ホーム » 就活塾 » 就活塾はやばい?選んじゃいけない就活塾
a

就活塾はやばい?選んじゃいけない就活塾

就活塾はやばい?選んじゃいけない就活塾 就活塾

【今なら、公式LINEを友だち追加すると、就活力診断テストを無料で受けられます!】

  • 自分の就活力がどのくらいか知りたい
  • 就活していく上での自分の課題を知りたい
  • 就活において、いま何をやるべきか知りたい
という方はぜひ公式LINEを友だち追加して、診断を受けてみてください!

【完全無料】LINEを追加して、就活力診断テストを受ける



みなさんは、就活塾についてどんなイメージをおもちですか?本来の就活塾は、就活生が、就活の知識やノウハウ、就職後にも活きる経験を身につけられる有料サービスです。

しかし、一部の悪徳業者のせいで、「就活塾はやばい」「詐欺」「何をしているのかわからない」というイメージをもたれてしまいがちです。そこで、今回の記事では、就活塾の実態と合わせて、選んではいけないやばい就活塾の特徴についてご紹介します。

・「やばい」就活塾は、一部の悪質な塾
・「やばい」就活塾の特徴を押さえて、選ばないようにしよう
・同時に、よい就活塾選びのポイントを押さえれば、騙される心配はほぼゼロに

就活塾はやばい?

就活塾はやばい?
そもそも、就活塾は「やばい」団体なのでしょうか。
やばい就活塾を紹介する前に、現在の就活戦線における就活塾の実態をご紹介します。

多くの就活塾は「まとも」

ほとんどの就活塾は、やばくありません。
まともな人々が、就活生のために、自社の知識やノウハウを余すことなく伝えています。

近年、企業側の採用フローが多様化していることもあり、就活をめぐる情報収集や学習が複雑になっています。

一部の優秀な学生は、個人の力だけで就活を乗り越えていますが、大半の学生はそうでありません。
大学の就職支援や、就活エージェントといったサービスを利用することになります。

その一つの選択肢が、就活塾です。

就活塾は、多様な経歴の講師陣を揃え、講師らの経験やノウハウをもとに、就活生に対してエントリーシートの書き方や、面接を受ける際のテクニックを指導します。
最近では、就職後を見据えたキャリアコンサルティングや、社会人になっても役立つ経験ができるような指導を行う就活塾も増えてきました。

複雑になっている就活戦線の中で、就活塾は有力な選択肢の一つと言えます。

中には「やばい」就活塾も

ただし、中には「やばい」就活塾があるのも事実です。
大学や企業説明会の会場の周辺に営業マンを配置し、アンケートを装って就活塾への入塾を勧誘するところもあります。

また、入塾後に「営業の練習」として、マルチ商法まがいのことを学生にやらせるような学習塾もあるそうです。

当然ながら、このような就活塾は、運営しているのが悪質な業者です。
学生が抱える就活への不安を利用し、大事なお金をだまし取ろうとするような業者がいるのは、残念でなりません。

就活塾による被害

このような悪質な就活塾による被害は実際に生じています。

東京都は、2020年3月に、都内に拠点を置くある就活塾に対し、営業を禁じる処分を出しました。

東京都であったケース

もし自分がこのような営業を受けることを想像すると、怖いですね。

消費者庁も、若者に多い消費者問題として、「就活塾」の名前を挙げています。

もし、あなたが就活塾に入ろうかどうか考えているなら、仲良くない友人からの紹介や、少しネットで見ただけで就活塾を選んではいけません。

このような選んではいけない「やばい」就活塾には、特徴があります。

その特徴を避けるように、入る就活塾を検討するようにしましょう。

選んじゃいけない「やばい」就活塾の特徴

選んじゃいけない「やばい」就活塾の特徴
選んではいけない「やばい」就活塾には、共通の特徴があります。
もし、あなたが入ろうとしている就活塾が、次の5つの特徴のうちでどれか一つでも当てはまるなら、すこし冷静になって考え直したほうがよいかもしれません。

  • 勧誘が強引
  • 修了生の声が掲載されていない
  • マルチ商法をしている
  • 運営会社が不明
  • 講師の経歴が不明

一つずつ、詳しく見ていきましょう。

勧誘が強引

まず、勧誘が強引なのが特徴の一つです。
大学や企業説明会のまわりでアンケート調査を実施し、連絡先を書いてくれた学生に対して、後日「無料セミナー」に勧誘するなどの手法がよくあります。

