえず、それぞれの進路を歩んでいくことになります。

友人らが選考開始直後の大学4年6月に次々と大企業の内定を得る中、自分だけ内定を得られないことを皮肉って「NNT」という言葉が生まれたようです。

ちなみに、反対語もあります。

「ANT」といい、「有る内定」の略語です。

内定をもらえない就活生は約1割


毎年、一定数の就活生が内定をもらえずに就活を終えることになります。

はたして、内定をもらえない就活生はどれほどいるのでしょうか。

]マイナビが毎年公表している活動実態調査に、この割合が出ています。

22年卒を対象に行われた21年10月中旬現在の調査によると、内定率は87.2%でした。

選考活動の解禁は大学4年6月であるため、およそ4か月間就活を続けても、10人に1人は内定をもらえないことになります。

ちなみに、22年卒の6月末の内定率は73.5%でした。

3か月経過しても、内定率は14%ほどしか上昇していません。

選考が本格化する大学4年6月に内定を得られていないと、徐々に内定をもらうのが難しい状況になっていくと考えられるでしょう。

内定をもらえない「NNT」就活生の末路4選


内定をもらえない「NNT」の状態になった就活生は、どのような末路をたどることになるのでしょうか。

主な進路は、次の4つです。

  1. 就活浪人する
  2. フリーター/ニートになる
  3. 留学する
  4. 大学院に進学する

それぞれ、見ていきましょう。

就活浪人(留年)する

大学を卒業したうえで、翌年の就活に参加することを「就活浪人」といいます。

企業によっては、既卒の枠で就活をすることになります。

似たような言葉が、「就活留年」です。

就活留年は、大学を留年し、翌年の就活に参加する学生のことです。

この場合は、新卒の枠で就活できます。

就活浪人は学費がかからないというメリットがある一方、「新卒」という一度きりの切り札を使えなくなるというデメリットがあります。

就活留年は、「新卒」の切り札を残したまま就活できますが、一年分の学費がかかってしまうのが難点です。

自分の経済状況をもとに、どちらかを選択することになるでしょう。

フリーター/ニートになる

正社員としての就職を諦め、フリーターやニートになる学生も一定数います。

フリーターとは、アルバイトや契約社員など、非正規雇用で働く労働者のことを指します。

どうしても正社員での就職ができずにフリーターとしての道を選ぶ場合もあれば、就活を続けるにしても経済的に働かなければならない場合もあるでしょう。

ニート(NEET)とは「Not in Education,Employment or Training」の略で、学生でもなく、働いてもおらず、職業訓練もしていない人のことです。

就活で内定をもらえない状況が続くと、「自分は社会に必要とされていない」と感じ、心に傷をおってしまう人がいます。

就活で失敗し、再度就活をする気力がわかなかったり、働く意思がなくなったりして、ニートになってしまうのかもしれません。

留学する

就活を一旦休み、海外大学へ留学をするケースもあります。

実際のところは就活留年に近い選択肢ですが、語学力を身につけたり、新しい環境に身をおいたりできるため、より前向きな選択肢と捉えることもできるでしょう。

外資系企業やグローバル展開をしている企業などでは、留学で身につけた語学力を評価してもらえる可能性もあります。

強い意思と経済的な余裕がある場合は、留学も一つの選択肢になるかもしれません。

大学院に進学する

大学院への進学も一つの手です。

理系の場合は専門性を高められるため、あえて大学院進学を選ぶ人も多いでしょう。

文系の場合も、専攻する学問によっては就職後に役立ちますし、何より次の就活まで最低2年間の猶予が生まれるというメリットがあります。

学部時代の就活をしっかりと反省して課題や改善点を見つけておき、2年間で次の就活に向けた準備を着実に進めておきましょう。

内定をもらえない「NNT」就活生の特徴


内定をもらえない「NNT」の就活生には、共通する特徴があります。

主な特徴は、次の8つです。

  1. 就活準備のスタートが遅かった
  2. 自己分析が深まっていない
  3. 面接で自分の思いを伝えられていない
  4. ESをほぼ使いまわしている
  5. 業界研究・企業分析が甘い
  6. エントリー数が少ない
  7. 清潔感がない
  8. 自己投資をしていない

