ホーム » コンサル » 新卒のコンサル就活における逆質問!準備方法やポイントを紹介
a

新卒のコンサル就活における逆質問!準備方法やポイントを紹介

新卒のコンサル就活における逆質問!準備方法やポイントを紹介 コンサル

【今なら、公式LINEを友だち追加すると、就活力診断テストを無料で受けられます!】

  • 自分の就活力がどのくらいか知りたい
  • 就活していく上での自分の課題を知りたい
  • 就活において、いま何をやるべきか知りたい
という方はぜひ公式LINEを友だち追加して、診断を受けてみてください!

【完全無料】LINEを追加して、就活力診断テストを受ける



新卒の就活市場でもトップクラスの人気を誇るコンサル業界。
多くの優秀な学生も選考に参加するため、内定までのハードルが高い業界の一つでもあります。

そんなコンサル業界からの内定を得るためには、面接の対策が必須です。
この記事では、面接の中でもしっかり対策できている人が少ない「逆質問」について、対策のポイントやNGな質問例をまじえながら解説します。

ぜひ最後まで読んで、コンサル業界の内定に近づきましょう。

・ 逆面接は、企業が学生を見極める場
・ ポイントを押さえれば、逆質問の対策はバッチリ
・ 学生がしがちな「NG質問」を実例付きで紹介

コンサルの逆質問で見られているポイント3つ

コンサルの逆質問で見られているポイント
まずは、コンサルが逆質問で学生のどういったポイントを見ているのかを学びましょう。

そもそも、逆質問とは、面接中に面接官から「なにか質問はありますか」など、学生に対して質問を促すことです。
面接の最後に聞く企業がほとんです。しかし、中には面接の途中で逆質問の時間を設けている企業もあるので注意しましょう。

当然ながら、コンサル業界の面接でも、この逆質問は頻繁にされることになります。

逆質問を「聞きたいことを企業に聞ける場」と考える学生もいますが、それは違います。
あくまでも、逆面接も選考過程の一部です。

企業が、学生の素質や適性を見極めるために実施していることを忘れないようにしましょう。
コンサル業界の逆質問では、主に次の3点が見られています。

    1. 応募者の意欲
    2. 企業や業種への適性
    3. コミュニケーション能力

    それぞれ、ご紹介します。

    1.応募者の意欲

    逆質問で見られている1つ目のポイントは、応募者の意欲です。
    逆質問は、学生が企業に対して質問することになるため、学生の企業への関心や下調べの深さがよくわかります。

    企業の実績や事業について調べた上での質問と、企業について何も理解せずにした質問では、面接官側へ与える印象が大きく変わります。

    しっかりと対策された質問では企業に対する関心や意欲が高いと受け取られ、その場の思いつきで聞いたような逆質問なら、「この学生はうちの企業の志望度が低そうだ」と考えられてしまうかもしれません。

    自分の企業に対する熱意や想いが逆質問で見られているということは、意識しておきましょう。

    2.企業や業種への適性

    企業や業種への適性も、逆質問で見られる項目の1つです。

    逆質問では、逆質問に対する面接官からの答えへの反応や、その後の受け答えを通じて、学生の性格が浮き彫りになります。

    積極性のある姿勢が見えたら、営業職に向いていると判断されるかもしれません。
    細かいデータを扱うことの多い企業ならば、学生がどこまで企業についてリサーチをしているかを見ているでしょう。

    このように、面接官は逆質問を通じて、学生の適性を見ています。
    自分が受けている企業がどのような適性の学生を求めているのかを考えた上で、それを逆質問で表現できないか考えるようにしましょう。

    3.コミュニケーション能力

    コミュニケーション能力も、逆質問で見られる重要な要素です。

    逆質問は、学生がした質問に面接官が答えて終了…ではありません。
    面接官の回答に対するリアクションや、その後の会話の続き方も面接官はチェックしています。

    逆質問を切り口に、いかに面接官と会話を続けるコミュニケーション能力があるかを見ているわけです。

    面接官がどのような回答をしてくれるかまで事前に想定しておくことは難しいでしょう。
    このため、本番でコミュニケーション能力を発揮できるかどうかは、事前に面接練習を積むことが重要です。
    練習できる環境がある人は存分に活用し、環境がない人は就活塾やコミュニティに入って、どんどん面接練習を繰り返すようにしましょう。

