ホーム » 就活ノウハウ » Webテストは調べながら受けられる?注意点やリスクを解説!
a

Webテストは調べながら受けられる?注意点やリスクを解説!

就活ノウハウ

【7日で就活対策完成!就活スタートセット無料配布中!】

  • 就活を始めたいけど、どうしたらいいかわからない
  • 就活取り組んでいるけど、つまづいている
  • 就活をするにあたり、ヒントが欲しい
という方はぜひ公式LINEを友だち追加して、就活スタートサポートセットを受け取ってください!

【完全無料】LINEを追加して、就活対策を始める



就活スタートセット

就活生の基礎学力を測るため、多くの企業が選考にWebテストを導入するようになりました。

多くの場合は自宅でも受検ができるため、一度はこのように考えたことがあるかもしれません。

もしかして、Webテストって調べながら受検できる・・・?

この記事では、Webテストを調べながら回答できるのかどうかについて、詳しく解説していきます。

ぜひ、最後までお読みください。

・Webテストを調べながら回答すると、不正がバレる可能性がある
・不正がバレた場合、内定取り消しなどの処分を受ける可能性も
・不正行為をするくらいなら、真面目に対策に取り組むべき

【結論】Webテストは調べながら受けるとバレます

はじめに、結論からお伝えします。

Webテストを調べながら受検すると、かなりの高確率でバレます。

インターネットやSNSで調べてみると、Webテストの設問と回答がセットになった「回答集」なるものが出回っているのを見かけることがあるでしょう。

また、Webテストを受けながら別のブラウザやタブを使うことで、設問に対する回答を検索しながらテストを進めることも可能です。

どちらも、そう簡単にWebテストの実施者に不正がバレるとは思えません。

実際にWebテストを受けたことのある人からすれば、いっそう「え?なんでバレるの?」と疑問を強く感じることでしょう。

そこで、Webテストの回答を調べながら受けるとなぜバレるのか、理由をご紹介します。

 

Abuild就活 本紹介

Webテストを調べながら回答しているとバレる3つの理由

Webテストを調べながら回答していると、バレるには主に3つの理由があります。

  1. 回答速度が早すぎる
  2. 正答率が高すぎる
  3. データに不自然なバラつきがでる

一つずつ、詳しく説明していきます。

回答速度が早すぎる

Webテストを調べながら回答した場合、回答速度が早すぎることで不正がバレる可能性があります。

Webテストでは、受検者たちの平均回答時間や平均正答率など、さまざまなデータを収集しているためです。

もし、Webテストを調べながら回答を進めた場合、本来は回答を考えるのに時間がかかる問題も数秒で回答してしまう可能性があります。

回答速度が速すぎた設問が数問程度なら問題はないかもしれませんが、ほとんどの設問で回答時間が速すぎた場合は不正を疑われてしまうでしょう。

正答率が高すぎる

正答率が高くなりすぎることも、不正がバレる理由の一つです。

どれだけ優秀な就活生でも、分野によって得意・不得意があり、すべての分野で高い正答率を出してしまうのは不自然と捉えられるためです。

回答時間と同じく、Webテストでは受検者の正答率の平均などのデータも収集しています。

他の受検者がほとんど正解できていない難問にいくつも正解していたら、それだけでも怪しまれる可能性があるでしょう。

調べながら回答すると、どうしても実力以上に正答率を高くしてしまいがちになるため、注意しなければいけません。

データに不自然なバラつきがでる

仮に回答速度や正答率を調整しながら受検したとしても、Webテストで収集しているデータに不自然なバラつきが出るため、不正がバレる可能性が高いといえるでしょう。

Webテストでは、受検者の設問ごとの回答時間や正答率など、さまざまな角度からデータを収集しているためです。

他の受検者が正確で速く回答している設問について、あなたが遅く、不正解の回答をしていたら採点者側はどう感じるでしょうか。

反対の場合も同様です。

周りの受検者の傾向や平均からあまりにも離れた回答を繰り返すと、出題者から「この受検者はカンニングをしているのではないか」と疑われてしまいます。

回答速度や正答率をバラつかせようと意図的に調整をしても、他の受検者のデータと整合性がとれないため、あまり意味はないでしょう。

Webテストを調べながら回答することは、Webテストの性質上不正が見抜かれやすくなっているといえます。

Webテストを調べながら回答する4つのリスク

「それでもWebテストを調べながら回答したい!」という人は、以下の4つのリスクがあることを理解しましょう。

  1. 不合格になる可能性がある
  2. 内定取り消しになる可能性がある
  3. 同じWebテストを利用している会社の選考に参加できなくなる可能性がある
  4. 入社後ミスマッチに悩まされる可能性がある

