ホーム » 就活塾 » 大手の就活塾に行くメリット・デメリットは?オススメの大手就活塾も紹介
a

大手の就活塾に行くメリット・デメリットは?オススメの大手就活塾も紹介

就活塾

【今なら、公式LINEを友だち追加すると、就活力診断テストを無料で受けられます!】

  • 自分の就活力がどのくらいか知りたい
  • 就活していく上での自分の課題を知りたい
  • 就活において、いま何をやるべきか知りたい
という方はぜひ公式LINEを友だち追加して、診断を受けてみてください!

【完全無料】LINEを追加して、就活力診断テストを受ける



就活塾について調べると、全国展開しているような大手から、本当に就活生が在籍しているのか怪しい就活塾まで、大小さまざまです。

その中でも、大手の就活塾には大手の、小さな就活塾には小さな就活塾なりのメリットがあります。

そのため、自分は大手就活塾の方が合っているのか、小さな就活塾が合っているのか、それぞれの特徴やメリット・デメリットを理解した上で考えることが必要です。

そこで、当記事では、大手の就活塾について通うメリットやデメリット、5つのオススメ大手就活塾について紹介していきます。

就活塾選びに悩んでいる人は、ぜひ最後まで読んでくださいね。

・大手就活塾に通うメリットは、指導経験や内定実績が豊富なこと
・デメリットは、個別サポートが薄かったり、指導に柔軟性がなかったりすること
・自分に合うか合わないかを考えて、大手に行くべきかどうかを考えよう

就活塾は大手に通うべきなのか

就活塾は大手に通うべきか
そもそも、就活塾は大手に通うべきなのでしょうか。

結論は簡単で、「人による」です。

大手の就活塾には大手なりのメリットやデメリットが、小さな就活塾には小さいなりのメリットやデメリットがあります。

もしあなたが今、就活塾選びに悩んでいるのならば、自分が置かれている状況を把握した上で、どちらが自分に向いているかを考える必要があります。

そこで、まずは多くの就活生が通う「大手」と言われる就活塾について学んでいきましょう。

大手の就活塾に通う3つのメリット

大手の就活塾に通うメリット
大手の就活塾に通うメリットは、次の3つです。

  1. 指導の経験や実績が豊富
  2. サービスの質が高い
  3. 悪徳業者がいない

一つずつ、詳しくみていきましょう。

1.指導の経験や実績が豊富

大手と言われる就活塾は、どこも就活生への指導経験や実績を豊富にもっています。

大手就活塾は、業界の中でも昔から営業しているところも多いです。

中には30年近く運営されている就活塾もあります。

運営期間が長くなれば、それだけ就活に関わるノウハウが蓄積されたり、就活市場の動向についての情報が積み上がったりするでしょう。

当然、指導をした就活生の数も増えていくため、指導の経験や実績もどんどん増えていきます。

また、「大手」と言われるくらいですから、通っている就活生の数も業界内で比較的多くなります。

就活生の人数が多い分、講師たちはさまざまなパターンの指導を経験することになるでしょう。

さまざまな業界への就活生を抱えるため、非常に幅広い業界での内定実績も積み上がることになります。

このように、大手の就活塾のメリットには、豊富な指導経験や実績があることを挙げられるでしょう。

2.サービスの質が高い

サービスの質の高さも大手就活塾に通うメリットです。

大手就活塾は、長い運営歴があったり、多くの就活生がいたりすることがほとんどです。

指導経験が積み重なる中で、多くの就活生からのフィードバックや、失敗体験をもとに、指導内容がどんどん改善されていきます。

学習用の動画やテキストなど、就活向けの教材を用意している塾も多いでしょう。

また、オンライン授業にも対応し、地方や海外に住む就活生へのサービスを充実させているような就活塾もあります。

大手就活塾は、これまでに積み上げてきた指導経験や実績から指導内容を磨いたり、資本を活用して、より手厚いサービスを展開したりしているため、サービスの質が高いといえます。