特定商取引法という、営業や勧誘の方法を定めた法律で、勧誘であることを明示せずに営業活動をすることは、禁じられています。

「勧誘じゃない」と言いつつ、実際にセミナーに行ったら入塾や高額な商品の購入を進められた――

こういった就活塾は、法律に違反しているような悪徳業者である可能性が高いです。
注意しましょう。

修了生の声が掲載されていない

就活塾に通い、内定を経て社会人になった「修了生」の声が、公式サイトに掲載されているかどうかもチェックしましょう。

指導内容の意味が薄かったり、違法すれすれの活動をしたりしているような就活塾は、入塾生のサービス満足度が高まりません。
満足に修了生を送り出せていなければ、そもそも修了生の声を掲載できません。

このように、公式サイトに修了生の声が掲載されているかどうかは、その就活塾の信頼性やサービス内容を証明する一つの手がかりとなります。

お金を払って出演してもらう、いわゆる「サクラ」のような演出もありますから、必ずしも「修了生の声があるから、よい就活塾」とは言えません。
ですが、もし修了生の声が一つも掲載されていないようなサイトをもつ就活塾なら、その塾へ行くかどうかを一度考えなおすべきです。

マルチ商法をしている

悪質な就活塾では、「営業の練習」と称して塾生に高額の商品を買わせ、友人に転売させる「マルチ商法」に近い活動をしているところもあります。

マルチ商法自体は、法律で禁止されているわけではありません。
ただ一方で、購入者とのトラブルが生じたり、自分自身が損をしたりする可能性がある商法であることは間違いありません。

このような事実を塾生に伝えないまま、それを「営業活動」と呼ぶような就活塾は、まともとは言えない「やばい」就活塾と言えるでしょう。

運営会社が不明

就活塾の公式サイトに運営会社が載っていない就活塾も、「やばい」可能性があります。
仮に運営会社が載っていても、会社自体のサイトがない場合も注意するようにしましょう。

就活塾もビジネスですから、個人事業主がやっているようなケースを除けば、基本的には法人が運営しています。

まともな法人なら、自社が提供している商品やサービスには、自社のものであることを明示します。
運営会社が掲載されていないのは、このような常識的な対応もしていないような法人か、あるいは個人が経営しているような小さい就活塾のサイトです。

個人経営の就活塾は必ずしも「やばい」わけではありません。
ですが、それなりに公式サイトが整っているのに、運営会社が載っていない場合は怪しんだほうがよいでしょう。

また、運営会社自体のサイトがあるかどうかも確認するべきです。
会社は、皆さんが思っているよりも簡単に立ち上げられます。

実務の世界では、違法な行為で処分された法人を潰して、名前を変えて別の法人として再スタートするということも当たり前のように行われます。

このため、運営会社の名前が載っているだけで信頼してはいけません。

運営会社に、きちんと経営の実態があるかどうか、会社自体のサイトがあるかを見るようにしましょう。

講師の経歴が不明

多くの就活塾では、セールスポイントとして講師の経歴を公開します。
さまざまな経歴の講師陣がいれば、就活生の細かい志望に合わせた指導ができるからです。

しかし、中には講師の経歴を載せず、名前と性別程度しか載せていない就活塾もあります。
このような就活塾を見たときは、「もしかしたら、経歴を載せられるような講師がいないのかもしれない」と疑うようにしましょう。

もちろん、副業的に働いている講師が、詳細な経歴を公式サイトに掲載しないようなケースもあります。

ただ、就活塾全体で一人も講師の経歴が載っていないのは異常と言わざるを得ません。
就活塾として、どこまで充実した指導をしているのかもわかりませんから、こういった就活塾は避けるよう心がけましょう。

就活塾を選ぶポイント

就活塾を選ぶポイント
ここまで、「やばい」就活塾の特徴を見てきました。
では、「やばくない」就活塾の中から行くべき就活塾を選ぶには、どのようなポイントがあるのでしょうか。

それは、次の3つです。

  • 会社の情報を確認する
  • 口コミを調べてみる
  • 個別指導があるか確認する

会社の情報を確認する

「やばい」就活塾の特徴でも解説した通り、就活塾を運営している会社の情報をしっかり確認するようにしましょう。
そもそも会社名すら掲載されていないのは論外として、会社がどのようなビジネスをしているのか、代表は誰なのか、どんなビジョンを掲げているのかを見る必要があります。

運営会社の方針やビジョンは、それがそのまま就活塾の方針にも反映されています。

会社が就活をどのように見ているのか、学生の将来や可能性について、どのような考えをもっているのか。

会社の掲げている理念やビジョンに共感ができるなら、その会社が運営している就活塾とあなたの相性はよいかもしれません。

逆に、理解できない部分が多かったり、まったく共感できなかったりする場合は、自分が望むような指導を受けられないかもしれません。

就活塾選びで後悔しないよう、会社の情報を確認するようにしましょう。

口コミを調べてみる

気になる就活塾がある場合は、ネットやSNSで口コミを調べるようにしましょう。
具体的な塾の名前を検索すると、実際に通った経験のある人や修了生の話を見られる場合があります。