    新卒でもできる!コンサルの逆質問への準備

    新卒でもできるコンサルへの逆質問への準備
    コンサルの逆質問は、準備が命です。
    コンサルを志望する新卒の学生に向けて、準備をするのに必要な3つのポイントを紹介します。

    公式に出ているデータを読み込む
    自分なりの仮説や考えを練る
    念入りに面接対策をする

    詳しく説明していきます。

    公式に出ているデータを読み込む

    面接を受ける企業が公式に出しているデータは、徹底的に読み込むようにしましょう。
    最低でも、企業が公式サイトに出しているような事業や商品の情報は一通り目を通しておきましょう。
    志望度が高い企業で、その企業が上場している場合は、「有価証券報告書」も可能な範囲で目を通すとベターです。

    有価証券報告書とは、企業が株主に対して出している企業情報がまとまった資料です。
    企業の事業内容はもちろん、売上や利益、財務状況が細かく書かれています。

    逆質問の準備をする際には、このような情報を一通り押さえておきましょう。

    というのも、企業が公にしていることをわざわざ質問することは、面接官から「勉強不足」と受け取られかねないためです。

    公式の情報をしっかりと学んだ上で、公に出ていない情報を聞くような質問を考えるようにしましょう。

    自分なりの仮説や考えを練る

    自分なりの仮説や考えを練った上で、逆質問をすることも重要です。

    ただ「〜〜〜ですか?」と聞くのではなく、「私は●●●と思うのですが、いかがでしょうか?」と聞くようにするだけで、自分が真剣に企業について考えていることを伝えることができます。

    自分なりの仮説や考えを練るには、前項でも紹介した通り、公になっている情報を一通り集めることが必要です。
    集めた情報をもとに逆質問の内容を考え、さらに逆質問に関する仮説や考えをまとめるようにしましょう。

    念入りに面接対策をする

    念入りな面接対策も欠かせません。
    逆質問の難しさの1つに、「聞くだけで終わらない」ことがあります。

    逆質問は聞くだけではなく、面接官からの回答を受けての切り返しへの対応も必要です。
    逆質問では、公になっていないことについて聞くことになるため、回答を想定しての対策は難しいでしょう。
    このため、実際の面接官の回答を聞いてからアドリブで対応していく必要があります。

    このアドリブ力を身につけるには、事前の面接練習あるのみです。
    さまざまな人に面接官役をやってもらい、対応力や自信を身につけていくようにしましょう。

    コンサルの逆質問を考える3つのポイント

    コンサルの逆質問を考えるポイント
    続いて、実際に逆質問について考える際、念頭に置いておきたいポイントについて紹介します。

    面接官は誰か
    どんな会社なのか
    自己PRにつなげられるか

    それぞれ、見ていきましょう。

    面接官は誰か

    逆質問を考える際に押さえたいポイントの1つ目は、面接官が誰かということです。
    ほとんどの企業では、選考過程で複数回の面接を行います。

    1次、2次、3次…と先に進むにつれ、段々と面接官の役職が上がっていくのが一般的です。

    大手や人気企業を受ける場合、しっかりと事前に情報収集すれば、面接に出てくる面接官のおよその年齢や役職を知ることができます。

    逆質問を考えるときは、その役職の人が答えられるような内容について尋ねるようにしましょう。

    ほぼ平社員クラスの面接官に経営方針について聞いても意味がありません。
    反対に、社長や役員クラスが出てくる面接で、現場の空気感や実務について尋ねるのも場違いでしょう。

    このように考えれば、逆質問を用意する際に面接官が誰かを意識することの重要性がわかるはずです。
    ぜひ、事前に面接官に関する情報を集めましょう。

    どんな会社なのか

    企業がどのような商品・サービスをもっているのか、どのような風土の会社なのかを意識することも重要です。

    繰り返し説明しているように、逆質問の基本は、企業が公にしている情報を一通り学ぶことです。

    企業のことを知らなければ、聞かなくても良いことを聞いてしまいかねません。
    調べればわかることを聞くことは、面接官の心象を非常に悪くします。

    事前に調べられることを調べておくのは、面接対策の基本です。やっていて当たり前のことですので、コンサルのような人気業界を目指す人はぜひ事前調査を忘れないようにしましょう。