一つずつ、詳しく見ていきましょう。

就活準備のスタートが遅かった

就活準備のスタートが遅いと、NNTになりやすいです。

就活準備の一つの目安になるのが、大学3年9月です。

ここまでに就活準備を始めていれば、タイミングとしては遅くありません。

反対に、就活準備が3年9月以降の開始になった場合は、焦りを感じる必要があるでしょう。

就活準備の遅れは、そのままESや面接、GDの質に直結します。

内定レベルまでESや面接の質をあげるには、お金をかけるか、時間をかける必要があります。

お金も時間もかけずに就活準備をしても、NNTになる可能性が高いことを意識しておきましょう。

自己分析が深まっていない

就活準備を始めていても、自己分析が深まっていないと内定をもらえないかもしれません。

自己分析とは、自分の考えや好み、長所などについて、過去のどのような経験がもとになっているかを考え、言葉にしていく作業です。

自己分析を深めていくと、志望動機や自己PRに説得力をもたせられるだけではなく、他の就活生にない経験もアピールできるようになってきます。

しっかりと自己分析を深めることは、内定への近道なのです。

自己分析を適当に済ませてしまっていると、就活マニュアル本に載っているような薄っぺらい志望動機や自己PRしか語れなくなってしまいます。

内定を得るためには、自己分析の手を抜かないようにしましょう。

面接で自分の思いを伝えられていない

面接で自分の思いを伝えられていなければ、内定を得られないでしょう。

面接で自分の思いを伝えれれないのには、主に2つの理由が考えられます。

  1. 面接慣れしておらず、上手に話せていない
  2. 話す内容がしょぼい

面接慣れが課題の場合は、とにかく面接の回数をこなすか、練習を繰り返す必要があります。

面接練習は面接官役を務める相手が必要になるため、友人にお願いしたり、就活塾を利用したり工夫しましょう。

話す内容がしょぼい場合、さらに自己分析をしてみましょう。

自己分析は、その他すべての就活準備の土台となる重要なプロセスです。

中途半端な自己分析では、いつまで経っても内定を得られません。

面接が苦手な原因を自分で分析し、課題を解決していくようにしましょう。

ESをほぼ使いまわしている

複数企業を受けている場合、ESを使いまわしていると内定を遠ざけている可能性があります。
選考でもっとも重要視されるのは面接です。

とはいっても、面接に進んだときに、面接官が基礎資料にするのがESです。

企業によって、求める人物像はそれぞれ違います。

求める人物像が違うにもかかわらず、それに合わせた形の自己PRを用意していないのならば、面接官からの評価はあがらないでしょう。

志望動機も同じです。

他の企業でも使い回せるような志望動機では、「なぜA社ではなく、B社を受けるのか」という質問に答えられません。

内定を得たいなら、ESの用意も手を抜かず、企業ごとに回答を練り上げるようにしましょう。

業界研究・企業分析が甘い

業界研究や企業分析が甘いと、内定につながりません。

業界研究や企業分析は、選考を受ける企業と競合他社との違いを理解するために非常に重要です。

違いがわかっていないと、面接官を納得させられるような志望動機を用意できません。

たとえば、面接で「なぜA社ではなくウチを受けるの?」と聞かれたときのことを考えてみましょう。

しっかりと答えるためには業界の知識や、その企業の強み、競合他社との違いを理解しておかなければなりませんね。

業界研究と企業分析は、目的をもたずに行っても効率的に進めることができません。

ESや面接で説得力のある志望動機を語るという目的をしっかりと理解しておきましょう。

エントリー数が少ない

選考へのエントリー数が少ないと、NNTになりやすいことにも注意しましょう。

日系の大企業の多くは、大学3年3月の広報活動解禁の時期にエントリーも開始し、3〜4月中にはESを提出することになります。

実際に選考が始まる大学4年6月以降に「やっぱり参加したい」と言っても、できないのが現実です。

内定がとれないことに焦って、後から選考に参加することはできないのです。

少しでも多くの選択肢を残すためには、できるだけ多くの企業にエントリーしておかなければなりません。

本当に行きたい企業だけではなく、同じ業界の同業他社や中小企業のエントリーも視野に入れておくようにしましょう。

清潔感がない

見た目に清潔感がないのも、内定がとれない原因になりやすいポイントです。

就活で採用担当者に見られるのは、基本的には就活生の内面です。

就活生がこれまでにどのような経験をして、どのようなスキルを身につけ、今後どのようなことをしていきたいと思っているのかを選考を通じて見ています。

しかし、内面と同様、見た目も重要です。

別に、イケメンだったり、美人だったりすることが求められるわけではありません。

相手に不快感を与えないような見た目をしているかどうかが重要なのです。

伸ばしっぱなしの髪の毛、無精髭、よれよれのワイシャツでは、いくら内面が良くても見た目での減点が大きすぎて、内定につながらなくなってしまいます。

