ホーム » 就活塾 » 就活塾のおすすめ10社をランキングで紹介!選ぶポイントは?
a

就活塾のおすすめ10社をランキングで紹介!選ぶポイントは?

就活塾

【今なら、公式LINEを友だち追加すると、就活力診断テストを無料で受けられます!】

  • 自分の就活力がどのくらいか知りたい
  • 就活していく上での自分の課題を知りたい
  • 就活において、いま何をやるべきか知りたい
という方はぜひ公式LINEを友だち追加して、診断を受けてみてください!

【完全無料】LINEを追加して、就活力診断テストを受ける



「就活の準備には就活塾が良いらしい」
「絶対に内定をもらうため、就活塾を利用したい」

就活塾を調べてみると、想像以上に多くの塾があることに気づくでしょう。

どの就活塾にどのような特徴があるのか、就活生からはなかなかわかりにくいものです。

そこでこの記事では、内定率や内定実績を元にオススメの就活塾をランク付けした上で、それぞれの特徴や強みを紹介していきます。

就活塾選びに悩んでいる学生は、ぜひ最後までお読みくださいね。

・オススメ就活塾ランキング1位は「Abuild就活」
・通う塾を選ぶ際には、5つのポイントをチェック
・3年生の1月頃までには通う就活塾を選ぼう

オススメの就活塾をランキングで紹介!ランキングの基準

ランキングの基準今回の記事では、就活生にオススメの就活塾をランキング形式で紹介します。

順位をつけるにあたっては、次の項目から総合的に判断しました。

  • 内定率
  • 内定実績
  • 公式サイトが充実しているかどうか
  • コスパ
  • 個別指導・オンライン対応などサービスが充実しているかどうか
  • 得意業界・企業の有無

どの項目も、実際に就活塾を選ぶときに重要視してほしい項目です。

具体的に、それぞれの項目をどのように分析しているのか、紹介していきます。

内定率

公開している内定率の種類や、高さに注目しています。

ほとんどの就活塾では内定率を公開しています。しかし、内定率という言葉の定義は曖昧なため、終活塾によって意味合いが異なります。

志望度の高低に関わらず、一つでも内定をとれればOKとする就活塾もあれば、第一志望の内定のみをカウントする就活塾もあります。

内定率については、より志望度の高い企業や業界について、高い内定率を誇る就活塾を選ぶのがオススメです。

 

内定実績

就活塾のOBOGが、どのような企業に内定を得たのかという実績も重視しましょう。

とくに、毎年のように同じ企業、同じ業界から内定を得ている場合、その企業や業界向けの対策やノウハウを就活塾内で蓄積できている可能性が高いです。

就活塾を選ぶ際は、自分が受けたい企業や業界の内定実績がどれくらいあるのかを事前にチェックしましょう。

 

公式サイトが充実しているかどうか

公式サイトに情報が充実しているかどうかも、重要な判断材料になります。

長く就活塾としての運営を続け、実績を重ねている就活塾ほど、公式サイトに情報が充実していきます。

内定率や内定実績はもちろん、現役生・OBOGのインタビューやブログなど、就活に関連した情報が充実していればいるほど、信頼できる就活塾だと考えていいでしょう。

また、公式サイトの情報は、悪質業者を見抜く手がかりにもなります。

信頼できる運営元の場合、運営者情報や企業情報が充実している傾向があります。一方で、運営者情報や企業情報が充実してなければ、怪しいと疑ってもいいでしょう。

運営元の信頼性を確かめる際は、運営者情報や企業情報をチェックするようにしましょう。

 

コスパ

受講料とサービス内容のコストパフォーマンスにも注目しましょう。

受講料が安い就活塾では、ES添削や面接練習の回数に制限がかかっていることがあります。

一方、受講料が高い就活塾では、この回数に制限がないことが多いです。

単純な金額だけを見ると受講料が安い就活塾を選びがちです。

しかし、実際に就活の対策を始めると、ES添削や面接練習は予想以上に回数を重ねる必要があるとわかるでしょう。

就活対策を完璧にするためには、とにかく添削や練習を繰り返すことが重要です。

添削や練習を多くすればするほど、結果として受講料の高い就活塾を利用した方がコスパが良くなる場合があることも留意しておきましょう。

個別指導・オンライン対応などサービスが充実しているかどうか

個別指導やオンライン対応のサービスの有無もチェックしましょう。

とくに、個別指導は重要です。

就活の対策の大部分は、就活本やネットの情報でカバーできます。

しかし、他の就活生と差をつけるためには、より個人にフォーカスした対策が必要になってきます。

集団講義がメインとなる就活塾では、個人にフォーカスした対策が不十分になりがちです。

人気企業や業界を受ける人は、周りと差をつけるためにも積極的に個別指導の就活塾を選ぶようにしましょう。

また、オンライン対応している就活塾なら、より時間と場所にとらわれずに就活塾を利用できるようになります。

絶対に必要なわけではありませんが、オンライン対応している就活塾の方がベターであると考えておきましょう。

 