とくに、通った経験のある人の意見は貴重です。
その人が、就活塾の指導内容に満足しているかどうか、しっかりと見てみましょう。

口コミを調べると、当然悪い評判も出てきます。
注意したいのは、「悪い評判がある。この就活塾はやばい!」と判断してしまうことです。
どんなによい指導をしている就活塾でも、通う人によっては合う・合わないがあります。
このため、まともな就活塾でも少なからず悪い口コミがあります。

大事なのはよい評判と悪い評判のバランスです。
悪い評判しかないような就活塾は、指導内容に問題がある可能性があります。
よい評判の方が多く、悪い評判が少ない就活塾なら、比較的多くの人に評価されるような指導をしている可能性が高いと考えられます。

数件の口コミや評判を見て判断するのではなく、十数件、場合によっては十数件の口コミや評判を見た上で、就活塾選びをしましょう。

個別指導があるか確認する

個別指導があるかどうかも、就活塾を選ぶポイントの一つです。

エントリーシートの書き方にしても、面接のテクニックにしても、就活生一人ひとりの個性に合った方法を身につけていくことが重要です。
就活後のキャリアコンサルタントとなれば、さらに就活生の個性に合わせた指導が必要になってきます。

もちろん、学校のような多人数で受ける授業や講義形式でも学べることはあります。
しかし、就活塾で学べる重要な要素は、いずれも個人指導があってはじめて最も効率的に身につけられるものです。

そのため、個別指導があるかどうかは、就活塾選びの大事なポイントの一つになります。
忘れないようにしましょう。

ここまで3つのポイントを押さえれば、悪質な「やばい」就活塾に引っかかる可能性はかなり低くなるでしょう。
あなたが就活塾を選んでいる途中なら、ぜひ意識してみてください。

「やばい就活塾を避けて、よい就活塾を選ぼう」まとめ

matome
多くの就活塾は、就活生のことを第一に考え、就活に必要な知識やテクニック、就職後に役立つ経験を積んでもらおうと、日々指導内容を磨いています。

一方で、強引な営業活動や詐欺まがいの指導で就活生をだますようなビジネスをしている就活塾があるのも確かです。

大事なのは、このような「やばい」就活塾に引っかからず、正しく就活塾を選ぶことです。
ぱっと見の印象や友人からの紹介だけではなく、この記事で紹介したようなポイントを踏まえて就活塾を選ぶようにしましょう。

東京の就活塾に関して気になる方はこちらをご覧ください。

東京の就活塾おすすめ12選|特徴・違いまで紹介! - 短期就活ドットコム
東京都内にある就活塾12選を厳選して紹介いたします!この記事を読み優れている就活塾について知れば、自分の行くべき就活塾について理解することができ内定を獲得することができます。

トップ企業から内定をもらいたい君へ。

「自分が行きたい企業に本当に内定がもらえるか不安……」
「できればトップ企業からの内定が欲しい!」
「本当は商社に行きたいけど、どうしたらいけるかな?」

就活でよりハイクラス層の企業を志望するなら、どのように攻略するべきかをしっかり考える必要があります。

周りに就活で成功していて客観的なアドバイスをくれる人がいるなら、頼ってみてもいいかもしれません。

今の自分に合ったアドバイスが欲しい。就活を成功させる秘訣を知りたい、という人には、Abuild就活がおすすめです。

Abuild就活は、

【就活成功のフレームワーク】に基づいて、京大卒・外資系投資銀行出身のCEOが監修した独自カリキュラムです。

そんなAbuild就活だから、

  • 外資コンサル・5大商社・電博・メガバンクなどのトップ起業内定
  • 内定率98%
  • 通常の学歴では難しいとされる企業への逆転内定

を実現できてます。

今だけ、Abuild就活の全貌や就活成功のフレームワークを知っていただける「無料カウンセリング」を実施中です。

「無料カウンセリング」では、Abuild就活の説明はもちろんのこと、みなさんからの質問もお受けするので「本当に内定が取れるの?」みたいな際どい質問もどんどんしてください!!

「無料カウンセリング」は、数に限りがあります。

代表の新井が年収チャンネルに出演したこともあり、現在大変多くのお申し込みをいただいています。

そのため、少しでも「無料カウンセリング」にご興味のある方は、お早めのお申し込みをお待ちしております!

タイトルとURLをコピーしました