一つずつ、解説していきます。

不合格になる可能性がある

一度Webテストを受検し、企業から合格をもらっていても、不正がバレた場合不合格とされるリスクがあります。

企業からすれば、Webテストで不正行為をするような就活生に内定を出すメリットがないためです。

仮に不正行為をして高い回答率を出せても、それは受検者本人の実力ではありません。

むしろ、就活のような重要な局面で自分の実力ではなく、不正行為に頼るような人間性だと捉えられてしまいます。

あなたが企業の採用担当者なら、そのような就活生に内定を出したいと思うでしょうか。

不正行為がバレた場合、Webテストの合格が覆される可能性があることを理解しておきましょう。

内定取り消しになる可能性がある

すでに内定が出た後に不正がバレた場合、内定自体が取り消しになる可能性もあります。

Webテストで不正行為をするような就活生を雇うのは、企業としてもリスクが高いためです。

内定の取り消しは、就活生にとって非常にダメージの大きい処罰です。

場合によっては他の企業の選考も終わっているため、その後の就活でも挽回できない可能性があります。

Webテストの不正行為で就活にかけた時間を丸々むだにしてしまう可能性があるため、Webテストは正攻法で受けるようにしましょう。

同じWebテストを利用している企業の選考に参加できなくなる可能性がある

同じWebテストを利用している企業間で不正した情報が共有され、選考に参加できなくなるリスクがあります。

SPIなどの有名なWebテストほど、多くの企業が選考で活用しています。

そのようなWebテストで不正行為をしてしまうと、不正の情報が同じWebテストを利用している企業間で共有される可能性があるでしょう。

企業側からすれば、わざわざWebテストで不正をするような就活生を選考に参加させるメリットはありません。

事前に他社で不正行為が見抜かれていた場合、選考に参加させないという選択をすることも十分にありえます。

Webテストの不正は1社だけではなく、ほかの企業の選考にも影響してしまう可能性があることに注意しておきましょう。

入社後ミスマッチに悩まされる可能性がある

仮に不正行為がバレずに入社できたとしても、入社後にミスマッチに悩むことになる可能性も高いでしょう。

周りの新入社員はWebテストを実力で突破してきた人ばかりで、自分の能力の低さを痛感することになるためです。

Webテストはそもそも、一定以上の学力をもった就活生を望む企業が選考に導入するものです。

正攻法で突破した就活生は、企業が定める基準を超える学力をもっていることになります。

本来はWebテストを突破できるほどの学力がないにもかかわらず、不正を使って入社した場合、周りとの実力差がある状態で社会人生活をスタートしなければいけません。

企業側もある程度の能力があると考えてあなたに接してくるため、日が経つにつれてプレッシャーが強くなっていきます。

不正行為で自分を良く見せて入社しても、結局あなたのためになりません。

自分の実力でWebテストを突破できるよう努力しましょう。

【警告】トップ企業を目指すなら、Webテストを調べながら回答するのは論外

もしあなたが本気でトップ企業を目指しているなら、Webテストを調べながら回答しようとするのは論外です。

トップ企業の選考には、多くの就活生が参加します。

そのため、Webテストや面接を突破するためのハードルはきわめて高くなります。

少しでも内定に近づくために、Webテストの点数をかさ上げしたい気持ちはわからなくもありません。

しかし、Webテストさえ実力で突破できないようなら、そもそもトップ企業の内定を得るために必要な努力ができていません。

トップ企業からの内定を得るには、自分の実力をごまかすのではなく、自分の力を着実に磨いていくのがもっとも近道です。

第一志望の内定を勝ち取るための努力を積み重ねていくようにしましょう。

本気でトップ企業から内定をもらうためにオススメな行動

本気でトップ企業の内定を目指している人にオススメの行動があります。

それは、就活塾に通うことです。

就活市場における就活生同士の競争は年々厳しくなっています。

競争を勝ち抜くためには、他の就活生と差をつけられる対策をとることが求められるようになりました。

その対策のなかでも、いまもっともアツいのが就活塾です。

ここからは、就活塾の基礎知識や選び方について解説していきます。

就活塾とは

就活塾とは、就活に関するノウハウを就活生に向けて指導し、内定までの対策をサポートするサービスです。

就活生同士の競争が厳しくなるなかで、自己分析や業界研究、面接練習などを効率的に行いたい就活生を中心に人気が高まってきました。

料金の相場は20万〜100万円とされていますが、大人数が一度に講義を受ける集団型、マンツーマンで指導を受ける個別指導型など、就活塾の形態によって料金は大きく異なります。