得意業界・企業の有無

そこそこ明確に志望業界や志望企業を決められている人は、就活塾に得意業界や企業があるかも重視しましょう。

就活塾によっては、志望業界に応じたコースを設けています。

たとえば、Abuild就活の場合は、外資系を志望する学生に向けたコース、日系一流企業を目指すコース……など、就活生の希望に応じたコースが用意されています。

志望業界や企業に応じた就活塾、コース選びができれば、より内定に近づけるでしょう。

オススメの就活塾10社ランキング

オススメの就活塾ランキングそれでは、オススメの就活塾10社をランキング形式で紹介します。

それぞれの就活塾について、簡単な概要の一覧表と、詳しく特徴を紹介した文章もつけています。

1位Abuild就活

就活塾名 Abuild就活
公式サイト https://abuild-c.com/
校舎の所在地 東京都新宿区西新宿3丁目9-7 BIZ SMART西新宿 3F
内定率 志望業界内定率100%
内定先の例 PwC、IBM、KPMG、デロイト、EY、伊藤忠商事、三菱商事、丸紅
住友商事、電通、アサツーディ・ケイ、日本銀行、サイバーエージェント
三井住友銀行、博報堂、みずほ銀行、りそな銀行、三菱UFJ信託銀行
三菱UFJフィナンシャル・グループ、大林組、三井不動産、住友不動産
コカ・コーラ、森永乳業、ロッテ、トヨタ、三菱自動車、サントリー、伊藤園
雪印メグミルク、伊藤ハム、旭化成、ブリヂストン、キヤノン、ソニー生命
明治安田生命、SMBC証券、オリックス生命、GMO、リクルート、野村證券
マイナビ、ベネッセ、楽天
主なコース
  • 外資系志望者向けコース
  • 日系企業志望者向けコース
  • 一般コース
内定保証 あり。詳細は入会時に案内。
オンライン対応 対応可
この就活塾の特徴
  • 学生に専属コーチがつく、充実したマンツーマン型指導
  • ES対策は無制限、面接練習も「100本ノック」
  • 専属コーチによるオーダーメイドプログラムで、就活後も見据えた教育を重視

1位は、Abuild就活です。

Abuild就活は、徹底した個人指導に強みをもつ業界No.1の就活塾です。

学生一人に専属コーチがつき、完全オーダーメイドの就活対策プログラムを組んでくれます。

その成果として、「志望業界内定率100%」が掲げられています。

就活は、ある程度までのレベルならノウハウ本やネットの情報で対策できます。

しかし、一流企業を目指そうと思えば、個人に合わせた対策や分析が必要になってきます。

Abuild就活の強みは、まさにこの「一歩差をつける」部分の指導にあります。

大手企業や人気企業を受けようとしている人や、なんとしても第一志望の企業に入社したい人は、ぜひAbuild就活の利用を検討してみましょう。

 

2位我究館

就活塾名 我究館
公式サイト https://www.gakyukan.net/
校舎の所在地 ●紀尾井町キャンパス●
東京都千代田区平河町2丁目5-3
内定率 22年卒(第一志望内定率)
93.2%
内定先の例 三菱商事、三井物産、住友商事、伊藤忠商事、丸紅、三菱UFJ銀行
みずほ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、日本政策投資銀行、日本銀行
東京海上日動、三井住友海上、経産省、外務省、財務省、総務省、
金融庁、環境省、JETRO、電通、博報堂、ADK
リクルートホールディングスリクルートキャリア、
インテリジェンス、DeNA、サイバーエージェント、楽天、ソフトバンク
資生堂、コーセー、サントリー、キリン、味の素、トヨタ、日産、HONDA
東レ、日立製作所、三菱重工、日本郵船、NHK、フジテレビ、日本テレビ
松竹、KADOKAWA、カプコン、JAL、ANA、ゴールドマンサックス、モルガンスタンレー、
主なコース 大学3,4年/院生コース
内定保証 あり。受講料の半額を返金
オンライン対応 なし。授業は対面が基本。
この就活塾の特徴
  • 第一志望への内定率を公開
  • 就活本「絶対内定」シリーズを出版
  • 約30年間、9800人指導の実績