3.悪徳業者がいない

詐欺まがいの商材を売っている悪徳な業者がいないのも、大手就活塾の中から通う塾を選ぶメリットの一つです。

残念ながら、一部の就活塾には、詐欺まがいの教材を売ったり、強引な勧誘で学生を入塾させたりする所があります。

実際、2020年に東京都が強引な勧誘をしていた就活塾に業務停止命令を出したケースもありました。

また、教材や勧誘方法に問題がなくても、必要以上に高額だったり、指導内容がパワハラ的だったりするようなケースもあります。

就活塾の実態は、実際に中に入らないとわからない部分も多くあります。

情報が少ない、小さな就活塾の場合、ある程度の疑念が残るのは仕方ありません。

一方、大手就活塾の中には、このような悪質な業者はほとんどいないでしょう。

そもそも、悪質な業者が「大手」と呼ばれるようになれるほど、就活は甘い世界ではありません。

長い運営期間や豊富な指導実績は、その就活塾が悪徳業者ではない証拠の一つになります。

悪徳業者にだまされることなく、安心して通えるのは大手就活塾のメリットと言えるでしょう。

大手の就活塾に通う3つのデメリット

大手の就活塾に通うデメリット 一方で、大手の就活塾に通うデメリットも存在します。
主なデメリットは、次の3つです。

  1. 個別サポートが薄い
  2. 柔軟な対応が難しい
  3. 自立心が弱まる

それぞれ、詳しく説明していきます。

1.個別サポートが薄い

大手就活塾のカリキュラムは、個別のサポートが薄い場合があります。

大手就活塾は、良くも悪くも通っている就活生の数が多いです。

このため、集団での講義が指導の軸になっている就活塾がほとんどでしょう。

もちろん、個別面談や面接練習がカリキュラムに組み込まれている大手就活塾もあります。

しかし、ほとんどの場合は予約制だったり、就活生側から講師に声を掛けたりする必要があります。

自分の状況を客観的に見られて、面談や練習の有無を判断できる就活生ならば、そのようなシステムでも大きな問題はありません。

しかし、全員が全員、自分の状況を客観的に判断できるわけではありません。

手厚い個別サポートが必要ならば、大手就活塾ではなく、個別サポートに特化した就活塾を選ぶようにしましょう。

2.柔軟な対応が難しい

集団講義が中心の大手就活塾では、学生の能力に応じた柔軟な対応が難しいというデメリットがあります。

講義や教材の難易度についていける学生ならば、集団講義型の指導でも問題なく学ぶことができるでしょう。

しかし、物事の理解に時間がかかったり、指導のスピードについていけなかったりする学生にとっては、集団講義型の就活塾で学びを得ることは難しいです。

集団講義の中ではなく、個別の面談やコーチングを通じて自分を見つめ直したり、スキルを磨いたりしたい人は、大手就活塾には向いていないかもしれません。

3.自立心が弱まる

大手就活塾に通うと、自立心が弱まりやすいことにも注意が必要です。

ここまででも説明してきた通り、大手就活塾は多くの指導経験と内定実績をもっています。

それだけに、通う側に「ここに通っていれば、自分も内定をもらえるだろう」という油断や、「就活塾の言う通りにしていればいいや」という他人任せな考えが生まれがちです。

就活塾に通うことは、志望する企業の内定への近道であることは間違いありません。

ただし、それは通う就活生が積極的に就活塾から学び、自分で自己分析をした上で、進路やキャリアプランについて考えた場合です。

就活で一番大事なことは、どこまでいっても就活生自身の意欲や能力です。

他人に内定をもらうわけではなく、自分から取りに行く必要があります。

大手就活塾に通うと、良くも悪くも安心感や甘えに似た感情が出てくるでしょう。

そこで、自分自身を磨く努力や、自分で就活について考えることをやめてしまえば、そこであなたの成長は止まってしまいます。

もし、「私もそうなりそう…」と少しでも思うなら、あなたは大手就活塾に向いていないかもしれません。

大手のブランドに頼らず、自身の力を磨いていける環境を探すようにしましょう。

オススメの大手就活塾5社

オススメの大手就活塾
「大手」と呼ばれる就活塾の中から、オススメできる5社を紹介します。

この記事で紹介するのは、次の5社です。

  1. Abuild就活
  2. ホワイトアカデミー
  3. 内定塾
  4. 将来塾
  5. 我究館

それぞれの就活塾について、概要をまとめた表もつけています。
ぜひ、参考にしてくださいね。

それでは、一つずつみていきましょう。

Abuild就活

就活塾名 Abuild就活
公式サイト https://abuild-c.com/
校舎の所在地 東京都新宿区西新宿3丁目9-7 BIZ SMART西新宿 3F
内定率 志望業界内定率100%
内定先の例 PwC、IBM、KPMG、デロイト、EY、伊藤忠商事、三菱商事、丸紅