「人に不快感を与えない」という基準を意識して、服装や髪型を整えるようにしましょう。

自己投資をしていない

自分への投資を怠っていても、内定を得ることは難しいでしょう。

自己投資には、さまざまな種類があります。

企業や業界に関する本を読むことも自己投資です。

服装や髪型にお金をかけることも、立派な自己投資の一つと言えるでしょう。

自己投資とは、ある程度のお金をかけて、それ以上のリターンを目指す行動です。

もちろん、お金をかければかけるほどよいわけではありません。

しかし、お金を惜しんで自己投資を怠れば、その分だけ自己投資をしている他の就活生と差が開いてしまいます。

高額な情報商材などの詐欺に気をつけつつ、ある程度自己投資にお金をかけることを心がけましょう。

内定がもらえなかった時の対策


どれほど努力して就活を続けても、内定をもらえないときはもらえません。

そのようなときは、どうすればよいのでしょうか。

気持ちがくじけそうになったときは、次の4つの対策を試してみてください。

  1. 友人に相談する
  2. 就活を一時中断する
  3. 就活以外の選択肢を考えてみる
  4. 就活を軽く考えてみる

それぞれ、詳しくご紹介していきます。

友人に相談する

就活に行き詰まったときは、まず友人に相談することを考えてみましょう。

内定がもらえず気持ちが落ち込んでいるとき、大学へ行ったり、友人の顔を見たりするのが億劫になるものです。

とくに、友人がすでに内定をもらっているなら、なおさらでしょう。

しかし、就活による気持ちの落ち込みは、一人で抱え込んでいても解決しません。

友人に現状の愚痴を言ったり、就活での悩みを相談したりしてみましょう。

本当の友人なら、あなたが内定をもらえていないからといって冷たくあたったり、差別したりすることはありません。

思い切って、友人にLINEを送りましょう。

他人に話を聞いてもらうだけでも、気持ちが楽になるのは間違いありません。

就活を一時中断する

悩みの原因である就活を一時中断するのも手です。

1〜2か月も休んでしまうと、その分の遅れを取り戻すのもなかなか難しいでしょう。

しかし、数日や1〜2週間程度の休みなら、努力すれば十分リカバリーできる時間です。

一度就活から離れて、思う存分趣味を楽しんだり、友人や大切な人と時間を過ごしたりすることで、気持ちをリフレッシュできます。

少しの休みをはさみ、気持ちが前向きになってきたら、再び全力で就活と向かいあいましょう。

就活以外の選択肢を考えてみる

もしかしたら、あなたは「就活をしなければならない」と決めつけてしまっているかもしれません。

就活は、必ずしも大学を卒業したタイミングでしなければならないものではありません。

もし、もう少し学生生活を楽しみたいなら、留年するのもよいでしょう。

より多くの経験を積みたいなら、留学や一人旅をしてもよいでしょう。

さらに学問の道をきわめたいなら、大学院への進学もありです。

この記事でも紹介したように、仮に就活を諦めたり失敗したりしても、いくらでも他の選択肢があります。

性格的に、どうしても就活が苦手な人もいるでしょう。

そのようなときは決して無理をする必要はありません。

視野を広くもって、就活以外にとれる選択肢がないか探してみましょう。

就活を軽く考えてみる

就活の重要性を、今よりも軽く考えてみましょう。

そもそも、学生や就活生は就活というものをあまりにも重要視しすぎる傾向にあります。

たしかに、社会人生活のスタートダッシュをきめるために、就活は重要なイベントではあります。

しかし、就活の成否でその後の人生がすべて決まるわけではありません。

最近は以前よりもかなり働き方が柔軟になってきたこともあり、転職や起業、副業など、自分のやりたいことを実現する方法がいくらでもあります。

就活がうまくいったからといって人生勝ち組なわけでも、失敗したから負け組なわけでもありません。

就活自体よりも、その後の社会人生活をどのように過ごしていくのかのほうがよっぽど重要です。

もう少し肩の力を抜いて、就活というイベントについて考えてみてはいかがでしょうか。

就活を軽く捉えられるようになれば、1、2社の選考に落ちた程度、どうということがないと感じられるようになるでしょう。

内定がもらえない「NNT」にならないための対策


内定がもらえないからといって、「人生終了」というわけではありません。

とはいえ、ほとんどの就活生はどのような形であれ、内定をもらって就活を終えたいのが本音でしょう。

そのためには、NNTにならないための対策を講じていく必要があります。

8つの対策を挙げます。

NNTにならないために、できる限りこれらの対策に取り組んでいってみましょう。

  1. 早めに就活準備に取り組む
  2. 就活イベントに参加する
  3. 周りとの情報交換を積極的にする
  4. 自己分析をやり直す
  5. 就活の軸を見直す
  6. 業界研究・企業分析をやり直す
  7. 髪型や身だしなみに気を使う
  8. 就活塾を利用する