2位には、30年近く営業を続けてきた老舗の就活塾「我究館」がランクインしました。

就活塾としては珍しく、「第一志望への内定率」を公開しており、22年卒は93.2%とかなりの高水準です。

また、老舗だけあって、就活本の「絶対内定」シリーズを出版するなど、指導以外の分野にも進出しています。

就活塾を利用する前に、就活塾でどのようなことを学べるのかがわからず、不安に感じる就活生も多いでしょう。

しかし、我究館の場合は事前に本を読むことで、我究館がもっている哲学や指導方針がわかります。

就活塾に興味のある人は、一度「絶対内定シリーズ」を読んでみることをオススメします。

3位内定塾

就活塾名 内定塾
公式サイト https://www.naitei-jyuku.jp/
校舎の所在地 ●東京校●
東京都中央区日本橋2-3-20栄松堂ビル3F
●大阪校●
大阪府大阪市北区堂島浜2丁目2−28 堂島アクシスビル 4階
●名古屋校●
愛知県名古屋市
中区栄3-18-1
ナディアパークビジネスセンタービル13F
●水戸校●
茨城県水戸市本町2丁目12‐25
●長野校●
長野県長野市鶴賀問御所町1241-1 長野銀座信越ビル702
●津田沼校●
千葉県船橋市
前原西2-13-12
テレック津田沼ビル5F
●出雲校●
島根県出雲市江田町290GS会館3F
●高松校●
香川県高松市桜町2-14-14
TEL:087-887-0109(キャリアライティング内)
●大分校●
大分県大分市金池町2-1-10 ウォーカービル 大分駅前 4F
●沖縄校●
沖縄県那覇市東町20-14メゾン岩立1-B
内定率 98%
内定先の例 21年卒の内定先
【外資】P&G、日本サムスン、ブルームバーグ、日本IBM、SAP
【商社】三菱商事、三井物産、住友商事、丸紅、双日、豊田通商
【金融】日本銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほFG、りそな銀行
【コンサル】日本総研、ベイカレントコンサルティング
主なコース ●東京校の場合●
総合コース
総合オプションコース
フルサポートコース
学生応援コース
※コースによって、個別面談の制限回数やOBOGの紹介の有無などが異なる。
内定保証 なし
オンライン対応 可能。個別面談、基本講義などがオンライン対応
この就活塾の特徴
  • 東京をはじめ、全国各地に校舎をもつ
  • 利用者の累計10000人超の実績がある
  • 幅広い業界への就活実績・ノウハウをもつ

3位は、内定塾です。

内定塾は、全国各地に校舎をもつ珍しい就活塾です。
今ではオンラインで全国どこにいても就活塾を利用することができるようになりました。

しかし、それでも地方に拠点をもっていることは強みになります。
講師陣から直接指導を受けやすかったり、地方に拠点をもつ企業の情報が入ってきやすかったりするのは、地方に展開しているからこそのメリットです。