住友商事、電通、アサツーディ・ケイ、日本銀行、サイバーエージェント
三井住友銀行、博報堂、みずほ銀行、りそな銀行、三菱UFJ信託銀行
三菱UFJフィナンシャル・グループ、大林組、三井不動産、住友不動産
コカ・コーラ、森永乳業、ロッテ、トヨタ、三菱自動車、サントリー、伊藤園
雪印メグミルク、伊藤ハム、旭化成、ブリヂストン、キヤノン、ソニー生命
明治安田生命、SMBC証券、オリックス生命、GMO、リクルート、野村證券
マイナビ、ベネッセ、楽天
主なコース
  • 外資系志望者向けコース
  • 日系企業志望者向けコース
  • 一般コース
内定保証 あり。詳細は入会時に案内。
オンライン対応 対応可
この就活塾の特徴
  • 学生に専属コーチがつく、充実したマンツーマン型指導
  • ES対策は無制限、面接練習も「100本ノック」
  • 専属コーチによるオーダーメイドプログラムで、就活後も見据えた教育を重視

Abuild就活は、徹底した個人指導に強みをもつ業界No.1の就活塾です。

学生一人に専属コーチがつき、完全オーダーメイドの就活対策プログラムを組んでくれます。

その成果として、「志望業界内定率100%」が掲げられています。

就活は、ある程度までのレベルならノウハウ本やネットの情報で対策できます。

しかし、一流企業を目指そうと思えば、個人に合わせた対策や分析が必要になってきます。

Abuild就活の強みは、まさにこの「一歩差をつける」部分の指導にあります。

大手企業や人気企業を受けようとしている人や、なんとしても第一志望の企業に入社したい人は、ぜひAbuild就活の利用を検討してみましょう。

 

ホワイトアカデミー

就活塾名 ホワイトアカデミー
公式サイト https://avalon-consulting.jp/
校舎の所在地 〒163-1030
東京都新宿区西新宿3丁目7-1
新宿パークタワーセンターN30
内定率 100%(2022卒実績)
内定先の例 アクセンチュア、PwC、博報堂、日本銀行、住友商事、サントリー、JXTGグループ、日産、NEC、東京海上日動、IBMなど
主なコース ホワイトコース(大手企業、優良企業を目指すコース)
特別選抜コース(大手人気企業や外資系投資銀行など難関企業を目指すコース)
無料相談会にて料金説明
内定保証 全額返金
オンライン対応 対応。授業ごとにオンラインか対面かを選択できる。
この就活塾の特徴
  • 「ホワイト企業」にフォーカスした内定実績あり
  • 1,2年生向けのコースあり
  • きめ細かいオンライン対応

比較的新しい就活塾のホワイトアカデミーです。

その名の通り、「ホワイト企業」にフォーカスしたコースを設けているのが特徴です。

授業各回ごとにオンラインで受けるか対面で受けるかを選択できるため、都合に合わせて柔軟に利用できるのもポイントでしょう。

また、1、2年生を対象にしたコースの用意もあり、早期から就活対策に取り組みたい学生にも対応しています。

ただ、利用料金は相談会に行かないと教えてもらえないため、事前に情報を得たい人には向いていないかもしれません。

 

内定塾

就活塾名 内定塾
公式サイト https://www.naitei-jyuku.jp/ 
校舎の所在地 ●東京校●

東京都中央区日本橋2-3-20栄松堂ビル3F

●大阪校●

大阪府大阪市北区堂島浜2丁目2−28 堂島アクシスビル 4階

●名古屋校●

愛知県名古屋市

中区栄3-18-1

ナディアパークビジネスセンタービル13F

●水戸校●

茨城県水戸市本町2丁目12‐25

●長野校●

長野県長野市鶴賀問御所町1241-1 長野銀座信越ビル702

●津田沼校●

千葉県船橋市

前原西2-13-12

テレック津田沼ビル5F

●出雲校●

島根県出雲市江田町290GS会館3F

●高松校●

香川県高松市桜町2-14-14

TEL:087-887-0109(キャリアライティング内)

●大分校●

大分県大分市金池町2-1-10 ウォーカービル 大分駅前 4F

●沖縄校●

沖縄県那覇市東町20-14メゾン岩立1-B

内定率 98%
内定先の例 21年卒の内定先

【外資】P&G、日本サムスン、ブルームバーグ、日本IBM、SAP

【商社】三菱商事、三井物産、住友商事、丸紅、双日、豊田通商

【金融】日本銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほFG、りそな銀行

【コンサル】日本総研、ベイカレントコンサルティング

など

内定保証 なし
オンライン対応 可能。個別面談、基本講義などがオンライン対応。
この就活塾の特徴
  • 東京をはじめ、全国各地に校舎をもつ
  • 利用者の累計10,000人超の実績がある
  • 幅広い業界への就活実績・ノウハウをもつ