一つずつ、具体的に説明します。

早めに就活準備に取り組む

就活の準備は、なるべく早めに取り組みましょう。

就活準備の早い・遅いを分けるボーダーは、大学3年9月です。

大学の単位やアルバイトの時間に余裕がある場合は、この時期よりも早めに就活準備を始めましょう。

準備に早くとりかかるほど、ESや面接など選考の対策を充実させることができます。

就活イベントに参加する

就活イベントは、可能な限り参加しましょう。

とくに、企業が個別に開催する説明会や、少人数で行われるセミナーへの参加がオススメです。

就活イベントに参加すれば、就活に関する知識を得られるだけではなく、周りの就活生から刺激を受けたり、モチベーションを高めたりできます。

普段の学生生活では出会うことのない友人ができることもあるでしょう。

自分の視野を広げるという意味でも、積極的に就活イベントに参加するようにしましょう。

周りとの情報交換を積極的にする

友人や知人、同級生との情報交換は積極的に行いましょう。

就活は、情報戦の側面があります。

数多くの企業が一斉に就活に関する情報を流しているため、その情報をすべて一人でチェックすることはできません。

参加者が少ない「穴場」的なインターンやセミナーがあるのに、情報自体に気づけていなければ参加することさえできません。

友人との情報交換を積極的に行うことは、自分がカバーできていなかった情報を教えてもらえることでもあります。

友人や同級生はある意味で就活のライバルですが、それ以上に就活での協力者でもあります。

Win-Winの関係になれるよう、積極的に交流していきましょう。

自己分析をやり直す

就活準備が一段落したあとも、定期的に自己分析をやり直すようにしましょう。

自分の考え方や感情は、時間の経過とともに徐々に変化していくものです。

大学3年の夏に考えていたことと、大学4年の春に考えていることは違って当たり前です。

自分の考えや感情を言語化する作業でもある自己分析も常にブラッシュアップしていかなければ、次第に今の自分の考えや感情を表現できなくなっていくでしょう。

自己分析は、一度終わったら二度とやらなくてよいというものではありません。

何度でも繰り返し取り組むようにしましょう。

就活の軸を見直す

どうしても選考が進まなかったり、就活の内容に違和感をおぼえたりしたら、就活の軸を見直してみましょう。

就活を始めた当初は「メーカーで働きたい」と思っていても、就活を進めるうちに「金融業で働きたいかも」と考えが変わることはざらにあります。

業種にこだわって就活をしていたところ、振り返ってみると重視していたのは給与や福利厚生といった待遇面だったということもあるでしょう。

就活でまったくブレない軸を最初からもっている学生は、ほんの一握りです。

その他の学生は、就活を進めるうちにいくらでも興味や関心が移り変わっていくでしょう。
就活の軸は、絶対的なものではありません。

もし就活が行き詰まっている感覚がしたら、一度就活の軸を見直す作業をしてみましょう。

業界研究・企業分析をやり直す

業界研究や企業分析も繰り返し行っていきましょう。

就活が本格化する前の業界研究や企業分析は、四季報や企業の公式サイトからの情報をもとにしたものであることがほとんどでしょう。

実際に就活が本格化すると、企業説明会やOB・OG訪問で聞いた話、友人やSNSで出回っている情報などさまざまな知識が蓄積されていきます。

新たな知識をもった状態であらためて業界や企業をみてみると、これまでは気づいていなかったことや見えていなかったことが見えるかもしれません。

自己分析と同じく、業界研究や企業分析も一度やればOKというものではありません。

繰り返し取り組み、精度を上げていきましょう。

髪型や身だしなみに気を使う

就活を通して、髪型や服装といった身だしなみに気を使う習慣を身につけましょう。