とくに地方大学に通っている就活生にオススメできる就活塾といえるでしょう。

4位キャリアアカデミー

就活塾名 キャリアアカデミー
公式サイト https://www.c-academy.co.jp/
校舎の所在地 〒171-0022
東京都豊島区南池袋3-13-5
KJ南池袋ビル5F
内定率 98%(2020年卒実績)
内定先の例 【金融・法人サービス】
日本銀行、三菱UFJ銀行、三菱UFJ信託銀行、三井住友信託銀行
みずほフィナンシャルグループ、りそな銀行、新生銀行、横浜銀行
信用保証協会、全国信用協同組合連合会、日本生命、住友生命
明治安田生命保険、プルデンシャル生命保険、朝日生命保険
ジブラルタ生命保険、アフラック、東京海上日動火災保険
損害保険ジャパン、JA共済、イーデザイン損害保険、オリックス
野村證券、SMBC日興証券、みずほ証券、みずほリース
三井住友ファイナンス&リース、三菱商事インシュアランス、他
【コンサルティング】
pwcコンサルティング、アクセンチュア、ベイカレント・コンサルティング
野村総合研究所、みずほ情報総研、他
【情報通信・印刷・インターネット】
KDDI、ソフトバンク、日本IBM、富士通、楽天、TIS、インテック
キヤノンITソリューションズ、日本タタコンサルタンシーサービシズ
JFEシステムズ、sompoシステムズ、日立ソリューションズ
さくら情報システム、明治安田システム・テクノロジー
NECソリューションイノベータ、兼松エレクトロニクス、日鉄ソリューションズ
NTTデータフロンティア、NTTコムエンジニアリング
NTTデータビジネスシステムズ、コムチュア、他
【流通・外食】
アマゾン、三菱マシナリ、興和、三菱食品、日通商事、ファミリーマート
ローソン、セブンイレブンジャパン、イオンリテール、ベルーナ、他
【生活・公共サービス】
総務省、東京国税局、日本郵便、独立行政法人国立印刷局、セコム、他
主なコース/料金 フルサポートコース
オンラインコース
内定保証 あり。詳細ページはこちら
オンライン対応 オンライン用コースあり
この就活塾の特徴
  • オンラインに特化したコースあり
  • 個別指導も対応
  • ES添削や面接練習を回数無制限で受けられる

4位は、キャリアアカデミーがランクインしました。

費用は約30万円と高額の部類に入る一方、無制限のES添削や面接練習に強みをもつ就活塾です。

オンラインでも受けられるコースを用意しているため、地方の大学に通う学生でも利用できるのもメリットです。

条件は限られるものの、中途での解約・返金、内定がとれなかった場合の保証もあるため、安心して利用できる就活塾の一つと言えるでしょう。

5位将来塾

就活塾名 将来塾
公式サイト https://shourai.jp/
校舎の所在地 神戸市中央区浜辺通4-1-23三宮ベンチャービル518(運営事務局)
内定率 99.5%(20年間のトータル内定率)
内定先の例 【マスコミ・メディア・広告・IT】
NHK(アナウンサー・記者) 静岡放送(アナウンサー) 電通
博報堂 大広 東急エージェンシー 関西テレビ 読売テレビ
テレビ新広島 日本経済新聞社 毎日新聞社 読売新聞社
中日新聞社 中国新聞社
【人材・教育・コンサル】
リクルート リクルートエージェント ワークスアプリケーションズ
リンクアンドモチベーション マイナビ パソナ パソナキャリア
スタッフサービス ベネッセ 日本総合研究所 野村総合研究所
タナベ経営 みずほ総研 ボストンコンサルティング アクセンチュア
【メーカー・建設】
トヨタ マツダ スズキ パナソニック キヤノン ソニー 三菱電機
P&G ピジョン マイクロソフト NEC 日本IBM
主なコース
  • 外資系志望者向けコース
  • 日系企業志望者向けコース
  • 一般コース
内定保証 あり。詳細は入会時に案内。
オンライン対応 対応可
この就活塾の特徴
  • 学生に専属コーチがつく、充実したマンツーマン型指導
  • ES対策は無制限、面接練習も「100本ノック」
  • 専属コーチによるオーダーメイドプログラムで、就活後も見据えた教育を重視

マスコミ、広告業界への内定実績の多さに特徴があるのが、将来塾です。

公式サイトに公開されている内定実績を見ると、電通や博報堂といった広告大手をはじめ、大手新聞社、有力ブロック紙、地方テレビ局の名前が上がっています。

一時期よりは人気が落ちているとはいえ、広告・マスコミ業界も人気業界の一つ。

これらの業界の志望度が高い人は、将来塾の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

6位就活.salon

就活塾名 就活.salon
公式サイト https://syukatsusalon.com
校舎の所在地 東京都中央区銀座6-13-16 銀座ウォールビル7F
内定率 非公開
内定先の例 JAL、ANA
日本郵便、日本郵船
NHK、ベネッセコーポレーション、講談社、文藝春秋、小学館
三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、 東京海上日動火災保険、第一生命保険
三菱商事、伊藤忠商事、 住友商事、 丸紅、 双日
主なコース
  • 2024年卒総合コース
    ベーシックコース
    フルサポートコース
    ※ベーシックコースは、利用できるサービスに制限
内定保証 なし
オンライン対応 可能。講義や個別対応でオンライン対応。地方や海外在住社に向けたフォーラムもあり。
この就活塾の特徴
  • 利用者数は累計9,000人超え
  • エアライン業界に強み
  • その他、広い業界に内定実績あり