サポートが手厚い就活塾ほど、料金が高くなる傾向があります。

今、自分がどれほど就活準備を進められているのか、どの程度のレベルの企業を志望しているのかなどを総合的に考え、就活塾を選びましょう。

就活塾の選び方

就活塾を選ぶときのポイントは、指導形態です。

トップ企業や有名企業を第一志望に就活をしている場合は、より手厚いサポートを受けられる個別指導型の就活塾を選ぶようにしましょう。

個別指導型の場合、就活生一人ひとりの個性や特徴、スキルに応じてより細かくESや面接の対策を練られます。

志望業界や志望企業に自信がもてないときも、専任の講師に相談することで自信を深めたり、新たな業界に興味をもったりすることもあるでしょう。

集団講義型と比べるとやや利用料が高くなる傾向がありますが、それだけの価値があるサービスです。

オススメの就活塾

個別指導型のなかでもとくにオススメの就活塾が、Abuild就活です。

Abuild就活では、各業界で活躍した経験のある講師が就活生のコーチとなり、内定に向けた指導を行っています。

外資系などのトップ企業のほか、日系大手企業への内定実績も数多く、非常に信頼度の高い就活塾です。

公式サイトには、実際にAbuild就活を利用したOB・OGへのインタビュー動画や、代表が出版している本なども掲載されており、Abuild就活で学べることやその理念を見られます。

新しいサービスに挑戦するときは、誰しも不安を感じるものです。

しかし、Abuild就活は積極的に情報を公開しているため、納得がいくまで調べることができるでしょう。

もし、どの就活塾を選ぶべきかわからない人は、まずAbuild就活を候補に入れましょう。

【まとめ】Webテストを調べながら回答するくらいなら、就活対策を真面目にやろう

Webテストを調べながら回答することについて解説してきました。

Webテストでは、設問の正誤以外に回答時間や全体の正答率、受検者の平均などさまざまなデータを収集しているため、不正行為は非常にバレやすいといえます。

バレた場合のリスクも高く、内定取り消しはもちろんのこと、同じWebテストを利用している他の企業の選考へも参加ができなくなる可能性もあります。

Webテストを調べながら回答するリスクを考えると、真面目に就活対策に取り組むべきです。

就活対策に取り組むなかで自分の実力を磨き、第一志望の内定を勝ち取りましょう!

お気軽にお問い合わせください!
Abuild就活の詳細を見る

トップ企業から内定をもらいたい君へ。

「自分が行きたい企業に本当に内定がもらえるか不安……」
「できればトップ企業からの内定が欲しい!」
「本当は商社に行きたいけど、どうしたらいけるかな?」

就活でよりハイクラス層の企業を志望するなら、どのように攻略するべきかをしっかり考える必要があります。

周りに就活で成功していて客観的なアドバイスをくれる人がいるなら、頼ってみてもいいかもしれません。

今の自分に合ったアドバイスが欲しい。就活を成功させる秘訣を知りたい、という人には、Abuild就活がおすすめです。

Abuild就活は、

【就活成功のフレームワーク】に基づいて、京大卒・外資系投資銀行出身のCEOが監修した独自カリキュラムです。

そんなAbuild就活だから、

  • 外資コンサル・5大商社・電博・メガバンクなどのトップ起業内定
  • 内定率98%
  • 通常の学歴では難しいとされる企業への逆転内定

を実現できてます。

今だけ、Abuild就活の全貌や就活成功のフレームワークを知っていただける「無料カウンセリング」を実施中です。

「無料カウンセリング」では、Abuild就活の説明はもちろんのこと、みなさんからの質問もお受けするので「本当に内定が取れるの?」みたいな際どい質問もどんどんしてください!!

「無料カウンセリング」は、数に限りがあります。

代表の新井が年収チャンネルに出演したこともあり、現在大変多くのお申し込みをいただいています。

そのため、少しでも「無料カウンセリング」にご興味のある方は、お早めのお申し込みをお待ちしております!

タイトルとURLをコピーしました