社会人の基本的なマナーとして、「相手に不快感を与えない」程度の身だしなみは必須です。

想像してみてください。

何日も洗っていないようなシャツを着ていたり、ボサボサの髪に無精髭をはやしていたりする人と話すとき、あなたはなんの偏見ももたずにその人と話せますか?

就活に限らず、人間はある程度見た目からその人の印象を感じ取るものです。

最低限の身だしなみさえ整えていれば、外見だけで損をするようなことはありません。

  • 毎朝寝癖を残さない
  • シャツにアイロンをかける

このように、基本的な部分だけでも意識的に行っていくようにしましょう。

就活塾を利用する

もっともコスパのよい対策が、就活塾の利用です。

就活塾とは、就活に関する知識やノウハウを就活生向けに講義する就活版予備校のようなサービスです。

利用料はかかるものの、就活のプロから直接ノウハウを教えてもらえるため、数ある就活対策のなかでトップクラスのコスパといえるでしょう。

とくにオススメなのが、Abuild就活のようなマンツーマン型の就活塾です。

受験とは異なり、就活では個人が自分のことを突き詰めて考え、準備を進めていかなければなりません。

10人いれば、正解が10通りある世界です。

このような世界では、本来ノウハウやコツといったものは役に立ちません。

しかし、マンツーマンの指導がある場合は別です。

マンツーマン型の就活塾では、これまでの経験で培ってきたノウハウやコツから、個人に活用できる部分を見極めて指導をしていきます。

このため、無駄のない効率的な就活準備が可能になるのです。

もし、自分一人で就活準備を進めることに行き詰まりを感じているなら、一度就活塾の利用を検討してみましょう。

【まとめ】NNTは防げる!内定をもらえない末路を防ぐために努力しよう


内定がもらえなかった就活生の末路について解説してきました。

「NNT(無い内定)」ともいわれる状況は、就活生にとっては深刻な悩みの種になりえます。

とはいえ、大学4年10月までには、10人に9人がどこかしらから内定をもらえるのも事実です。

ただ、内定をもらうためには、それまでにしっかりと準備を進めておく必要があります。

内定がもらえず、お先真っ暗…なんてことにならないよう、早め早めの準備を心がけましょう。

トップ企業から内定をもらいたい君へ。

「自分が行きたい企業に本当に内定がもらえるか不安……」
「できればトップ企業からの内定が欲しい!」
「本当は商社に行きたいけど、どうしたらいけるかな?」

就活でよりハイクラス層の企業を志望するなら、どのように攻略するべきかをしっかり考える必要があります。

周りに就活で成功していて客観的なアドバイスをくれる人がいるなら、頼ってみてもいいかもしれません。

今の自分に合ったアドバイスが欲しい。就活を成功させる秘訣を知りたい、という人には、Abuild就活がおすすめです。

Abuild就活は、

【就活成功のフレームワーク】に基づいて、京大卒・外資系投資銀行出身のCEOが監修した独自カリキュラムです。

そんなAbuild就活だから、

  • 外資コンサル・5大商社・電博・メガバンクなどのトップ起業内定
  • 内定率98%
  • 通常の学歴では難しいとされる企業への逆転内定

を実現できてます。

今だけ、Abuild就活の全貌や就活成功のフレームワークを知っていただける「無料カウンセリング」を実施中です。

「無料カウンセリング」では、Abuild就活の説明はもちろんのこと、みなさんからの質問もお受けするので「本当に内定が取れるの?」みたいな際どい質問もどんどんしてください!!

「無料カウンセリング」は、数に限りがあります。

代表の新井が年収チャンネルに出演したこともあり、現在大変多くのお申し込みをいただいています。

そのため、少しでも「無料カウンセリング」にご興味のある方は、お早めのお申し込みをお待ちしております!

タイトルとURLをコピーしました