就活.salonの特徴はなんといっても、エアライン業界を志望する人に向けたコースを設置している点です。

エアラインとは、JALやANAなどの航空関連企業のことです。

すでに就活の軸が定まり、エアライン業界を強く志望している人は、就活.salonを中心に就活塾を検討してみましょう。

7位大阪ワイズ就活塾

就活塾名 大阪ワイズ就活塾
公式サイト https://www.yzjobhunting.com/
校舎の所在地 ●大阪梅田教室●
大阪府大阪市北区芝田1丁目10−10
●大阪なんば教室●
大阪府大阪市浪速区元町2丁目8-4 難波レジデンスビル 403号室
内定率 100%
内定先の例 21年度の内定実績
トヨタ自動車 ユニクロ 伊藤ハム 日本ハム 新日本石油 毎日新聞
村田製作所 三菱電機 日本光電 サラヤ 木村石鹸 木村化工機
コイズミ照明 山善
三井住友信託銀行 神戸信用金庫 尼崎信用金庫 但馬銀行
京都北都信用金庫 北おおさか信用金庫
青森銀行 北日本銀行 近畿産業信用組合 兵庫信用金庫 第一生命
三井不動産リアルティ 日本マクドナルド 俄 TASAKI タマノイ酢
ザ・パック モリト ザ・パック(複数名)  SB C&S
イシダ DSP ACN デジタルプロセス 理工サービス アルペン
日本トーカンパッケージ
ミロク情報サービス 日立システムズエンジニアリングサービス
主なコース 内定あんしんコース
短期対策コース
公務員対策コース
内定保証 なし
オンライン対応 可能。オンラインで授業を受けられる
この就活塾の特徴
  • 大阪を拠点とした就活塾
  • 西日本を拠点とする企業に強み
  • 内定後1年間、LINEでのアフターフォローあり

大阪ワイズ就活塾は、その名の通り大阪に拠点を置く就活塾です。

このため、西日本に拠点がある企業に強みをもっています。
内定先を見ると、有名企業はもちろんのこと、地銀や信用金庫など、地域に密着した企業の名前も目立ちます。

近畿圏の大学に通い、そのまま近畿や西日本での就活を考えている学生は、大阪ワイズ就活塾の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

8位内定ラボ

就活塾名 内定ラボ
公式サイト https://naitei-lab.com/
校舎の所在地 【東京校】
東京都新宿区西新宿1-1-6 12 SHINJUKU 9F
【大阪校】
大阪府吹田市豊津町1‐18 エクラート江坂ビル 3F
内定率 情報なし
内定先の例 博報堂、PwC、NTT東日本、NTTデータ、住友化学、中外製薬、三菱UFJ銀行、東京海上日動など
主なコース 通学コース
通信コース
内定保証 全額保証あり。条件はこちら
オンライン対応 あり。通信コースも用意
この就活塾の特徴
  • 低価格ながらも、個別指導を実現
  • 毎年受講人数に制限をかけた少数精鋭
  • 講義の他、300ページ超の教材あり

8位には、低価格ながらも個別指導を実現している内定ラボがランクインしました。

20〜25万円が相場とされる就活塾市場で、約14万円と低価格帯でのサービス提供。
その上、個別指導や回数無制限の面接練習も実現しており、非常にコスパの良い就活塾の一つです。

ただし、例年受講人数に制限があるため、タイミングを逃してしまうと入塾できなくなるのが玉に瑕です。

9位ホワイトアカデミー

就活塾名 ホワイトアカデミー
公式サイト https://avalon-consulting.jp/
校舎の所在地 〒163-1030
東京都新宿区西新宿3丁目7-1
新宿パークタワーセンターN30
内定率 100%(2022卒実績)
内定先の例 アクセンチュア、PwC、博報堂、日本銀行、住友商事、サントリー、JXTGグループ、日産、NEC、東京海上日動、IBMなど
主なコース ホワイトコース(大手企業、優良企業を目指すコース)
特別選抜コース(大手人気企業や外資系投資銀行など難関企業を目指すコース)
無料相談会にて料金説明
内定保証 全額返金
オンライン対応 対応。授業ごとにオンラインか対面かを選択できる。
この就活塾の特徴
  • 「ホワイト企業」にフォーカスした内定実績あり
  • 1,2年生向けのコースあり
  • きめ細かいオンライン対応