    その上で、企業の雰囲気やマインドについて、OBOG訪問などを通して知っておくとより良いでしょう。
    体育会系の風潮が強い企業なら、熱血さや情熱が伝わるような質問を用意しておくといいでしょう。
    反対に、理知的であることが好まれるような企業なら、論理力やリサーチ力が伝わる質問を用意しておくとベターです。

    逆質問は相手の企業を知るための場ではなく、相手の企業をどれほど知っているかのアピールの場であると意識するようにしましょう。

    自己PRにつなげられるか

    逆質問が自己PRをにつなげられるかという視点も忘れてはいけません。
    逆質問を「企業に聞きたいことを聞ける」と考えている学生がいますが、それは違います。

    あくまでも逆質問は選考過程の面接の一部で、企業が学生の適性や素養を見る場であることを忘れてはいけません。

    そう考えれば、逆質問も立派な自己PRの場になります。

    なにを聞くのかはもちろん、聞き方や話し方、面接官の回答に対する受け答えなどが学生のPRにつながります。

    もし、質問をすることが自分のPRにつながっていないのならば、聞き方がおかしかったり、質問と前提となる情報収集が不足していたりするかもしれません。
    ぜひ、自分の質問内容が自己PRにつながるかという視点で見直してみましょう。

    絶対にダメ!新卒がやりがちなNG逆質問4パターン

    NG逆質問
    逆質問は対策をしていない学生が多く、してはいけない逆質問をしている人も多いのが実態です。
    ここでは、新卒の学生が聞きがちな「NG逆質問」4パターンを紹介します。

    1.興味本位の質問
    2.調べればわかる質問
    3.業務内容に関係のない質問
    4.自信がなさそうな質問

    ここで紹介する質問は、多くの学生がしてしまいがちな逆質問です。
    このような質問を避けられれば、他の学生と差をつけることができるかもしれません。

    一つずつ、見ていきましょう。

    1.興味本位の質問

    興味本位の質問は面接官の心証を悪くします。
    たとえば、次のような質問です。

    休日はどのように過ごしていますか?
    ネットで●●という情報を見たのですが、本当ですか?
    御社の商品(サービス)をお得に買う方法はありますか?

    このような逆質問への回答で、学生の知的好奇心は満たされるかもしれません。
    しかし、面接の場でこのような質問をする野次馬根性が面接官から評価されるかどうかは、まったくの別問題です。

    忘れてはいけないのは、逆質問は自己PRの場でもあるということです。
    質問をする行為を通じて、自分の良いところや姿勢、企業への思いを伝えなければいけません。
    そのように考えた場合、野次馬的な質問をすることが好ましいかどうかは、自然とわかるでしょう。

    どうしても興味本位の質問をしたいなら、OBOG訪問のようなカジュアルな場で済ませておきましょう。

    2.調べればわかる質問

    調べればわかる質問も逆質問ではNGです。
    とくに志望度の低い企業の面接で聞きがちな質問といえるでしょう。

    具体例を挙げてみます。

    御社の企業理念はなんですか?
    取引先にはどのような企業があるのでしょうか?
    御社の事業内容を簡単にお聞きしたいです。
    御社の売上高はどれくらいでしょうか?

    このような質問は、企業の公式サイトを見れば答えがわかる質問です。
    調べればわかる質問を逆質問の時に聞くことは、面接官に「この学生はうちの会社について調べてきていないな」と思わせてしまいます。
    言い換えれば、志望度が低いととらわれかねないわけです。
    同じ能力で志望度の低い学生と高い学生がいたら、志望度の高い学生をとるのは当然のことです。
    自ら、自分の評価を下げるような質問をしないように気をつけなければなりません。

    そもそも、逆質問を考える際に、企業について徹底的に調べることは基本中の基本です。
    志望度の高低に関係なく、最低でも企業の公式サイトの内容は押さえておくことをオススメします。

    もし志望度が高い場合は、実際にOBOG訪問でわからない点を聞いておいたり、上場企業ならば有価証券報告書を見たりするのも良い手です。

    逆質問でするべきなのは、すでに公になっている情報を踏まえた上で、さらに踏み込んだ質問です。
    間違っても、調べればわかるような内容を聞くことはしないようにしましょう。

    3.業務内容に関係のない質問

    業務内容に関係のない質問も避けるようにしましょう。
    業務に関係のない質問とは、主に福利厚生や休暇に関する質問のことです。
    たとえば、次のような質問です。

    有給はしっかり消化できますか?
    ボーナスってどれくらいもらえるんですか?
    年間休日って、実際どれくらいとれていますか?