内定塾最大の特徴は、全国各地に校舎をもっている点でしょう。

多くの企業の本社があるのは東京です。

このため、就活の選考が行われる会場は、どうしても東京が中心になりがちです。

地方の学生にとっては、なかなか情報も得にくく、就活の妨げになることもありました。

しかし、校舎が地方にあることで、地方の大学に通う就活生も、最新の就活情報に触れやすくなります。

この点は、内定塾最大の強みとも言えるでしょう。

近年選考活動もかなり多様化しており、地方での採用枠があったり、地方でも筆記試験や面接が行われたりします。

このような地方の就活情報を集めるのにも、全国各地に校舎があることは有効です。

地方からの就活や、地方での就活を考えている人は、内定塾を利用するのも良い選択肢かもしれません。

将来塾

就活塾名 将来塾
公式サイト https://shourai.jp/ 
校舎の所在地 神戸市中央区浜辺通4-1-23三宮ベンチャービル518(運営事務局)
内定率 99.5%(20年間のトータル内定率)
内定先の例 【マスコミ・メディア・広告・IT】

NHK(アナウンサー・記者) 静岡放送(アナウンサー) 電通 博報堂 大広 東急エージェンシー 関西テレビ 読売テレビ テレビ新広島 日本経済新聞社 毎日新聞社 読売新聞社 中日新聞社 中国新聞社

【人材・教育・コンサル】

リクルート リクルートエージェント ワークスアプリケーションズ リンクアンドモチベーション マイナビ パソナ パソナキャリア スタッフサービス ベネッセ 日本総合研究所 野村総合研究所 タナベ経営 みずほ総研 ボストンコンサルティング アクセンチュア

【メーカー・建設】

トヨタ マツダ スズキ パナソニック キヤノン ソニー 三菱電機 P&G ピジョン マイクロソフト NEC 日本IBM

など

内定保証 なし
オンライン対応 可能。オンライン授業専用のプログラムあり。
この就活塾の特徴
  • 20年超の運営実績がある
  • マスコミ・広告業界の内定実績多数
  • 安価な値段設定

将来塾の特徴は、安定した内定率とマスコミ・広告業界への内定実績の多さです。

将来塾は公式サイト上で、20年間の累計内定率を公表しています。

その数値は、驚きの99.5%。

過去20年間の塾生のほとんどが、何かしらの内定を得ている実績です。

また、内定先一覧を見ると、在京テレビ局、電通や博報堂、全国紙や有力ブロック紙など、マスコミ・広告業界の内定実績が目立ちます。

マスコミ・広告は過去に比べて人気がなくなっている業界の一つです。

しかし、高い給料や他業界で経験できない業務があることなどから、依然として多くの就活生からの人気を集めています。

そのような業界への内定実績の数は、将来塾の確かな指導力の証拠になると言えるでしょう。

我究館

就活塾名 我究館
公式サイト https://www.gakyukan.net/ 
校舎の所在地 ●紀尾井町キャンパス●

東京都千代田区平河町2丁目5-3

内定率 22年卒(第一志望内定率)

93.2%

内定先の例 三菱商事、三井物産、住友商事、伊藤忠商事、丸紅、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、日本政策投資銀行、日本銀行、東京海上日動、三井住友海上、経産省、外務省、財務省、総務省、

金融庁、環境省、JETRO、電通、博報堂、ADK、リクルートホールディングス、リクルートキャリア、

インテリジェンス、DeNA、サイバーエージェント、楽天、ソフトバンク、資生堂、コーセー、サントリー、キリン、味の素、トヨタ、日産、HONDA、東レ、日立製作所、三菱重工、日本郵船、NHK、フジテレビ、日本テレビ、松竹、KADOKAWA、カプコン、JAL、ANA、ゴールドマンサックス、モルガンスタンレー、

JPモルガン、メリルリンチ、GoogleJapan、ユニリーバ、オリエンタルランド、森ビル

など

オンライン対応 なし。授業は対面が基本。
この就活塾の特徴
  • 第一志望への内定率を公開
  • 就活本「絶対内定」シリーズを出版
  • 約30年間、9,800人指導の実績

我究館は、就活塾業界の中でも非常に長い歴史のある老舗就活塾です。

老舗だけあって、内定実績の安定感は抜群です。

就活塾としては珍しく、第一志望への内定率を公開。

その数字は、22年卒で93.2%と、10人に1人以上の学生が自分の志望通りの企業に行けています。

また、我究館は就活本の有名シリーズ「絶対内定」を出版している就活塾です。

就活塾は、なかなか外部から指導の中身が見えづらいという側面があります。

しかし、我究館の場合は、本を通して就活指導のノウハウや姿勢を知ることができるでしょう。

就活本としても非常に勉強になる内容なので、気になる方は読んでみてはいかがでしょうか。

大手以外の就活塾はダメ?