9位は、比較的新しい就活塾のホワイトアカデミーです。

その名の通り、「ホワイト企業」にフォーカスしたコースを設けているのが特徴です。

授業各回ごとにオンラインで受けるか対面で受けるかを選択できるため、都合に合わせて柔軟に利用できるのもポイントでしょう。
また、1、2年生を対象にしたコースの用意もあり、早期から就活対策に取り組みたい学生にも対応しています。

ただ、利用料金は相談会に行かないと教えてもらえないため、事前に情報を得たい人には向いていないかもしれません。

10位ネット就活塾

就活塾名 ネット就活塾
公式サイト https://net-shukatsu.info/
校舎の所在地 原則オンライン
内定率 情報なし
内定先の例 非公開
主なコース/料金 【エントリーシート添削一般企業コース】
2,750〜19,800円
【個別面接練習】
4,290〜19,800円
内定保証 なし
オンライン対応 原則オンライン
この就活塾の特徴 ES添削や面接練習を1回ごとに購入できるシステム
原則オンラインで、気軽に利用可能
わかりやすい料金体系

10位には、ES添削や面接練習を1回ごとに利用できるネット就活を選びました。

長期間にわたる講義や個別指導のシステムが導入されている就活塾が多い中で、ネット就活は「少しだけ誰かに添削してほしい!」というニーズに応えるサービスを提供しています。

回数買い切りのわかりやすい料金体系で、オンラインでの利用も可能なため、気軽に利用できるのは大きなメリットでしょう。

一方、体系だったノウハウを学べるわけではないため、就活の基本を一から学びたかったり、時間をかけてノウハウを身につけたかったりする人には向いていないでしょう。

オススメ就活塾ランキングから通う塾を選ぶ5つのポイント

就活塾選びのポイントここまで、オススメ就活塾ランキングを紹介してきました。

順位はつけたものの、実際に就活塾を選ぶ際には、ここで紹介した順位も参考にしつつ、自分に合った就活塾を見つけることが重要です。

そこでここからは、ランキングの中から自分に合った就活塾を選ぶポイントを5つ紹介します。

1.志望業界とのマッチング

自分が志望している業界や企業と、就活塾の得意とする業界や企業がマッチしているかどうかを見てみましょう。

たとえば、外資系企業を目指すならAbuild就活、エアライン業界を目指すなら就活.salonといったような形です。

すでに明確に志望が固まっている学生は、それにマッチした就活塾を選ぶことで内定へのスピードを一層加速することができるでしょう。

反対に、まだ志望業界が定まっていない学生は、広い分野での実績がある就活塾を選ぶようにしましょう。

2.利用料金・内定保証利用料金や内定保証の有無にも注目しましょう。

利用料金や内定保証の有無にも注目しましょう。
就活塾の料金相場は、20〜25万円程度とされています。

これよりも高いか安いかを見ることで、就活塾のおおよそのコスパを図ることができます。
注意したいのは、「相場より高い就活塾は良くない」と思い込まないことです。

相場よりも高い料金でサービスを提供している就活塾は、平均的な就活塾よりも優れたサービスを提供しています。

一例は、徹底した個別指導だったり、回数無制限のES添削や面接練習だったりを実施している就活塾です。

しっかりと就活塾を活用できるならば、お金をかけた方がより効率的に、効果的な指導を受けられるのも事実です。

自分がどれほどの利用料金を許容できるかを考えた上で、就活塾を選んでみましょう。
なお、内定保証もついていればいうことありません。

3.個別指導の有無

とくに人気企業を受ける学生は、個別指導の有無を重視しましょう。

就活の対策は、ノウハウ本やネットの情報でカバーできる部分もある一方で、個人に合わせた対策が求められる部分もあります。

学生一人ひとり、経験したことやスキルに差があるためです。

こういった個人差のある部分をいかに分析し、深堀りできるかが人気企業の内定を獲得するための分かれ道といえるでしょう。

人気企業を受ける予定の人は、個別指導のある就活塾を選ぶようにしましょう。

 