    福利厚生や休暇は、労働者の権利です。
    就活で、福利厚生や休暇制度の充実さを軸にすることも悪いことではありません。

    しかし、面接の逆質問でそのようなことを聞くのは、面接官の心証を悪くしかねません。
    福利厚生や休暇は、あくまで業務があった上で活用するものです。
    福利厚生や休暇のことばかり聞く学生は、面接官からすると「仕事には興味ないのかな?」と思われてしまいます。
    聞くにしても必要最低限にとどめ、しっかりと業務に関する質問をするようにしましょう。

    4.自信がなさそうな質問

    自分に自信がなさそうな質問も逆質問では避けるべきです。
    「会社に頼ろうとする姿勢が見える質問」と言い換えてもいいでしょう。

    次のような質問です。

    御社の研修内容は充実していますか?
    いろいろ学ばせていただきたいのですが、どのような制度がありますか?
    能力を伸ばしてもらえる環境でしょうか?
    ノルマが達成できないとどうなりますか?

    いずれも、会社の力を借りて自分を成長させようとしていたり、業務をこなせる自信がないことが見えたりする質問です。

    会社の制度や環境を利用するのも、会社員の大切な権利です。
    しかし、逆質問の場でこのような質問をしてしまうと、他力本願な学生と思われてしまうかもしれません。

    「能力を伸ばしてもらえる」を「能力を伸ばしたいが、それで疎まれたり足を引っ張られたりしないか」と聞き方を変えるだけでも、与える印象が変わる質問でもあります。

    もし、このような質問をしようとしているならば、一度聞き方を考え直してみましょう。

    新卒のコンサル就活では、逆質問に備えよう

    新卒のコンサル就活では、逆質問に備えよう
    新卒のコンサル就活における逆質問について解説してきました。

    人気が高く、優秀な学生が多く受けるコンサル業界の選考に参加するならば、対策できることは徹底的に対策しなければ内定までたどり着きません。

    面接の中でも、逆質問は対策を怠ってしまう学生が多い部分でもあります。
    ここをしっかりと対策しておくことで、他の学生との差別化につながります。

    この記事を参考にしつつ、自分の逆質問のプランを練り上げてみましょう。

    また、逆質問では実践的な面接練習の積み重ねが重要です。
    大学の就職支援担当課や、就活塾を利用して、繰り返し面接練習をするようにしましょう。

     

トップ企業から内定をもらいたい君へ。

「自分が行きたい企業に本当に内定がもらえるか不安……」
「できればトップ企業からの内定が欲しい!」
「本当は商社に行きたいけど、どうしたらいけるかな?」

就活でよりハイクラス層の企業を志望するなら、どのように攻略するべきかをしっかり考える必要があります。

周りに就活で成功していて客観的なアドバイスをくれる人がいるなら、頼ってみてもいいかもしれません。

今の自分に合ったアドバイスが欲しい。就活を成功させる秘訣を知りたい、という人には、Abuild就活がおすすめです。

Abuild就活は、

【就活成功のフレームワーク】に基づいて、京大卒・外資系投資銀行出身のCEOが監修した独自カリキュラムです。

そんなAbuild就活だから、

  • 外資コンサル・5大商社・電博・メガバンクなどのトップ起業内定
  • 内定率98%
  • 通常の学歴では難しいとされる企業への逆転内定

を実現できてます。

今だけ、Abuild就活の全貌や就活成功のフレームワークを知っていただける「無料カウンセリング」を実施中です。

「無料カウンセリング」では、Abuild就活の説明はもちろんのこと、みなさんからの質問もお受けするので「本当に内定が取れるの?」みたいな際どい質問もどんどんしてください!!

「無料カウンセリング」は、数に限りがあります。

代表の新井が年収チャンネルに出演したこともあり、現在大変多くのお申し込みをいただいています。

そのため、少しでも「無料カウンセリング」にご興味のある方は、お早めのお申し込みをお待ちしております!

タイトルとURLをコピーしました