大手以外の就活塾はダメ?
ここまで、大手就活塾に通うメリットやデメリット、オススメの大手就活塾について紹介してきました。

では、大手以外の就活塾に通うことは、ダメなのでしょうか。

答えは、「NO」です。

むしろ、大手就活塾に行かず、小さな就活塾に行くべき学生もいます。

大手就活塾は大手ならではのメリットがある反面、個別のサポートが手薄だったり、指導の柔軟性がなかったりと、就活生によって向き不向きが出やすい運営をしている所が多々あります。

もしあなたが、繰り返し個別面談をしたり、ESの相談をしたりしたいのなら、大手就活塾はオススメできません。

また、外資やコンサルのような人気業界に行きたい人も、大手以外の選択肢を探すべきかもしれません。

特殊な業界や人気業界の内定を得るためには、生半可な努力では無理でしょう。

大手就活塾の講義なら、一定程度の実力は身につくかもしれません。

しかし、超がつくほどの人気企業や、採用人数が少ない企業を受ける場合は、さらに自分の実力を磨いておく必要があります。

そのためには、大手就活塾の決まったカリキュラムではどうしても難しい点が出てきます。

就活塾によっても、得意な業界や不得意な業界があるため、自分が行きたい業界に強みをもっている就活塾を選ぶのもオススメです。

このように、どんな就活塾が合うのかは、人によってさまざまです。

自分がどのような業界に行きたいのか、どれほど就活の準備を進められているのかなどを総合的に考えて、自分が行くべき就活塾を選ぶようにしましょう。

「大手の就活塾に行くメリット・デメリットは?オススメの大手就活塾も紹介!」まとめ

みんなが知っているような大手の就活塾でも、通うメリットとデメリットがあります。

もし、自分にとってメリットが魅力的ならば、大手就活塾に行けば良いでしょう。

反対に、デメリットがどうしても許せないものならば、大手就活塾は向いていないと言えます。

その場合、小さな就活塾や、業界に特化した就活塾を選ぶのも一つの選択肢です。

小さい就活塾の場合、大手と比べると内定実績に物足りなさを感じることがあるかもしれません。

ただし、その内定実績を一つひとつ見ていけば、就職が難しい人気企業ばかりに終了生を輩出していたり、特定の業界に強みをもっていたりすることがわかるはずです。

「大手じゃないから、実力がない」ということは決してありません。

大手が自分に合わないと感じたなら、その他の就活塾を選ぶのは立派な選択肢の一つです。

大手就活塾に行くメリットやデメリットを理解した上で、自分が行くべきなのは大手なのか、それ以外なのかを考えるようにしましょう。

トップ企業から内定をもらいたい君へ。

「自分が行きたい企業に本当に内定がもらえるか不安……」
「できればトップ企業からの内定が欲しい!」
「本当は商社に行きたいけど、どうしたらいけるかな?」

就活でよりハイクラス層の企業を志望するなら、どのように攻略するべきかをしっかり考える必要があります。

周りに就活で成功していて客観的なアドバイスをくれる人がいるなら、頼ってみてもいいかもしれません。

今の自分に合ったアドバイスが欲しい。就活を成功させる秘訣を知りたい、という人には、Abuild就活がおすすめです。

Abuild就活は、

【就活成功のフレームワーク】に基づいて、京大卒・外資系投資銀行出身のCEOが監修した独自カリキュラムです。

そんなAbuild就活だから、

  • 外資コンサル・5大商社・電博・メガバンクなどのトップ起業内定
  • 内定率98%
  • 通常の学歴では難しいとされる企業への逆転内定

を実現できてます。

今だけ、Abuild就活の全貌や就活成功のフレームワークを知っていただける「無料カウンセリング」を実施中です。

「無料カウンセリング」では、Abuild就活の説明はもちろんのこと、みなさんからの質問もお受けするので「本当に内定が取れるの?」みたいな際どい質問もどんどんしてください!!

「無料カウンセリング」は、数に限りがあります。

代表の新井が年収チャンネルに出演したこともあり、現在大変多くのお申し込みをいただいています。

そのため、少しでも「無料カウンセリング」にご興味のある方は、お早めのお申し込みをお待ちしております!

タイトルとURLをコピーしました