4.講師の経歴

就活塾の添削や面接練習を担当する講師の経歴にも注目してみましょう。

自分が志望している企業や業界のOBOGがいるのがベターな選択肢です。

業界・企業のOBOGなら、実際の採用面接の雰囲気や業界の知識をもっているためです。

特定の業界に特化したコースを設けている就活塾は、その業界のOBOGを講師としている傾向にあります。

反対に、講師の経歴を公開していない就活塾には注意しましょう。

悪質な就活塾では、就活についての知識のない人が講師を務めていることもあります。

 

5.エントリーシート添削や面接練習の回数制限

徹底的なサポートを求める場合は、エントリーシートの添削や面接練習の回数制限がない就活塾を選びましょう。

ES添削や面接練習は、1回やって終わりではありません。

一度誰かに見てもらい、フィードバックをもらう。そのフィードバックをもとにESや面接の応対内容を考え、実行する。

この過程を繰り返すことで、ESや面接の内容が洗練されていきます。

優秀な人ならば、複数回のフィードバックで内定レベルの対策ができるでしょう。

しかし、多くの学生は何十回もこのやりとりを繰り返さなければ、内定レベルに到達しません。

回数制限が設けられている就活塾では、内定を得るレベルに到達できない可能性があるのです。

このため、とくに人気企業や内定の難易度が高いとされる企業を受ける人は、ES添削や面接練習の回数制限がない就活塾を選ぶのがベターです。

就活塾を利用するメリット

就活塾を利用するメリット就活塾を利用しようと決めても、その料金の高さや数の多さに「本当に利用すべきなのか」と考えてしまうこともあるでしょう。

そこで、就活塾を利用するメリットとデメリットを改めて説明します。
まずは、メリットです。おもなメリットは次の3点です。

  • 正確な情報が手に入る
  • 自己分析や業界研究がスムーズにできる
  • ESや面接の対策ができる

詳しく見ていきましょう。

 

正確な情報が手に入る

就活に関する正確な情報を手に入れられるのは、就活塾を利用する大きなメリットです。

就活をめぐる情報は、正しいものも不確かなものもごちゃまぜになって就活生の間を駆け巡ります。

自分で正しい情報を取捨選択し、選考に向けた準備を進められなければ、内定は遠ざかってしまうでしょう。

就活塾は、これまでの積み重ねの中で何が正しく、間違っているのかの選定ができています。

余計な情報に惑わされず、選考への準備に専念できるのは就活塾のメリットといえるでしょう。

 

自己分析や業界研究がスムーズにできる

就活の対策で最も重要である自己分析や業界研究を、専門の知識がある講師の指導のもとでスムーズに進められるのも就活塾ならではです。

就活では、ESや面接の対策が重視されがちです。

しかし、いくらESや面接の対策をしようとしても、元になる自己分析や業界研究ができていないと、ESや面接の中身が薄っぺらいものになってしまいます。

内定への鍵は、自己分析や業界研究をいかに深められるかにかかっていると言っても過言ではありません。

自分で自己分析や業界研究を進める自信がない人は、積極的に就活塾の利用を考えてみましょう。

 

ESや面接の対策ができる

就活塾では、より実戦に近い形でESや面接の対策ができます。

大学の就活支援センターや人事企業のメンターにも、ESや面接の対策をサポートしてもらうことは可能です。

ただ、サポートをしてくれるのは、業界での経験がない人がほとんどです。

就活塾では、さまざまな経歴をもつ講師を多数集めています。

このため、より業界や企業に合わせた形での対策ができるようになっています。

就活塾を利用するデメリット

就活塾を利用するデメリット続いて、就活塾を利用するデメリットをみていきましょう。
おもなデメリットは、次の3点です。

  • 費用がかかる
  • 講師の当たり外れがある
  • 就活塾に頼りがちになる

それぞれ、見ていきましょう。

 

費用がかかる

就活塾を利用すると、当然ながら費用がかかってしまいます。

相場は20〜25万円と、学生からすると決して安い金額ではありません。

就活塾を利用しなければ、本来はかからない金額であるため、一層割高に感じるでしょう。

しかし、新卒という強力な切り札をもった状態で就活ができるのは、人生で一度きりです。

そのタイミングで、自分の志望通りの結果を出すための自己投資と思えば、決して高い金額ではないでしょう。

 

講師の当たり外れがある

講師の熱量や力量が人によって異なるため、講師の当たり外れがある可能性があります。

とくに個人指導の場合、外れの講師にあたってしまうとせっかくの指導が無駄になりかねません。

このような状況を避けるために、就活塾の修了生からのレビューや評判、口コミをしっかりと確認し、講師の質の高さを確かめるようにしましょう。

 

就活塾に頼りがちになる

就活塾で得られる学びが深いため、自分で考えることをせず、就活塾に頼り切った就活をしてしまう学生もいます。

本来、就活は人生の一つの通過点です。

就活の先を見据えて、自分の考え方やスキルを磨いていくのが本来の就活のあるべき姿です。

就活塾に頼りきりになってしまうと、自律心や自分で考える力が身につかなくなってしまいます。

コーチングや学生の力を伸ばす方針の就活塾を選べば、このような事態は回避できます。

最終的に就活塾を決める前に、改めて自分の意思と、就活塾の指導方針を確認するようにしましょう。

就活塾に通うべきタイミング

就活塾に通うべきタイミング就活塾に通うべきタイミングは、3年生の1月ごろがオススメです。

このタイミングなら、就活が本格化する前に準備を整えられます。

外資や人気企業を受ける場合は、さらに早い段階で利用を考えても良いでしょう。

とくに外資の場合、日系企業よりも早めの選考スケジュールを組んでいる企業が多いです。

就活の波に乗り遅れないためにも、早めに就活塾の利用を検討しましょう。

就活塾に通うべきタイミングについてより詳しく知りたい人は、こちらの記事も読んでみてください。

関連記事:https://abuild-c.com/blog/shukatsujuku-when/

就活塾に行くべき学生の特徴

就活塾に通うべき学生の特徴就活塾に行くべき学生の特徴があります。

それは、次の6つです。

  1. 全く就活の知識がない人
  2. 大手企業に行きたい人
  3. 面接に自信がない人
  4. 専門的な職種を志望している人
  5. 友人が少ない人
  6. 就職後のキャリアを積み上げたい人

あなたがこの特徴の中のどれか一つにでも当てはまるなら、就活塾の利用を考えてみましょう。

いずれの悩みや希望も、就活塾ならばクリアできる可能性があります。

本当に自分が就活塾に行くべきかどうか悩んでいる人は、就活塾に行くべき学生についてより詳しく解説したこちらの記事を読んでみてください。

関連記事:https://abuild-c.com/blog/shukatsujuku-must/

「就活塾のオススメ10社ランキング」まとめ

就活塾のオススメ10社のランキングや、就活塾の選び方について紹介してきました。

就活という人生の一つの節目。

節目だからこそ、満足のいく結果で終わらせたいものですよね。

しかし、多くの学生は100%自分の希望を叶えられずに社会人になっていきます。

それは本人の能力不足でもなんでもなく、ただ就活の準備が不足していたからです。

就活塾を利用すれば、間違いなく就活の準備の不安は解消されます。

自分の就活やその後の社会人生活に満足感を得たいなら、ぜひ就活塾の利用を検討してみましょう。

トップ企業から内定をもらいたい君へ。

「自分が行きたい企業に本当に内定がもらえるか不安……」
「できればトップ企業からの内定が欲しい!」
「本当は商社に行きたいけど、どうしたらいけるかな?」

就活でよりハイクラス層の企業を志望するなら、どのように攻略するべきかをしっかり考える必要があります。

周りに就活で成功していて客観的なアドバイスをくれる人がいるなら、頼ってみてもいいかもしれません。

今の自分に合ったアドバイスが欲しい。就活を成功させる秘訣を知りたい、という人には、Abuild就活がおすすめです。

Abuild就活は、

【就活成功のフレームワーク】に基づいて、京大卒・外資系投資銀行出身のCEOが監修した独自カリキュラムです。

そんなAbuild就活だから、

  • 外資コンサル・5大商社・電博・メガバンクなどのトップ起業内定
  • 内定率98%
  • 通常の学歴では難しいとされる企業への逆転内定

を実現できてます。

今だけ、Abuild就活の全貌や就活成功のフレームワークを知っていただける「無料カウンセリング」を実施中です。

「無料カウンセリング」では、Abuild就活の説明はもちろんのこと、みなさんからの質問もお受けするので「本当に内定が取れるの?」みたいな際どい質問もどんどんしてください!!

「無料カウンセリング」は、数に限りがあります。

代表の新井が年収チャンネルに出演したこともあり、現在大変多くのお申し込みをいただいています。

そのため、少しでも「無料カウンセリング」にご興味のある方は、お早めのお申し込みをお待ちしております!

タイトルとURLをコピーしました